This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

C++の将来性について 現状から踏まえて検証した結果

C++とは?

C++とはC言語がベースとなっているプログラミング言語。

C言語が拡張されてオブジェクト指向言語となっているため、Javaなど他のオブジェクト指向言語と同じようにオブジェクトの要素を引き継ぐことが可能です。

開発されたのは1983年であり既に30年以上の歴史があるプログラミング言語ですが、現在でもIT業界では一定の需要があります。

またC++にはいくつかの種類があります。

その中でも代表的なC++には、Microsoft Visual C++とBorland C++があります。

Microsoft Visual C++はWindows OSのパソコンへアプリケーションをインストールする際にシステム要件として求められることがあるため、Windowsユーザーには比較的馴染みがあるプログラミング言語だといえるでしょう。

Borland C++はボーランド社が開発した、パッケージするためのものでC++をコンパイルする機能が提供されています。

C++の特徴

C++は開発から30年以上経過しているプログラミング言語ではありますが、規格は定期的に改良されており、2017年12月にはISO/IEC 14882:2017が公開されています。

国内でもC++の需要はあるため、C++を習得するならできるだけ新しいバージョンのC++を学ぶことが大切です。

ではそんなC++にはどのような特徴があるのか、順番に見ていきましょう。

▼スマートフォンアプリの開発で利用できる

スマートフォンアプリの開発といえば、JavaやSwiftが近年のトレンドですが、C++で開発することもできます。

統合開発環境を用意することでAndroidアプリの開発もできるため、スマートフォンアプリの開発をメインにしていきたい場合は習得する価値はあるといえるでしょう。

▼企業の業務システムで利用されている

C++は金融機関や保険会社など大きな企業の業務システムの開発に利用されているケースが少なくありません。

C++はOSを制御できるプログラミング言語でもあり実行速度にも信頼性があるからです。

そのためC++を習得すれば、大規模な業務システムの改修や保守関係の仕事に対応できる可能性が高くなります。

C++は大規模な開発に携わりたい場合にも有用なプログラミング言語だといえるでしょう。

▼コーディングをシンプルにできる

Apple製品やMacOSのアプリ開発にはObjective-Cが多く活用されてきました。

SwiftはObjective-Cと比較するとセミコロンが不要であること、そして高速なコンパイラが採用されているという違いがあります。

そのためObjective-Cによるアプリ開発よりも、シンプルにコーディングできるという特徴があります。

▼ゲームエンジニアとして活躍できる

C++はゲームエンジニアの募集で必須スキルとして求められることがあります。

C++はゲーム開発でも利用されているプログラミング言語だからです。

オンラインゲームやAndroidアプリのゲーム開発の現場で活躍したい場合にもC++は有用です。

気になる続きは👇👇👇

他にも『techcareer magazine』では
エンジニアやクリエイターの人生やキャリアのお役立ち情報を配信中!

株式会社アイデンティティー's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more