This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

「より深く、長くお客様と関わること」を目指して人材系アウトソーシングの会社から転職

「0→1」にやりがいはあったけれど・・

前職は人材系アウトソーシングの会社で勤務していました。 主にグループ会社での新規事業立ち上げの営業支援、サポート業務という仕事です。新規事業に携わり、0から1を作り上げる仕事に大きなやりがいを感じてました。

しかし、自分はあくまでも出向という立場なので、プロジェクトが軌道にのるまでの業務を担当し、その事業が軌道に乗ったら出向先の社員へ引継ぐ、というのが常でした。なかには事業が軌道に乗らなければ事業撤退もありました。

せっかくお客様と関係を構築しても、短期間で引継ぎをしなくてはならない。より深く、長くお客様と関わることはできないことが大きな悩みでした。

正直、単にお金をもらうだけに仕事をする人生も決して悪くないと思います。ただ、それが本当に楽しいのか自分の人生を見つめ直しました。出した答えが、「専門性に特化した職場で、お客様から感謝のお言葉をいただける、長く関われる仕事をしたい」でした。

人事業界での中立的な立場にひかれて入社を決意

ProFutureを選んだ理由は2つあります。 一つ目は、中立的な立場をとっていることです。これまでは、自社の商品、サービスが競合他社と比較される中で、いかに自社の商品を選んでもらえるのか、の観点で営業支援をしていました。自社商品を持たないProFutureは、それとは違い、HR業界の専門性に特化したポータルサイト「HRプロ」で、人事部の方々に中立的な立場で情報を発信するスタンスをとっています。ベンダー(人事支援サービス)様と人事部のユーザー様を結ぶプラットホームであることに魅力を感じました。

二つ目は、「営業企画職」の業務内容が、メンバーとしてベンダー様のフォローをし、より深く、長くお客様と関わることができる、との思いに当てはまったためです。過去に営業職の経験もあるので、その経験を活かし、営業メンバーの方々をサポートしていく仕事をしたい気持ちも入社意向を高めることになりました。

HR業界の奥深さを痛感する日々

これまで、人事部の方に求人広告の企画営業をしていたこともあります。採用したいターゲット層に対して適したメディアとコンセプトを伝えて提案をする仕事でした。人事部の方と関わっていたので、抱える悩みは自分なりに把握はしていた、と思っていました。それが、ProFutureに入社して、今まで表面的で上辺の知見しか持っていなかったことを痛感しました。人事部でも大企業から中小企業など企業規模、業種、従業員数で悩みは様々です。新卒採用一つを例にとっても、就職ナビ以外にもツールがたくさんありますし、学生を採用した後、どのように育成していくのか深く考えたことはありませんでした。

世の中に会社が存在している限り、HR領域がなくなることはありません。その中で、単に情報を発信するだけではなく、人事や経営を強くして会社を良くする「テコ」の役割を果たす「HRプロ」に携わることはやりがいのある仕事だと感じています。

社員数は約20名と小さな会社です。社員同士の風通しもよく、すぐ分からないことがあれば聞ける環境です。挑戦し続けて、とことん自由で、成長する会社を目指しています。そのため、「これをやってみたい」「挑戦してみたい」という発想のある方にはピッタリだと思います。

ProFuture株式会社's job postings
Anonymous
E5201e23 ae52 44b0 ac81 128b05197183?1520387885
15965522 1896389697258159 9154299415432980156 n
C4ef1a6f 5ed8 4239 9bb6 4db23d77bbb8?1558690190
12003303 729746133797637 322155676838393398 n
4 Likes
Anonymous
E5201e23 ae52 44b0 ac81 128b05197183?1520387885
15965522 1896389697258159 9154299415432980156 n
C4ef1a6f 5ed8 4239 9bb6 4db23d77bbb8?1558690190
12003303 729746133797637 322155676838393398 n
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon