1
/
5

イノーバのマーケティング部で働く魅力、インタビューしました!

みなさん、こんにちは!

本日は、マーケティング部の山野さん、吉野さんのインタビューの様子をお送りします。

テーマは『新たにマーケティング部にメンバーを受け入れるにあたって』。

イノーバのマーケティング部で働く魅力を、存分に感じていただければ幸いです。


――早速ですが山野さん、自己紹介をお願いします!

山野さん「イノーバのマーケティング部と事業企画部のマネージャーを兼任しております、山野と申します。

マーケティング部には2018年からメンバーとして所属していて、マーケティング部歴は丸4年です。目標数字の設定から、施策選定、各種施策の実行までを担っており、いわゆるプレイングマネージャーという感じです。」

――続いて吉野さん、自己紹介をお願いします!

吉野さん「マーケティング部のメンバーとして働いております、吉野と申します。

新卒として入社し、現在入社4年目となります。入社して半年はインサイドセールスを担当し、そのあとマーケティング部に配属となりました。自社のコンテンツマーケティングを回していく際の実際の施策、例えばオンラインセミナーの企画・登壇、ホワイトペーパー、メールマガジンなどのコンテンツを日々制作して、お客様に発信するという業務を行っております。」

――マーケティング部の役割・ミッションを教えてください。

山野さん「イノーバの組織構造はTHE MODELの分業体制をとっており、新規の顧客獲得をマーケティング部、インサイドセールス部、営業部の3部門で担当しています。

この分業体制はマーケティング部がリードを取らないと、その次のインサイドセールス部と営業部が動けない構造のものです。そのため、より多くのリードを獲得し、『イノーバの裾野を広げる』ことがマーケティング部のミッションの一つです。」

――裾野を広げていく際、重要な観点はどのようなことでしょうか?

山野さん「一つはイノーバの強みを発揮してリードを獲得することですね。

イノーバの強みであるインバウンドマーケティングやコンテンツマーケティングを活用して、より多くのマーケティングで困っている方と接触することが重要になってきます。

もう一つはイノーバとの相性がいいお客様を狙い撃ちするということです。

インバウンドマーケティングの性質として、様々な『マーケティングに困っている方』がイノーバのサイトに訪れてリードになります。例えば個人事業主や競合の方など。

この中でもITやSaas業界など、イノーバとの相性がいいセグメントのお客様を狙ってアプローチしていくことも重要になるポイントです。」

▲山野さん


――イノーバのマーケティング部の魅力を教えてください。

山野さん「目標の設定、達成のプロセスがマーケティング部門に一任されており、現場の裁量が大きいことですかね。

毎年年度末に経営メンバーから売上目標が共有されるのですが、その売上目標を達成するにはどうしたらいいか、例えば「商談が何件必要」で、「商談創出のためにリードが何件必要」か、「どんなマーケティング施策を展開するのか」というところは、基本的に私の方で考えていますね。

数字のブレイクダウンから目標の設定、施策選定・実行、終わった後の評価まで一連してマーケティング部で行っています。現場の裁量が大きいイノーバならではの特徴かなと。」

吉野さん「他の観点でいうと、イノーバが日本でパイオニア的存在であるコンテンツマーケティングに関して、かなり前から継続的にコンテンツ施策に力を入れています。

コンテンツの数を増やすのに苦労される会社さんも多い中で、イノーバは素地ができているため、よりコンテンツを伸ばしていくという観点でマーケティングをしていけることが魅力だと思います。

また、マーケティング部に蓄積されたノウハウがお客様のマーケティング支援に活用されていくところもいいところかなと思います。」

――なるほど、マーケティング会社であるからこそ、マーケティング部のノウハウがお客様の支援に活用されているのですね

吉野さん「社内でも自社のマーケティング部で先進的に行われていることは何なのか、ということが注目されています。

社内でマーケティング部の立場が弱い会社さんもある、というお話をよく聞く中で、イノーバはマーケティング部が率先して活動できることもいいところです。」

――分業体制をとると縦割りになり部署間の連携が上手くいかないケースも多いですが、イノーバさんはその逆ですごく連携されているのですね。

吉野さん「はい、私もクライアントの支援にあたっているコンサルティング部の方々から刺激をもらったり、情報交換することもあります。」

山野さん「BtoBマーケティングをやり慣れていないお客様も多くて、成果を出してほしいという以前に『相談したい、壁打ちさせてほしい』というニーズが結構強いんですよね。

だからこそ、イノーバがきちんと相談に乗れる関係を持つとか、ノウハウを構築していくことが大切なんです。

社内ではよく『イノーバのビジネスはノウハウビジネスだよね』と言っています。

マーケティング部が得たノウハウを、コンサルティング部がお客様にデリバリーして流通させるとか、コンサルティング部の方で発生したノウハウをマーケティング部にインストールしてもらうとか。

情報交換は欠かせませんね。」

――マーケティング部を取り巻く環境の魅力は何かございますか?

吉野さん「マーケティング部がほかの部門と連携していたり、注目を浴びていろいろなことにチャレンジできる環境が挙げられると思います。

あと、教えあう文化や社内リソースを使えることも魅力だなと思います。初心者の方でも勉強して自分の力つけて業務に生かしていける環境であると思いますし、経験者の方でもそれまでやってこなかった領域もチャレンジでき、幅を広げることができると思います。」

山野さん「マーケティング部のマーケとコンサル部門のマーケは何が違うのかという点でいうと、幅が違うのかなと思っています。

マーケティング部のマーケは目標達成という結果を出せばいいので、手段は選ばなくていい。SEOやホワイトペーパーはコンサルティング部門が行っている施策とも共通なのですが、例えば広告をどんどん出す、展示会をやる、ウェビナーをやるなど、施策の幅の広さはマーケティング部ならではなのかなと思います。

あと、「時間軸」の違いもあります。対顧客の支援だといつまでやる、という期限があります。一方で、マーケティング部には終わりがないんですよね。だから、悩みます。例えば今期広告に大きく予算を割くと来年困るなとか。来期にお金を回すと今期の目標達成できないぞとか。

短期と中長期のトレードオフがあって、予算や計画のバランス配分が面白さでもあり難しさです。でも同時に、そこがマーケティングの醍醐味でもあります。リソース配分を考える力がつくことも、マーケティング部でマーケを実践するメリットです。」

ーー働く環境面の特徴は何かございますか。

吉野さん「マーケティング部ですと、特にリモートワーク中心ですね。私の場合、1か月~数か月に一回だけ出社で、ほぼリモートで働いています。」

山野さん「私は週1回くらい出社しています。

会社全体で見ると、今は、北は北海道、南は福岡から採用していて、リモート前提の組織運営になっています。」

▲吉野さん

――これから入社される方は山野さんと吉野さんの元で一緒に働くことになると思うので、お二人のお人柄についても伺ってもよろしいでしょうか。

吉野さん「はい。もちろんです!山野さんは私のマネージャーに当たるのですが、マネージャーとしてかなり尊敬しています。

一人ひとりをすごく丁寧に見てくれて、強みやチャレンジしたいことの相談に乗ってくれます。自分の弱みに関しても的確にフィードバックをくれたり、業務があふれそうになっているときもこまめに見てくれるので、一人ひとりを丁寧に拾い上げてくれる方だなと思っています。

また、マーケターとしても非常に多くのノウハウをお持ちで、事業企画をはじめとして広い領域で活躍されています。お客様の中にも山野さんのファンが多いんですよ。そういったところも尊敬しています。」

山野さん「おお。ちょっと照れますね。。。」

ーー続いて、吉野さんについてどう思われますか?

山野さん「吉野さんとは毎月面談して認識をすり合わせしているので、吉野さんからしたら『またかよ』と思われるかもしれないですが…

一つは基本的なオペレーションを一手に担ってくれています。例えばウェビナーの企画配信や、インターンの面倒を見るとか。マーケティング部としてスキルの幅を広げていってくれているところにすごく頼もしさを感じます。

あと、すごく真面目ですね。壁にぶつかったときには凹む時もあるけど、正面から向き合って乗り越えようとする姿勢がすごくいいなと思います。例えば、イノーバのマーケティング部では構造的に考えることやファシリテーション能力が大切だと言っているのですが、吉野さんは緊張しいだから他部署がいるミーティングだといつもより上手くいかないこともあったりします。でも、日々振り返りをして一個ずつ改善している。そういう「ベースの力」が若くして備わっているところがすごくいいなと思っています。

あとは、依頼や相談の仕方など、仕事ぶりが私じゃ真似できないくらい丁寧です。これは吉野さんの根っこにある相手へのリスペクトによるものだと思うのですが、それに私もとても助けられています。リソースが足りない中で活動しているので、その状況の中でも円滑に回るのは吉野さんならではだなと。」

――ありがとうございます。とっても素敵なお二人だということが、お話からすごく伝わってきました。

では、最後に新たに加わってくれるメンバーへのメッセージをお願いします。

山野さん「マーケティングという職種が人気になってきており、マーケターとして手に職をつけたいという方が多いのかなと思っています。

マーケターの成長って何だろうと考えたとき、スキルの幅を広げたり深堀したりすることも当然重要ですが、ファシリテーション能力や構造的に考えること、今やるべき施策の優先順位を的確につけられるスキル、下の子の面倒が見れるというようなマネジメント面の能力など、普遍的な力をつけていくことが必要だと思います。イノーバのマーケティング部では、前者のテクニカルなスキルに寄りたくないと思っています。普遍的な能力を身に着けよう、自分のチーム作れるようになろう、と日々メンバーにも伝えています。いろいろな観点で成長できる環境をマーケティング部は提供したいと考えています。

その環境で成長したいと思ってくれる人は合うんじゃないかなと思うので、そういう方に入っていただきたいです。」

吉野さん「元々マーケティング部の裁量が大きいことは先にお話しした通りなのですが、今予算も増えていたり、会社自体もグロースしている状況です。マーケティング部自体も、今は小さいチームですが、チームをしっかり作っていく・伸ばしていくという段階で、どんどんやることの幅が広がっています。

今、とてもおもしろいフェーズにあると思います。

チームを作っていく段階なので、今入っていただけたらチームを大きくしていくときのメンバーにもなれますし、一緒に新しい施策にチャレンジしていただけると思います。

ぜひこのタイミングでチャレンジしたいという人が入ってくれれば嬉しいです。」

ーーありがとうございました!

▲(左から)山野さん、吉野さん

株式会社イノーバ's job postings
23 Likes
23 Likes

Weekly ranking

Show other rankings