1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

変化する時代に問われる採用の形〜人事副部長が語るリファラル採用 Vol.1〜

現場の社員が知人・友人を会社に紹介する採用制度「リファラル採用」。Wizでも、いち早くこの制度を導入し、人事の枠を超えた採用におけるファンづくりを成功させています!

今回インタビューさせていただいたのは人事副部長を務める山内さん。人事最前線で今何が起きているのか、なぜリファラル採用が今必要なのかなど、全2回に分けてお届けします。まずは前編をぜひご覧ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プロフィール:
山内 友樹
人事採用部
副部長
Wiz設立メンバー(2012年4月入社)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

変化する時代に問われる採用の形

―現在の転職市場をどう見ていらっしゃいますか?

今、日本は人口減少により労働者が不足していますよね。そのため、転職市場への関心は年々高まってきています。そういった中で、転職者の意識も少しずつ変わってきており「安定志向からやりがい志向」へと変化しているように感じています。世の中が抱えるさまざまな問題を解決していく事業に興味を持ったり、自分がやりたいビジネスを事業展開しているかどうかを見定めたりと、自身のスキルやモチベーションを高めて成長性を実感できるような企業を求めて、就職活動をしている方が多くなってきているのではないでしょうか。

―採用側である企業は、その変化にどう対応しようとしているのでしょうか?

採用のレイヤーを今まで以上に上げています。つまり「量より質」ということですよね。僕たちも求人者の能力にプラスして一人ひとりの考え方や想いといった部分を大切にしています。より一層本人の内面を見極め、時代と共にWizの未来を考え成長していける人材を見つけていこうとしています。

出会えなかった人に出会えるリファラル採用

― そうした中、なぜWizはリファラル採用を積極的に展開していこうと思われたのですか?

Wizを立ち上げて8年。僕たちの会社はベンチャーでありまだまだ若いです。認知度をどんどん高めていかなくてはならないという課題があります。採用の現場でもいかに効率的に集客できるかが大きなポイントで、実際のところ従来の採用活動だけでは、定量定性の両面を攻めていけなくなってきました。


続きはこちらから♪♪


Vol.2はこちらをチェック♪♪

「一秒でも多くその人と一緒に仕事をしたい」と思える人を採用する〜人事副部長が語るリファラル採用 Vol.2〜 | INTERVIEW
【リファラルインタビュー】山内人事副部長が語る人事最前線!!(後編) ~リファラル採用は恋愛に近い!一秒でも多く一緒にいたいと思える人を~ | Wizm!(ワイズム) こんにちは広報PRの杉田です。 山内人事副部長が語る人事最前線!!(前編)では、転職市場の動きから見える求職者の心の変化やWizのリファラル採用制度についてお伺いしました。 後編では、Wizのリファラル採用の実績や、今後の課題、求める人物像など、山内さんの人事に対する熱い想いを語っていただきました。必見です! ━━━━━━━━━━━━━━━
https://www.wantedly.com/companies/grp-co-jp/post_articles/251748
株式会社Wiz's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more