This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

プログラミングを学べば仕事に困らない! 本当なのか?

仕事になるプログラミングとは?

プログラミングスキルは一生涯役に立つスキルだと言えますが、どういうスキルなのか、イメージばかりが先行し、具体的に理解している方は意外と少ないように感じます。

なにを今更と思う方も多いかと思いますが、まずはプログラミングを習得するとはどういうことか、改めて整理したいと思います。

そもそも、プログラミングとは「プログラミング言語という、コンピューターにも理解ができる“言語”で、コンピューターに指示書を作成すること」になります。

そして、プログラミング言語で書かれたコンピューターへの指示書のことをソースコードと言います。

つまり「ソースコードを記述すること=プログラミング」です。

これもご存知の方が多いと思いますが、実際の人間同士が会話で使う言語にも、日本語、英語、ドイツ語、といった風に様々な種類があるように、プログラミング言語にも、C言語やJava、Pythonなどいくつもの種類があります。

日本語と英語では文法が異なったり、使われる単語が違うように、プログラミング言語も、それぞれで異なった文法や単語を持っているため、基本的には互換性のようなものはありません。

さらに言えば、言語ごとに強み弱みというものがあります。

こういう用途で使うのであれば、このプログラミング言語を選ぶのが一般的、あるいは、この分野ではこのプログラミング言語は絶対に選ばれない、という風な制約もあります。

そのため、「どのプログラミング言語でプログラミングできるようになったか?」が仕事を得る、という意味では非常に重要になります。

もちろん、いずれのプログラミング言語も、コンピューターに指示を出すための言語というところは共通しているため、「プログラミング言語を1つ習得できれば、他のプログラミング言語の習得は比較的簡単」という意見もあります。

実際、いくつものプログラミング言語に精通したITエンジニアは少なくありません。

とはいえ、最初にどのようなプログラミング言語を習得するかは、ITエンジニアとしてのキャリア形成に大きな影響を与えるのは間違いなく、非常に重要なポイントです。

事項で、「仕事を得られるプログラミング言語」をご紹介したいと思います。気になる続きは👇👇👇

他にも『techcareer magazine』では
エンジニアやクリエイターの人生やキャリアのお役立ち情報を配信中!

株式会社アイデンティティー's job postings
Anonymous
Anonymous

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon