1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

2020年に入社した2人が語る!「びっくりギャップ」とは?

こんにちは。HRBrainカスタマーサクセスの川島 舞です。
この記事はHRBrainアドベントカレンダー25日目(!)、いよいよラストの記事です。

開発メンバー主体で始めた「アドベントカレンダー」ですが、締めをやる羽目になってしまい、
クリスマスに震えながら筆を執っています。
年の瀬となり、2020年を振り返り、2021年はどのように過ごそうか、考える時期になりました。


本記事では、これまでとは趣向を変えて、
2020年に株式会社HRBrainへ入社した2人が、「入社して感じた”びっくりギャップ”」というテーマでお話します。
テキストよりも実際の雰囲気が伝わるのではないか?ということで、ラジオ的に動画でお伝えします。
※かなりゆるーーーーく話しています

2020年にHRBrainに入社した2人が語る!”びっくりギャップ”

プロローグ:私たちの紹介&なぜギャップを語りたいのか

びっくりギャップ①「ヒトじゃなくてコトにフォーカス」

びっくりギャップ②健全な焦りに常に襲われる

びっくりギャップ③オフィスは六本木にあるけど…※2020年12月時点

びっくりギャップ④一蓮托生(…って何?)

最後に

ラジオ風の動画配信で、当社の雰囲気や社風が少しでも伝わりましたでしょうか?

HRBrainのサービスはもうすぐ4周年。2020年は、これまで以上に多数の企業様に導入頂いたり、新たなプロダクトをリリースしたり、会社としてもサービスとしても、この1年で大きな変化がありました。
私自身は、当社に入社し、成長意欲の高いメンバーに囲まれて、
「自分はトライし続けられているか?」と常に自問した1年でした。

当社では、全職種で仲間を募集中しています。
本記事ではなるべくリアルを話したつもりではありますが…
「ホントに本当のところ、実際はどうなの?」と気になる方は、ぜひ話を聞きに来てください(笑)

用語解説(動画内での言葉について)

登場人物

※HRBrainでは経営陣のことも下の名前で呼ぶことが多い

社内用語

  • ヒトじゃなくてコトにフォーカスしよう:社内でよく使われる言葉。会社やサービスにとって必要なコトであれば、入社したてのメンバーの意見だろうが、他部署のメンバーの意見だろうが、即採用。ミスや失敗が起きても、人を憎まず、同じことが起きないようにどうすれば良いかを考えようぜ。という文化がHRBrainにはある。
  • 防音ボックス:コロナ禍になり、WEB会議に切り替えたが、社内の会議室不足により、苦肉の策に急遽簡易的に作成したWEB会議スペース。机の上に箱を置き、壁にピッタリつけることで防音できる。閉所恐怖症にはキツいが、意外に快適。
  • 美味しいご飯の炊き方:VPoEの川田が書いた、アドベントカレンダー4日目の記事。物議を醸した。

一般用語

  • 1on1:当社では月1回実施。クラウド人材管理システム「HRBrain」では面談の内容を記録することが出来るが、当社も自社システムを使って管理している。
  • 一蓮托生:事の善悪にかかわらず仲間として行動や運命をともにすること。(引用:goo辞書
株式会社HRBrain's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings