This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

みんなで置かれた環境を楽しむ。コイニーならではの助け合いのチームワークセールス

heyの営業の仕事ってどんな感じなんだろう?コイニーでセールスのマネージャーを勤める勝谷文彦(かつや・のりひこ)さんにお話を聞きました。

実感のある仕事がしたくてコイニーへ



──以前は人事をやっていましたよね?

そうなんです。コイニーに入ったのは2014年なのですが、セールスや事業開発というポジションで仕事をしてました。その後人事も務めて、最近もう一度セールスに戻ってきました。

──もともと営業職をやっていたんですか?

そうですね。コイニーに入る前の前職でSEと営業の両方をやっていました。でもとても大きなSIの会社だったので同じセールスでもかなり違うものでした。



──それがどうしてコイニーに?

前の会社では、やっていることの実感がないなと思っていたんです。どこかの会社の基幹システムを作っても、自分の生活にはあまり関係がないじゃないですか。それに大きい会社って、偉くなればなればなるほどなんだか大変そうにしている。そういうのを見ていたら飛び出す決意が固まりました。コイニーを見つけた時、身近なサービスだということと、クレジットカード決済のサービスなので前職の知識や経験がある程度役立つのではないかと思い、入りたいと思ったんです。

──2014年と今では、セールスのやりかたも違いそうですね。

そうですね。2014年頃はまだ売り方も決まっていない状態で体当たりの営業をしていました。ベンチャーの大変さを味わいましたね。それが今では、インサイドセールスが5人、外回りをしているフィールドセールスメンバーがもうすぐ4人になる。さらに営業パートナーも数十社いるので圧倒的に大きい規模を狙えるようになりました。

──難易度も変わりましたか?

キャッシュレス市場の温度感が上がっていることやテレビCMをやっていることもあり、認知度が圧倒的に上がったので営業の難易度も変わったと思います。

目標はチームのものであり、みんなで達成するもの



──チームのお話も聞きたいです。どうやって仕事を進めていますか?

毎週定例でこれからどこを攻めるかや、相談などをざっくばらんに話しながらやることを決めています。定例には社長や役員も参加して一緒に考えています。チームメンバーとは週に1度自分と1on1もやっていて、悩みを聞いたり聞いてもらったり。助け合いながら進めているチームです。

──とはいえ営業って目標達成の競争でピリピリしたりしませんか?

目標の数字はチームにのっていて、それを割って個人に課すようなことをしていないんです。流通金額を目標数字として置いているんですが、売って終わりではなくその後どれくらい使ってもらえるかによって変わるので、一人の行動量が達成度合いにつながらないこともある。だから助け合いの雰囲気はふつうよりあると思います。それにチームには頼れる猛者たちがたくさんいるので安心です。自分が一番営業経験が短いくらいなんですよ。

──セールスチームの一番いいところってなんでしょう?

heyってカルチャー色が強くておしゃれなイメージがありませんか(笑)?そのなかでセールスチームはビジネスマンっぽいところがあるのでいいミックス具合だと思います。

──これからどんなチームにしたいですか?

置かれた環境を楽しみながら、前向きに仕事に向き合えるチームにしたいですね。目標数字も高いし、競合も多いので正直楽ではない環境です。でも、「難しいね〜」なんて言いながらみんなで達成する。そんな、チームワークが強いチームにしたいですね。

〜取材裏話〜

撮影のお天気がよすぎて、「もうインタビュー今度でいいんじゃないですか」なんて言っていたマイペース勝谷さん。営業職って厳しいイメージがあったけれどいつもチームを主語に話してくれたのが印象的でした。営業は好きなんだけど個人プレーに飽きてしまったという方、ぜひ!

ヘイ株式会社's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings