1
/
5

元人事が伝えたい!採用コンサル企業の魅力と難しさ

こんにちは!
HeaRのNXの大野です。
※HeaRでは人事部のことをNX(Nakama Experience)と呼んでいます。

今回は、HeaRのフィールドセールス(以下、FS)として働くきょうやんこと篠村恭太さんにインタビューしました!
篠村さんは”仕事に悩む若者を減らしたい”という熱い夢を持って、2021年8月HeaRにJOIN。なぜこの熱い夢を持つようになったのか。そして人事経験のある篠村さんがなぜ人事職ではなく、採用コンサルティングを行うHeaRを選んだのか。採用コンサルティングの魅力と難しさについてインタビューしました!

”仕事に悩む若者を減らしたい”熱い想いをもつ篠村さん

──まずはじめに篠村さんの自己紹介をお願いします!

 篠村恭太です。これまでに転職を5回経験し、現職のHeaRで6社目になります。新卒では東京の金融系企業に入社し、次に地元のベンチャー企業を経て会社経営を経験しました。さらにリクルートグループで広告営業、事業会社で事業開発や人事を経験し、HeaRにJOINしました。

──現在の業務内容を教えてほしいです!

 現在はFSを担当しています。インサイドセールス(以下、IS)チームが獲得したアポイントから、実際にクライアントとオンラインで商談し、採用コンサルティングなどをさせていただく業務です。セールスは短時間でクライアントの課題を見つけ、その解決策を伝える必要がありコンサル要素も非常に強い職種となっています。

──これまでいろんな経歴を辿ってきていますが、夢や目標はありますか?

 僕のWillは一言で表すと「仕事に悩む若者を減らす」ことです。僕自身、若手の時に苦い経験をしました。新卒1年目でいわゆる大手と呼ばれる会社に入社しましたが、入社からわずか7ヶ月で辞めてしまいました。その理由は、自分のキャリアを深く考えずに第一志望ではない企業に入社してしまったこと、また自分の幼さから職場の環境に適応できなかったことから仕事に対して否定的な気持ちを持ってしまい、辞める決断をしました。

 今でこそクライアントや仲間のために働くことが仕事の喜びに繋がるとわかるようになり、仕事に対して否定的な気持ちは無くなりました。また、”やりたいこと”と”やらなければいけないこと”がマッチしたとき、幸福度がすごく高まると考えているので、昔の僕のように仕事に否定的になっている人たちに対してこの仕事から得られる幸福を伝え続けたいです。そして仕事に悩む人を減らしていけるような仕事をしたいですし、そういう人でありたいというのが僕のWillであり、僕の夢です。


企業と学生のミスマッチを解消したい-人事から採用コンサルティングへ転職するキッカケ

──篠村さんがこれまでされていた社内人事の業務内容を教えて下さい

 会社によると思いますが、僕が前職の時に行っていた人事業務はとても領域が広かったです。入社時は新卒採用がメインミッションだったのですが、評価制度の刷新や教育制度・留学制度の設計もしました。さらには、有給取得などの労務的な業務、他部署や他事業部に跨った組織の根回しなど、表に出ない業務もしていました。新卒採用がミッションだったものの、バックオフィス全般の様々なことに挑戦させてもらいました。

──自身の夢に近づく新卒採用に携わっていたにも関わらず、なぜ転職を考え始めたのでしょうか?

 理由は2つあります。1つ目は企業と学生のミスマッチを解消したいと思ったことです。人事を始めた当初は、前職が僕にとって面白い会社だったので、この環境にマッチする方が入社すれば自分と同じように面白いと感じてくれるだろうと考えていました。しかし実際に採用活動をしていく中で、魅力的な学生と出会っても、人事は”自社とマッチするか否か”というジャッジしかできません。魅力的な学生に対してミスマッチの解消や他社の魅力を訴求することができなくてモヤモヤしていました。それをキッカケに多くの企業と学生のミスマッチを解消したいと思うようになりました。

 2つ目は”採用”をもっと突き詰めたいと思ったことです。自分の業務範囲が広がっていき、制度設計や労務の業務もするようになっていったのですが、僕はそこに強い関心はありませんでした。もっと”採用”や”キャリア”に尖った人材になっていきたいと考えたとき、前職にそのような環境はなかったので、転職を視野に入れ始めました。

 その上で採用コンサルティングという仕事に関心が高まっていきました。転職エージェントという選択肢もありましたが、自社と取引のある会社にしか紹介できない上に、「紹介して終わり」という業務内容は僕の目的と合わないと判断しました。それに対して、採用コンサルティングは”採用”というものに対して上流から関わることができ、多くの企業に採用支援ができることから僕の目的とマッチしているので、採用コンサルティングという仕事に転職しようと決めました。

HeaRとの運命的な出会い-クライアントからみたHeaRの魅力

──そんな中で、なぜHeaRを選んでくれたのでしょうか?

 HeaRを選んだ理由は既に接点があったことが大きく影響します。前職でHeaRに採用支援をしてもらう機会があり、HeaRの掲げるミッションや事業内容、どんな人が働いているかを一次情報として知っていたので自分がJOINした後の働くイメージがつきやすかったです。実際、転職を考えた会社はHeaRともう1社しかありませんでしたし、そのもう1社も「HeaRだよね」という確信を持つために受けただけなので、実質HeaRしか考えていませんでした。

 HeaRを最初に良いなと思ったのはクライアントとして商談に参加した時です。採用担当として仕事を始めたときに、HR系のサービスを提供している会社を調査していて、その中の1つがHeaRでした。その後、HeaRからの営業を受けた時に、インターン生がFSの担当をしてくれました。商談の中で、僕のお節介な性格からそのインターン生に対して「もっとこうしたらいいんじゃないか」とアドバイスをしたことがあります。するとインターン生はそのことをHeaR内に展開してくれたようで、翌日HeaR代表の大上から「篠村さんありがとうございます。本人はアドバイスをもらってとても喜んでいました」という連絡が届きました。この出来事からリアルタイムでそういったことを社内で共有できる文化がある上に、トップから担当者に直接伝えてきてくれるってすごく素敵なことだなと思いました。これをキッカケにこの会社に任せたいなとなり、クライアントとしてHeaRと契約しました。

──実はそのインターン生が私なのでこんなこと聞くのは恥ずかしいですが、HeaRに運命を感じていますか?

 めちゃめちゃ感じています(笑)大野さんの対応がなければ当時契約もなかったでしょうし、今こうしてHeaRで青春することもなかったんだろうなと思っています。

⇩篠村さんに営業をさせていただいた時の日報です


"良い意味で仕事に悩む人を増やせた" HeaRで感じるやりがい

──実際に採用コンサルティングの企業で働いてみて、自分の夢や目標に対して実現できたことはありますか?

 HeaRにJOINして、仕事って嫌だなと後ろ向きな人が前向きになる瞬間を作れたと思っています。入社当初は、キャリアトレーニングサービス”シゴトレ”で実際にユーザーのトレーナーを担当しました。”シゴトレ”のユーザーは様々な職種の方がいて、”シゴトレ”を通して、転職を成功された方がいたり、副業でキャリアの幅を広げられた方がいたり、学んだことを社内に展開してキャリアに活かす方など、様々な関わり方をさせていただきました。”良い意味で”仕事に悩む人を増やせたことは僕自身のやりがいに繋がり、すごく良かったなと思います。

 またクライアントの採用支援をさせていただくことで、よりマスに対するやりがいに繋がっているのではないかと思います。採用難易度の高いクライアントが目的の人材採用に成功した際には、企業側は事業成長につながる人材の採用ができていますし、候補者側は次のキャリアを作っていけるような目的の会社に出会うことができたのだろうと想像します。その時、間接的な関わりではあるものの、仕事に悩む人を減らせたと感じる瞬間かな思います。

"二人三脚でクライアントと経営を考える" 採用コンサルの難しさ

──逆に人事のときの方がもっとできたのにな・・・のような、採用コンサルティングならではの難しさはありますか?

