This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

プログラマーの年齢 限界は?

IT業界には、プログラマーやシステムエンジニアの「35歳定年説」がささやかされることがよくあります。しかし実際に35歳でプログラマーを退職するというケースは少なく、年齢を理由にキャリアの限界を決める例は多くありません。

とはいえ、これからプログラマーを目指そうとしている人にとって、「プログラマーとして働ける限界は何歳なのか?」「プログラマーに定年は存在するのか?」は非常に気になる問題でしょう。

そんな悩みを解決するため、ここではプログラマーの年齢事情や、プログラマーの限界を乗り越えるための戦略について取り上げていきます。

プログラマーの需要が多い年齢は?

どのくらいの年齢のプログラマーが需要が高いのかを調べるには、「35歳定年説」の由来をチェックすることが役に立ちます。

そもそもプログラマーの「35歳定年説」が噂されることになったのは、次の3つの背景がありました。

1つは、プログラマーの仕事が実は体力勝負だったことです。一般的にプログラマーの仕事は、デスクワーク中心の単純作業というイメージを持たれています。確かに周りから見れば単にパソコンのキーボードを叩いているだけのように思えるかもしれませんが、実は非常に体力を使う仕事なんですね。

もちろん集中力や分析力も欠かせません。こうしったスキルは若いうちがピークで、年を経るとともに低下していくのが普通です。このような体力的な衰えを感じ始めるのが、30代を過ぎてしばらく経った、35歳ごろとされているわけです。

2つ目として、常に新しい情報をチェックし、スキルを磨き続ける必要がある点もあげられます。変化のスピードが早いIT業界に身を置くのであれば、海外の情報を含め常に新しいことを学び続けなければなりません。

若い頃は新しいことにも積極的に挑戦できますし、ノウハウを吸収する素直な頭を持っています。しかし加齢とともに学ぶ意欲が薄れ、新しいものに対して否定的になり、昔ながらのやり方にこだわるようになってしまう。それが「35歳定年説」の由来となった理由です。

「35歳定年説」の背景として考えられる3つ目は、管理職へのステップアップによるものです。年齢を重ねれば、プログラマーも単にプログラミング作業だけを担当するのではなく、後輩の指導やチームのマネジメントにも携わるようになってきます。

すると、社会人としての脂が乗る35歳くらいをきっかけに「プログラマー」ではなく、「プロジェクトマネージャー」などの管理職へ昇進することになります。この現象だけを見れば、プログラマーが仕事を辞めて別の仕事へジョブチェンジしたと呼べるでしょう。

以上を踏まえると、20〜30代の若い世代が、プログラマーとしての需要が高い年齢層と考えることができます。それ以上の年齢になると、現場作業であるプログラマーよりは、マネージャーやリーダーとしての仕事が増えるために、プログラマーには向かないと考えられます。気になる続きは👇👇👇

他にも『techcareer magazine』では
エンジニアやクリエイターの人生やキャリアのお役立ち情報を配信中!

株式会社アイデンティティー's job postings
Anonymous
Anonymous

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon