This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

コーダーからプログラマーに転身 年収から習得すべき言語まで

プログラマーとは?

今回はコーダーからプログラマーへのキャリアチェンジについて、見ていきたいと思います。

ところで、コーダーとプログラマーの違いを説明できますでしょうか?

IT業界未経験の方や経験がまだまだ浅い方だと、たぶん、どっちも上位者が設計した指示書に従って、実際にキーボードを叩いてコードをコーディングする人、という認識ではないでしょうか?

この二つの職種でどう違うのか、完全には理解しておらず、モヤっとしているかもしれません。

しかし、一般的にコーダーとプログラマーは明確に異なる職種です。

そこで、まずは「そもそもコーダーとプログラマーはどこが違うの?」というところから、整理しておきましょう。

まず、プログラマーですが「システムエンジニアなどの上位者が作った指示書に従い、プログラミング言語を使って、プログラムのソースコードを作る技術者」です。

ご存知の通り、プログラミング言語にはJavaやPython、C++、Ruby、PHP、Kotlin、Swiftなどなど、様々な種類があります。

それぞれのプログラミング言語に得意・不得意があり、作成したいシステムの目的や特性などで、利用されるプログラミング言語は変更されます。

プログラマーも、CやC++は書けるけど、Swiftはさっぱり書けないなど、人によって言語スキルにばらつきがあります。気になる続きは👇👇👇

他にも『techcareer magazine』では
エンジニアやクリエイターの人生やキャリアのお役立ち情報を配信中!

株式会社アイデンティティー's job postings
Anonymous
Anonymous

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon