This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

プログラマーの年齢制限って実際どうなの? 法律も知ろう

雇用対策法って何? 年齢制限禁止の義務化

IT業界関係者やIT業界に興味を持っている方であれば、一度は耳にしたことがあるかと思いますが、「プログラマー35歳定年説」という言葉があります。

曰く、プログラマーが第一線で活躍できるのは35歳前後までである、という“説”です。

今回は、その説の検証を行う上で、絶対に忘れてはならない法律『雇用対策法』についてご紹介いたしましょう。

『雇用対策法』の正式名称は『労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律』となっています。

名前の通り、労働者が生き生きと働ける社会を目指すため、企業や国・自治体が守るべきルールを定めた法律となっています。

この法律が平成19年(西暦2007年)10月に改正されたことで、労働者を雇用する組織に対して、原則、“労働者の年齢制限禁止”、つまり年齢を理由に採用拒否をしてはならない、ということが法律で明示されました。

つまり、35歳以上であっても、プログラマーとして採用してもらうことは可能となっています。

このように説明すると必ず「募集要項に“キャリア形成のため35歳未満の方”と書いてあるのを見たことあるけど?」と質問されますが、実は“労働者の年齢制限禁止”にはいくつかの例外規定があります。

気になる続きは👇👇👇

他にも『techcareer magazine』では
エンジニアやクリエイターの人生やキャリアのお役立ち情報を配信中!

株式会社アイデンティティー's job postings
Anonymous
Anonymous

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon