This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

顧客とともにつくりあげてきた「hokan®」開発の舞台裏

「保険業界をアップデートする」というhokanのミッションのもとに提供されているクラウド型顧客・契約管理サービス「hokan®」。保険代理店からの支持を得て、国内のInsurTechをリードするこのプロダクトは、どのようにつくられているのか。プロダクト開発の舞台裏を、CEOの尾花政篤、プロダクト統括責任者の阿部隼の2人に聞いた。

お客様に認めてもらうには「欲しい」と思われるシステムを提示すること

――プロダクト統括責任者である阿部さんは、2018年7月からhokanに参画しているんですね。尾花さん、当時のプロダクトはどのような状態でしたか?

尾花:ベータ版として、保険の加入状況を管理できる機能をリリースしていたんですが、ユーザーヒアリングの結果、もっと顧客の全体像まで管理できるようにしてほしというニーズがあることがわかって。阿部が入社したのは、ちょうどそちらの方向にシフトし始めた頃でしたね。まだ開発プロセスが洗練されておらず、人手も足りない状況でした。

阿部:当時は、開発のチケット管理ツールとかも導入してなかったんですよね。

――そこへ、阿部さんが入社したと。前職ではERPのコンサルティングセールスをしていたそうですが、hokanではどういったことからスタートを?

阿部:最初はプロダクト統括責任者ではなく営業からスタートし、PMや要件定義、デザインについては社内で学びました。開発で最初に任せてもらったのは、顧客対応履歴を管理する機能で、当時は家で入浴している間も開発のことを考えるくらいのめり込んでましたね。

尾花:あまり僕から仕事を教えたって記憶はないんですよ。最初はUIトレースで設計への理解を深めてもらうことはしましたけど、自発的に知識を吸収してくれたので。

阿部:社内のメンバーが持っている知識を吸収したり、競合も含めて保険業界の情報を徹底的に調べたりしていましたね。お客様に認めてもらうためには、業界の内部をよく理解して、欲しいと思われるシステムを提示できることが一番なので。保険のことにめちゃくちゃ詳しい集団だとみなしてもらえれば、お客様も「話してみよう」という姿勢に変わってもらえるじゃないですか。


――先ほどデザインというワードが出ましたが、阿部さんがデザインもしているんですか?

尾花:これまでデザインは社内で機能別に分担してきたんです。ただ、今後は機能をさらに増やしていきたいので、「hokan®」全体でより統一感が出せるようにデザイナーを採用していく予定です。

阿部:現状は僕らだけでなく、エンジニアもデザインを担当しています。お客様と接することが多い僕がデザインをすることでお客様の業務に寄り添った形に落とし込むことができますし、エンジニアはエンジニアで、プロダクトとしての質をさらに高めるという観点からデザインできるという長所がありました。

これはデザインに限らずですが、やはり視点が違えば考え方も変わって来るので、意見を出し合って、より多くのお客様に使っていただけるような解を探ります。

尾花:議論が始まるとみんなめちゃくちゃしゃべるんですよ(笑)。誰でも自分の考えを主張できる社風なので。それで最終的には、責任者である阿部が決定するっていう形ですね。


ヒアリング結果をもとに週1で機能をバージョンアップ

――プロダクト開発において、重視していることは何ですか?

阿部:お客様の意見に耳を傾けて、業務を正しく理解することですね。いただいた意見を正しくエンジニアに伝えていくことで、メンバーの保険業界に関する知識が深まり、お客様に本当に欲しいと思ってもらえるプロダクトがつくれるようになります。そうするとお客様によろこんでいただけて、議論がさらに盛んになるという好循環ができていくんですよね。

――現場の声が反映されたシステムが求められていたということですか?

尾花:「変えられるなら今すぐにでも変えたい」という声もありますね。既存のシステムを使われてきたお客様にとって、自分の意見によって機能がアップデートされるなんてことは想像もしていなかったことなんだと思います。

阿部:従来のシステムに対しては、「見づらい」「使いにくい」「スピードが遅い」などの声をよく聞きます。その分、最初に「hokan®」をご覧いただくと、お客様の反応はすごく良いんですよ。だから導入いただく前提でどんな機能が必要なのかという話からスタートさせることができるんです。ここは競合他社と比べても当社の強みだと思いますね。

――バージョンアップは頻繁に行っているんですか?

阿部:週1回ペースで行っているので、お客様からも早いと言われますね。週ごとに翌週の開発計画を立てて、いただいた要望をそこに組み込むようにしています。

――直近でリリースされた「意向把握機能」について教えてください。

阿部:保険業法の改正により、保険代理店には一人ひとりに適した保険商品が提案できるよう、顧客の意向を記録することが義務付けられました。紙で行われてきたこの業務を電子化し、システムに意向を入力することで適した保険商品が表示されるようにしたのが、「意向把握機能」です。大きな保険代理店では年間6万枚もの意向把握シートを紙で管理しているというケースもあり、書類のチェックや保管の負荷削減になっています。

hokanのおかげで保険営業が変わったと言われるようになりたい

――阿部さんはプロダクトを育ててきた立場として、今の「hokan®」をどう感じていますか?

阿部:「このシステムはすごい」とお客様に評価していただけているので、自信を持って良いシステムだと言えますね。今はもう、このプロダクトを肴にお酒が飲めます(笑)。


――会社や「hokan®」の今後の展望を教えてください。

尾花:2つあって、会社をもっとスケールさせていきたいというのが1つ。もう1つは、プロダクトの価値をさらに上げるような開発をしていきたいですね。もしかしたら「hokan®」だけでなく、別のサービスを立ち上げる可能性もあるかもしれません。今後もより価値の高いものを生み出し、hokanのおかげで保険営業が変わったとか、もっと売れるようになったと言われるようになりたいと思います。

阿部:これまではセールス、PM、CS、デザインと幅広くやってきましたが、僕の中で暗黙知となっている部分を言語化して伝えていくことで人材を育て、今、尾花が話した展望が実現できる組織をつくっていきたいですね。

株式会社hokan's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more