1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

【社員インタビュー】多くの社員に支えられた!成功体験から自信を得て、挑戦に繋げるまで

インターリンクのビジョンは「One Step Ahead(一歩先を行く)」です。
様々な意味が込められていますが、社員のみなさんに会社と共に成長を目指してほしいという想いも含まれています。
今回はインターリンクで成長を続け、One Step Aheadを実現する社員にインタビューを行いました。

ー profileー
名前     :T・K
性格     :のんびり
出身地    :山形県
趣味     :料理
所属年数   :2年4ヶ月
職種     :フロントエンドエンジニア
得意な言語  :Vue.js
興味があること:AWS、Firebase
休日の過ごし方:料理、読書

フロントエンドエンジニアを目指したのはインターリンクの先輩社員に憧れたから!

インターリンクに入社するまでのKさんを教えてください!

実は美大に通っていたのですが卒業後は絵の道には進まず、Webでのモノづくりに興味を持っていたので、新卒で入った会社では広いレイヤーで学ぶことができるWebディレクターとしてスタートしました。
ポータルサイトやポイント交換サイトのディレクションを経験しながらもコーディングにも携わることになりました。そこでコーディングの楽しさを知ることに。
もっと0から1を作る経験をしたい!そう思って最初の転職をしました。
2社目は制作会社でサイトのディレクションとコーディング、3社目でモバイルアプリの品質管理を行い、最後にインターリンクにたどり着きました。

インターリンクでは初めてフロントエンドエンジニアとして挑戦されているということでしたが、目指したきっかけはありますか?

結論から言うとインターリンクの最終面接で話した社員さんに憧れたことがきっかけです。
話しやすい人柄と、会話からあふれ出る師匠感というか(笑)技術力の高さを感じました。「この人と働いてみたい!」って思わされるような方で、その方の職種がフロントエンドエンジニアだったんです。
実際に入社してから業務だけではなく飲み会などでお話しする機会があって、いろいろ悩んだときに助言してくれたり、自分のやりたいことを実現するための明確な目標を語る姿がカッコよくて…。憧れの人がやっていることって気になるじゃないですか(笑)それで気づいたらフロントエンドエンジニアを目指していました。

成功体験を積み重ねることで自信に繋がった!

インターリンクに入社してからは実際にどのような業務を担当しましたか?

まずはインターリンクに慣れるということで、最初のプロジェクトでは先輩社員がいるチームで経験が生かせるWebディレクションから携わりました。
既存のWebサイトの運用周りをメインに担当し、クライアントのこういう風にしたいという要望に対して、自分たちのチームでどう対応するか、コンテンツをどう公開していこうか、タスクの管理など現場を回すことが多かったです。コーディングやフロント周りにも徐々に携わるようになっていきました。

先輩社員と一緒だったということですが、そこから得た学びなどがあったそうですね。

そばでお仕事させてもらって感じたのは見る視点が広いということです。現場を回すうえで今やっていることは小さい事じゃなくて広いことに向かっているんだよっていう意識づけが自分の中でされました。
あと正直、本音を言うと私は人と話すのはそんなに得意じゃなかったんです(笑)
ですが、一緒にお仕事をした先輩社員は誰に対しても臆せず話すような感じで、コミュニケーションの取り方が上手い人が多い会社だと思いました。そういった人に囲まれたおかげで入社してから半年くらいで自分のヒューマンスキルも変わったと感じています。

いつも明るく話してくれるので意外です!ヒューマンスキルが変わったということですが最も成長したと感じるのはどんなところですか?

ポジティブに考える力はかなり成長しました!もともとネガティブで、失敗を忘れられなかったり、自分がとった行動に自信がなくて勝手に反省することも多くて…。
そんな自分を変えてくれたのがインターリンクの先輩社員や上司の方です。自分にとっては些細なことをすごく褒めてもらえたり、私の自信に繋がるように成功体験できる機会をたくさん貰って、それを認めてもらえることが着実に自信へと繋がりました。自信がつくことで自分の考え方や行動も変わっていきました。

社員総会では表彰もされていましたね!

自信がついたことで色んな事に挑戦できるようになりました。
できなかったことが少しずつできるようになったことを自分で認められるようになったのも大きいです。
次々挑戦の機会をもらう中で、最初はできなくても後からできるようになればOKだし、その結果失敗しても次また挑戦できる!と思えました。
インターリンクはもともと「挑戦」を大事にしている文化なので、私のそういう挑戦する姿を評価してもらえたのは嬉しいです。

インターリンクはどんどん挑戦したくなる場所

自信がついて挑戦できるようになったというKさんの、今後の挑戦はなんですか?

今後挑戦したいことは自分でサービスを作ることです。
RubyやVue、Reactなどまだまだ勉強中ですが、その辺の技術を使ってまずはプライベートで何か作ってみたいと思っています。
生活の中で見つけた「こんなものあったらいいのに」というアイディアを形にするために、まずは自分のために作ってみる。その後で他の人にも使ってもらってユーザーからのフィードバックがどのようにくるのか肌で感じたいです。

最後に、これからインターリンクに入社する方にメッセージをお願いします。

入社当初は本当に自分に自信がなかったのですが、インターリンクで様々なことに挑戦する中で自然と自信を身に着けることができました。
学べることが多く、色んな人がいるからこそ多様な考えがあり、そういった人たちとコミュニケーションを取ることで自分の成長の支えとなったと感じていて、本当に感謝しています。
色んなことに挑戦して自信をつけたいなら、インターリンクという挑戦できる場で挑戦して、成長やスキルアップに繋げていってください。
挑戦してみて失敗しても肯定的に捉えてもらえるし、どんどん挑戦したくなる。インターリンクはそういう場所です。

自信がなかったと語るKさんがインターリンクに入社したことで変わっていく姿は素敵ですね。
インターリンクの文化を作り上げているのは多くの社員たちです。成功体験を積み重ねること、そしてその成功体験を多くの人が称賛するインターリンクの文化は、まさに”挑戦”するのに適した場所と言えるでしょう。

インターリンク株式会社's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more