This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

まだ世にない人材・教育サービスで社会を変える~新規事業立ち上げのプロがハウテレビジョンで実現したいこと

今回はCOO室に所属しながら、マーケティング・SEO・グロースハック、営業、事業計画…とまさに八面六臂の活躍を見せる千田拓治をご紹介します。

教育改革を通じ社会を変えたいという強い思いのある千田は、「大学生の頃から日本の教育システムに課題を感じていた」と言います。そんな千田がなぜハウテレビジョンに入社したのか、ハウテレビジョンで実現したい夢について熱く語ります。

===================
千田 拓治(ちだ たくじ) プロフィール
2007年、一橋大学社会学部卒業。
人材系・モバイル系スタートアップを経て、新規事業領域に特化した戦略コンサルティングファームに入社。総合商社・大手通信キャリアなど十数件の新規事業立ち上げを支援。その後、株式会社リブセンスにて新規事業「転職ドラフト」を立ち上げ、2017年ハウテレビジョンに入社。現在はCOO室マネージャーとして、会員獲得やグロースハック、営業、事業計画立案などを担当。
また週末はWILLFU(学生起業家を育成するビジネススクール)にて、起業を目指す大学生向けにアントレプレナーシップ講座の講師を毎週務めている。
===================

自分の夢の実現のため、新規事業立ち上げスキルの開発に貪欲に取り組んだ

ーーハウテレビジョンに入社するまでのキャリアを聞かせてください。

新卒ではリクルート出身者が設立した人材系のスタートアップに入社し、法人営業経験を積んでいます。2社目はモバイルコンテンツを扱うスタートアップ、新規事業の法人営業や商品企画、また新規事業としてソーシャルゲーム事業の立ち上げなどを経験しました。

その経験の中で、新規事業立ち上げプロセスについてもっと深く体系的に理解したいという思いが強くなり、3社目は新規事業領域に特化した戦略コンサルティングファームに入社しました。

3社目の企業ではIT/Web領域を中心に、総合商社・大手通信キャリア・大手メーカーなど日本を代表する企業を顧客に、十数件の新規事業立ち上げプロジェクトを経験しました。

新規事業立ち上げは大きく分けて4つのフェーズがあります。

①進出領域/事業仮説立案期
②調査/具体検討期
③実証実験期
④本格立上/展開期
の4フェーズです。さまざまなプロジェクトを経験する中で、以上についての全てのフェーズを経験し、新規事業について体系的な理解を深めることができました。

ーーなるほど。それでは、4社目(前職:リブセンス)ではどんなことを?

3社目で新規事業の立ち上げについて最低限理解することができました。そのため、大学時代から自分が挑戦したいと思っていた人材領域で事業主体として取り組もうと思い、リブセンスに入社しました。

転職サイト「転職ナビ(旧:ジョブセンスリンク)」の事業企画を半年経験した後、ハイクラス領域の転職市場に進出したいという会社の意向を受け、「転職ドラフト」という世の中的にも新しい転職サイトを企画し立ち上げました。転職ドラフトはリリース半年の短期間で無事成長軌道に乗り、リリース1年後にはAERAの巻頭特集に取り上げられるまでになりました。

そのときは、自分の立ち上げた新規事業が世に認められたことを実感し、「やってよかった」と本当に思いました。

方向性の確認のため、代表やCOOと何度も面談。ハウテレビジョンへの入社を決意

ーーハウテレビジョンに入社したきっかけは?

実は学生時代からずっと、人材領域の中でも「就職」や「大学教育」をテーマに挑戦したいという思いを持っていました。

そのため、「外資就活ドットコム」(ハウテレビジョンの新卒向けサービス)については関心がありました。というのも、前職の在職中にSEOの実験目的で個人でブログを書いていたんですが、就活関連のキーワードで検索すると、「外資就活ドットコム」の記事が目に留まるようになったからです。

なぜ目に留まったかというと、SEOが強いこと以上に、記事のクオリティーが非常に高く充実していたからです。現在の就活市場の状況や各社の選考対策について読めば読むほど深く理解することができ、私は大学生ではありませんでしたが、いつの間にか「外資就活ドットコム」のファンになっていました。

当時、まだ転職をするつもりは全くありませんでしたが、もっとサイトについて詳しく知りたい、中の人と話してみたいと思いました。そこで、「Liiga」(ハウテレビジョンが運営するキャリアアップ支援サービス)を通じて「とりあえず会ってみたい」とコンタクトしたところ、代表の音成、COOの長村の2人が会ってくれたんです。

ーーそんな出会いがあったんですね。面談ではどんなことを話しましたか?

面談の席で「就職や大学教育をテーマに、学生と社会人、そして社会を変えたい」という自分の率直な思いをぶつけてみたところ、音成と長村の2人が深く共感して「それは是非やりたい」と強く共感してくれたんです。それによりハウテレビジョンへの入社を決めました。

というのも、当時私が転職先を選ぶ際に最も重視していたのは、「会社の価値観が自分の価値観と近いかどうか」という点で。

なぜなら、自分が立案した事業や施策が支持されるかボツになるかは「全て会社の価値観により決まる」からです。コンサルタント時代やリブセンス時代にさまざまな新規事業の立ち上げに関わってきましたが、この原理を実体験として痛烈に感じていました。

自分が心の底から良いと思っている企画でも、会社の価値観と自分の価値観が一致していないと実現できません。ですので、新規事業立案者にとって会社の価値観と自身の価値観の一致は最も大事なポイントなんです。

とはいえ就職や大学教育関連を手掛ける会社なら何でも良い訳ではありませんでした。私自身に裁量があり、かつ、自分のアイデアを「それはやりたい。やるべきだ。」と共感してくれる会社でないと働きたくなかったんです。

ーー価値観の一致は重要ですよね。ちなみに、どのように確認されたんですか?

どうやって価値観の一致を確認したかというと、私は面談を重ねる中で、自分がやりたい企画案や展開シナリオを20案くらいリストアップし、音成と長村の2人に提案していたんです。もちろん全ての案が賛成されたわけではありませんでしたが、その企画案を基に討議を重ねる中で、会社の方向性や価値観が私の価値観にとても近い、ということが確認できました。

特に印象に残ったのは、ハウテレビジョンは、収益をただあげたいのでは決してなく、「学生や社会人の教育・成長に寄与したい」という“Will(思い)”がとても強いことです。学生の視座を高めるような社会貢献的要素のある事業理念に対するプライオリティがとても高いんです。

ーー20案も企画されるのはすごいですね。

面接の中、口頭で表面的な議論をするよりも、ストレートに具体案を送り、具体的な意見をもらった方が、最も確実に考えを確認できますからね(笑)。そのようなことから、入社を決意しました。


現在はマーケティングをはじめ、営業、事業計画も担当

ーーさまざまな業務に関わっていらっしゃると思いますが、現在はどんな業務をされていますか。

いろいろな業務をやっています。直近は、ユーザー獲得のマーケティングやグロースハックが50%、営業が30%、事業計画など全に関わる業務が20%という感じですね。

ーーそのなかで特にどんなことに注力されていますか。

短期的にはユーザー獲得のマーケティングやグロースハックに一番注力しています。今は2019年卒向けの施策はそろそろ終わりが見え始め、2020年卒向けの戦略・計画を少しずつ立て始めているところです。

マーケティングはまだ経験の浅い分野ですが、コミット力を買われ任されています。自身としてより専門性を高めたい分野ですので、会社には感謝しています。

ーー現在取り組まれているマーケティングについて詳しくお聞かせください。

現在ハウテレビジョンでは長期的なマーケティング施策はプロダクトチームにお任せし、私の方では短期的なマーケティング施策として、SEO・グロースハック・細かいUI改善などをチームで進めています。

現在はまず会員獲得周辺のグロースを進めています。今後は次のステップとして、会員が再訪して普段使いをしてくれることを目的としたグロース、続けてユーザーの応募促進を目的としたグロースに移る予定です。サイト規模・売上規模に比して未着手の施策がかなり多くあるので、サイトの成長余地がとても大きく楽しみです。

ーーハウテレビジョンの体制や環境としてはどのような特徴がありますか?

SEOに関しては、社内の人間に加えて外部の専門家をアドバイザーとして迎えており、かなり精度高く施策を行う体制があります。またグロースハックに関しても、必要なA/Bテストツールや技術基盤が既に整っており社員のリテラシーもとても高いので、非常にやりやすいです。

前職のリブセンスは、例えばSQLをビジネスサイドの人も自在に使いこなしたりと、ITリテラシーが高い会社で有名でしたが、ハウテレビジョンの社員のリテラシーも同水準だったので、入社時は驚きました。

ハウテレビジョンでは、ビジネスサイドの方でもSQLやRedashを使いこなすだけでなく、Google Apps Scriptを使った業務の自動化やRubyを使ったスクレイピングも行いますし、A/Bテスト時のフロントエンドもある程度の施策でしたら自分で実装します。また社員からアルバイトに至るまで社内の会話は全てslackでするのが普通です。

こうしたカルチャーが作られた経緯としては、代表の音成がWebに理解が深いことが理由でしょう。音成はWeb黎明期だった学生時代から大量トラフィックを集めたサイトを運営しており、「外資就活ドットコム」も立ち上げ当初はサイト構築に自分も手を動かしていたと聞いています。ですので、外部の方にはハウテレビジョンは一見人材系の企業に見えるかもしれませんが、実態としてはTech系なんです。

大学時代から教育に強い問題意識を抱いていた。その思いを今解消したい

ーーちなみに大学生時代の話に移りますが、学生の頃から日本の教育内容に不満があったようですね。

そうなんです。大学3年で就職活動を始める際、「自分が最も興味のあるものは何だろう」と改めて考えました。そこで出てきたのは「大学の教育を、もっと若者の人生に意味のあるものに変えたい」という思いです。

理由はいろいろありますが、一番大きい理由は「授業内容にビジネスの実務に近い従業が大学にほとんどなく、大学と社会の接続が薄い」ということです。特に文系の教育にその課題を強く感じます。

例えば私が在籍していた一橋大学では、他学部である商学部の授業を自由に受けることが可能で、授業でビジネスフレームワークなどを教えてもらいました。しかし、その授業だけでは働く時に使うイメージが全く湧かなかったですし、実際に社会に出た後にはほとんど使うことがありませんでした。

私は大学教育の存在意義は2つあると考えています。1つは大学独自の”知”を学生に伝えること、もう1つは学生が社会で働くための知識や経験を提供し、優秀な人材を開発し、その人の人生と社会を活性化することだと思うんです。しかし大学の教育プログラムを見ると、多くの大学が前者に偏っているのではないか、と当時から強い課題意識を感じていました。その状況は私が大学を卒業して12年たった今もほとんど変わっていないと思っています。

ーーそういった背景があったんですね。そこで学生時代から教育に挑戦されたと伺いました。

そうですね。まずは大学教育について自分の問題意識が正しいか検証するために、1年間休学して、アクセンチュア出身者が設立した人材組織系のコンサルティング会社でフルタイムでインターンをしていました。大学や専門学校の改革コンサルティング案件を手がけていたからです。

そこでは、運よく大手専門学校の改革コンサルティング案件にアサインされ、3人のプロジェクトチームのメンバーの1人として生徒数減少を食い止めるために、魅力あふれる教育プログラムの改革案を調査・立案しました。非常に良い経験をしましたね。「こういうアプローチで教育を提供すれば、教育は劇的に変えられる」という感触を掴むことができました。

現在私は週末、WILLFUという大学生向けに起業教育を行うビジネススクールで講師を務めていますが、実はそのプログラムも私たちが当時専門学校に提案した内容とかなり似たアプローチで行っているんです。その結果、半年の短期間の集中トレーニングで多くの学生起業家を輩出することができています。「こういう教育を大学の授業でやれば、多くの学生の人生が変わる!」と思いますね。



ーーハウテレビジョンではどんなことに挑戦したいですか?

いろいろありますが、最も強く思うことは、大学教育の代わりとなる教育プログラムをオンライン/オフライン両方を使い、うまく提供したい。このコンテンツを多くの人に受けていただきたい、と思っています。必ず実現したいと思います。

外資就活ドットコム」では、現在コラム記事・先輩体験記・コミュニティなどの提供により学生と社会を接続し、正しい方向への成長を促すことができています。とは言え、やはり最も教育効果の高い手法は“対面教育”です。ですのでリアルな教育サービスは会社のビジョンとしても実現したいと思っていることの一つです。

またオンライン教育も並行して進めたいです。私自身が最近TECH::CAMP(テックキャンプ)を受講し、教育効果は最低限担保できることを身をもって体感し、確信を持ちました。オンライン教育の良さは費用と場所の制約をかなり抑えてユーザーに提供できることです。その良さをうまく活かしたいですね。

ーー必ず実現したいですね。

ただこの2つのコンテンツも、「外資就活ドットコム」を普段使いしていただいたり、認知・興味を持ってもらわないと、学生が利用に踏み切る段階に到達しません。それはその人達の人生をより良くする機会を損失することにもなります。

ですので、まずはサイトのユーザー体験やマーケティングの向上にいそしみ、その上で上記のようなコンテンツを提供していきたいと思っています。

ーー最後にこの記事を読んでいる方へのメッセージをお願いします。

このような私やハウテレビジョンの思いに興味を持った方がいましたら、ぜひどなたでも気軽に遊びにきてください。ほぼ全ポジションで募集しておりますので、誰でも可能性があると思います。

ちなみに、現在はリクルーティングを目的とした社員との会食には会社から補助が出ると聞いておりますので、お腹がすいた時の有効なツールとしてもご利用ください(笑)。

株式会社ハウテレビジョン's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more