This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

プログラマーとエンジニアの違いを徹底研究

プログラマーとは?

プログラマーとは、「プログラミングする人」のことです。

システム開発をする際、一番、労力がかかる(人がいるところ)は、プログラムを書くところになります。

そのため、プログラマーは非常にニーズが高く、IT業界のファーストキャリアがプログラマーという方も多いです。

なお、プログラミング言語はいくつもあり、言語によって年収などが大きく変わってきます。

そのため、プログラマーとして働く上で、どの言語でプログラミングができるかは、非常に重要なポイントになります。

ちなみに、JavaプログラマーやCプログラマーといった風に、できる言語に因んで〇〇プログラマーという呼び方もありますが、語呂の問題もあってかCOBOLができるプログラマーのことはCOBOLerと呼びます。

エンジニアとは?

エンジニアとは技術者のことです。

特にIT業界に所属するエンジニアのことをシステムエンジニア(SE)と呼ぶことが多いです。

ここでよくある、質問を1つ。

「プログラマーだって、システム開発に関わるエンジニア(技術者)ですよね?」

ここが難しいところで、言葉の意味的な話をすると、プログラマーもエンジニアの一つと呼んで間違いないのかもしれません。

そもそも、システムエンジニアという職種の呼び方自体、微妙なところがあります。

一口でシステムといっても、様々なものがありますよね。

ERPシステムやコンビニなどのPOSシステム、あるいは銀行の勘定系システム、飛行機などの航空券システム、行政機関に目を向ければマイナンバーシステムなど、エンタープライズ系システムと言われる、非常に規模の大きなシステムがあります。

その一方で、スマートフォンアプリや、パソコン用ソフトなど個人利用の小さいシステムもいっぱいあります。

また、冷蔵庫やテレビなどの電化製品、あるいは車の制御システムなど、利用者があまり意識しないところで人知れず頑張っているシステムもあります。

昨今、注目度の高い人工知能(AI)も、本質的にはシステムです。

また、システムの構成要素という話をすると、多くの方がプログラミングして作られるソースコード部分に注目しがちですが、実際はソースコードを作っただけでは、システムの完成とは呼べません。

作ったソースコードを動かすためのハードウェア、例えばサーバなどの用意も必要です。

今どきのエンタープライズシステムだと、遠隔地接続が当たり前ですので、遠隔地接続用のネットワーク構築も行われます。

さらに別の視点をすれば、システムへの関わり方も様々です。

直接的にシステム構築をする方もいれば、システムを買ってくれそうなクライアントへの営業活動に赴き、デモンストレーションを含めて技術的な面からソリューション紹介を行う人もいるでしょう。

あるいは、納品したシステムの保守・改善に関わる方も少なくありません。

“システムに関わるエンジニア”は非常に多種多様で、実は会社や組織によって、同じ“システムエンジニア”という言葉でも、微妙に使われているニュアンスや業務領域が異なることも多いです。

そのため、担当領域を表す言葉を付けた〇〇エンジニアと呼ぶことも多いです。

例えば、担当システムにちなむ区分としては、Webエンジニア、AIエンジニア、組み込みエンジニアといったものがあります。

担当領域という視点で言うと、フロントサイドエンジニア、アプリ系エンジニア、ネットワークエンジニアといった呼び方があります。

業務内容という意味では、カスタマーエンジニア、サービスエンジニアなどの呼称が使われることがあります。

ただ、このような一般論的なエンジニアの区分は現場で厳密に行われているわけではありません。

1人で複数の役割を担っている方も多いです。

そして、このような業務の境界線が曖昧になった結果、一部の“プログラミングを行うエンジニア”とプログラマーの違いも分かりにくくなっています。

でも明確に、プログラマーとエンジニアは別物です。気になる続きは👇👇👇

他にも『techcareer magazine』では
エンジニアやクリエイターの人生やキャリアのお役立ち情報を配信中!

株式会社アイデンティティー's job postings
Anonymous
Anonymous

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon