This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

データベースエンジニアの年収 完全検証

数あるITエンジニア系職種の中には、「データベースエンジニア」と呼ばれる仕事も存在します。データベースエンジニアは、企業のシステムを根底から支える「データベース」の開発・設計・運用を手がけるポジションです。

データベースエンジニアとして活躍する人材は多くないため、転職市場では貴重な人材として重宝される傾向にあります。ではそんなデータベースエンジニアはどのくらいの年収を手にしているのでしょうか?

データベースエンジニアとして年収をアップさせる方法とともに紹介していきます。

データベースエンジニアとは?

近年特に注目されているのがビッグデータの活用です。スマホアプリの利用状況や、ポイントカードに紐づく買い物傾向などの膨大なデータを分析することで、あなたのビジネスに役立てようとする取り組みですね。

このデータ活用というジャンルで重要になってくるのが、その膨大なデータを保管するための「データベース」です。データベースとはサーバー上の巨大な倉庫のようなもので、現実の倉庫と同じように整理整頓せずにぽんぽんと放り込んでいけば、データを探すのが困難になってきます。

このデータベースを後から検索しやすいよう開発・設計したり、不具合がないかを管理・保守したりする役割を担っているのが、データベースエンジニアです。必要なデータをいかに早く取り出せるデータベースを構築できるかが、データベースエンジニアの腕の見せ所です。

もちろんデータを瞬時にアウトプットするためには、「どんなデータを集めるべきなのか?」「どのように分析することでマーケティングに役立つのか?」など、企業の方針・戦略にもとづいて仕事を進める必要があります。

したがって企業の経営層との距離が肝心となり、コンサルタント的なスキルも求められる職種となります。

データベースエンジニアには特定のプログラミング言語が求められることはあまりありませんが、MySQL、Microsoft SQL Server、 Oracle Databaseといった製品についての専門知識が求められます。

データベースエンジニアの平均年収は?

そんなデータベースエンジニアの平均年収は、経済産業省のレポート『IT関連産業の給与等に関する実態調査結果』で調べることができます。同調査の中の「IT技術スペシャリスト」が、データベースエンジニアに相当する項目です。

それによると、データベースエンジニアの平均年収は758.2万円。SE・プログラマ系職種や、IT運用・管理、IT保守といった職種のエンジニアよりも高い水準となっており、IT人材の中でもかなり高年収を手にしている職種といえます。気になる続きは👇👇👇

他にも『techcareer magazine』では
エンジニアやクリエイターの人生やキャリアのお役立ち情報を配信中!

株式会社アイデンティティー's job postings
Anonymous
Anonymous

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon