This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

JINEN-DO ノウハウ 3 「 短時間休憩は回復時間 」

今回は、休憩について書いてみます。

PLの体験セミナーでは、メンタルの方は、そうでない方に比較して疲れやすいこ
とをお伝えしています。私のイメージでは我々の1.5倍以上疲れやすそうです。

つまり我々と一緒に8時間働いた時には、彼らは12時間ぶんの疲れを感じている
と捉えると良いでしょう。なかなか大変そうですね。

またこれも、私の感想ですが、メルマガ読者の皆さんもお疲れではないですか(笑)
疲れからの回復はメンタルの方だけではなく、すべての方に重要なキーワードかも
知れませんね。

さて、疲れの正体は何か。
大きく3つあると言われています。

1、肉体の疲れ 
2、精神の疲れ
3、神経の疲れ

JINEN-DOでは2と3は一緒にするので、「肉体」 と 「精神」 の疲れが
あると解説しています。

肉体と精神の疲れに有効なものは一緒ではありません。それぞれに対する有効回
復策を書き出してみます。

<肉体疲労回復>
1)血流改善:ストレッチ(首・腰・肩・手足)、マッサージ、歩く など
2)リラックス:洗顔、肘まで手を洗う、深呼吸、仮眠、横になる など
3)栄養補給:ナッツ類、大豆食品、干し梅、果物 など
4)水分補給:水、お茶、炭酸水 など

<精神疲労回復>
1)五感を使う:映像・写真、音楽、アロマ、好きなタオル など
2)嗜好品:ジャスミンティ、コーヒー、タバコ、ミント など
3)関わり:ちょっとした会話、安心できる場所に居る など
4)リラックス:瞑想・目をつぶる など

JINEN-DOでは、プログラムの合間に短時間の休憩を挟みますが、その時
間は自由時間ではなく、後の後の業務に集中して取り組むために疲れを回復させ
る時間として定義し、利用者さんは上のものを組わせて過ごしています。

例えば、休憩になると席を離れて


  1. 最初の5分間で準備してあるスマホで音楽を聴きながら
  2. 横になり(机に突っ伏し)
  3. 目をつぶります
  4. 曲が終わると、起き上がり、少し歩き回りながら
  5. ストレッチやセルフマッサージをして
  6. 仲間と少し談笑し
  7. 最後に水分補給と
  8. ナッツを一粒口に入れて戻ってきます

読むと慌ただしく感じるかもしれませんが、習慣になっている彼らの動きはスム
ースで、焦りや頑張りとは無縁に感じられます。

いかがですか?
回復を目指す休憩はここまで進化します。

これができるようになった彼らは、そうそう疲れませんし、PLでもお話しした
エコモードに入りにくくなり、持てる能力を発揮できるようになります。

ただ一つだけご注意を。
この休憩、知識を与えるだけでは、うまくいきません。彼らがこれらを効果的に
やれるようになるにはいくつかのポイントがあります。

ご興味があれば、お尋ねください。
喜んで更なるノウハウの提供をさせて頂きます。

一般社団法人働くしあわせプロジェクト's job postings

Weekly ranking

Show other rankings