 まず採用コンサルティングだからできることは、あらゆる業界の”採用”に関われることです。社内人事の場合、業界が限定的な上に、”採用”だけに特化できる人事は少ないと思います。それに対して、採用コンサルティングは、”採用”に特化した領域で幅広い業界に高い強度で課題解決していく仕事だと思います。

 その上で採用コンサルティングの難しい点は、”採用”という領域に限定しているために経営や事業まで深く関与しにくいことです。”採用”という仕事は組織にも、事業にも、経営にも紐づいているため、本来であれば経営者的な視点が必要な仕事だと考えます。その中で僕らがご支援できる領域はあくまで”採用”なので、その他の領域を改善する難しさがあります。

 しかしながら、僕たちが経営の方向性と乖離した採用活動をすることは本質的ではないため、クライアント企業と経営視点から二人三脚で取り組みたいと思っています。コンサルは知識の提供だけでなく人事の行動を変化させるために、時にリードし、時に伴走し、一緒に会社を成長させていくんだ!という意識が必要です。


──人事の仕事が採用コンサル企業で活きているなと思うことはありますか?

 人事の気持ちが手に取るようにわかるので、それを踏まえて考えられるのは社内人事の経験が活きている瞬間だなと思います。例えば、「業務の範囲が広く、とにかく忙しい」とか、「事業部から無責任に様々なことを頼まれる」など人事ならではの悩みにすごく共感できます。また、実は社長の次くらいに会社のことを考えているということも知っているので、それを知った上で採用成功のご支援をさせていただくというのは経験が活きているなと思います。

──そういった経験というのはFSでも活用しているのですか?

 FSでも活用しています。例えば、今の時期に23卒採用を継続されている会社の場合、「思ったより進捗が良くない!」「そろそろ24卒の準備もしなければいけない!」というような心理状況を理解できます。そのため、セールスの段階で状況をヒアリングし提案させていただいたり、それに加えて今のトレンドだったりを伝えることを意識しています。


"お節介で世話焼きな人がいい" 採用コンサルティングに向く人とは

──最後の質問なんですが、採用コンサルティングに向いている人ってどんな方だと思いますか?

 3つあります。1つ目は採用担当の経験がある人です。前述の通り人事の気持ちに共感できますし、これまで培った知識を活かすことができると思います。その中でも採用に特化したい人は採用コンサルティングに向いていると思います。人事業務の中でも、採用は唯一外向きの仕事になるので、あらゆる業界や職種の幅で採用に特化したい思いがある方は採用コンサルティングに向いていると感じます。

 2つ目は難しい課題に取り組むことが好きな人です。人事は自分の会社を経営者並みに考えながら採用活動に取り組んでいます。コンサルタントはそんな人事でも解決できない課題を解くためにご期待いただいていると思います。難しい課題を解かなければいけない、向き合い続けなければならない仕事です。そこに対してワクワクしながら課題を解決することが大好きだと思える人が向いていると思います。

 3つ目はお節介や世話好きな人です。採用コンサルタントはクライアントをリードしていくコミュニケーションをとる必要があります。人事はこういうことに困ってるんじゃないか、採用を成功させるには何かこういうことをしてあげるといいんじゃないか、などお節介だったり世話好きな方が感謝されるケースも多く、結果的に価値を発揮している方が多いと思います。

──ありがとうございました!

 篠村さんとの出会いが私を大きく成長させてくれたと言っても過言ではないです。
そんな運命的な出会いをした篠村さんがこれからもHeaRで青春し続けていけるように、記事を通してHeaRの魅力を伝えていけたらと思います!

 また、この記事を見てHeaRのことを知ってくださった、そこのあなたは私にとってすでに運命を感じる方です。少しでも興味を持ってくださったら、ぜひ「話を聞きに行きたい」反応をくださると嬉しいです!

HeaR株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from HeaR株式会社
If this story triggered your interest, have a chat with the team?