1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

R&D から二次元コードリーダー消込を eGift System にリリースした話

こんにちは、はじめまして。去年の7月にギフティにジョインした松島です。

Contents Creation Division Product Unit 1 (以下:SaaS事業部)に所属しており、普段は eGift System を導入する企業様に合わせて機能を開発しています。 具体的に言いますと、eGift System というプラットフォームにおいて、お客様の要望から汎用的な機能を作り、特定の企業様のみならず他の企業様でも同様の機能を利用いただけるよう開発をしています。

eGift System は、機能追加や改善が継続して行われていますが、SaaS事業部内で R&D から新規機能をリリースする場合もあります。 この記事では、一例として「二次元コードリーダー消込」を取り上げたいと思います。 ※ 消込とはチケットを利用することです。

開発のきっかけ

二次元コードでの決済が流行っている昨今、ギフティのボードメンバーとマネージャーの中で、先を見据えた新たなチケットの消込方法を開発したいという話が挙がりました。 それまでの消込方法は、POSでのチケット読み取りや、パスコード入力、スタンプなどで、いずれも接触式の消込方法でした。 そこで、新しい非接触の消込方法として「二次元コードリーダー消込」を開発することになりました。

そもそも二次元コードリーダー消し込みって?

二次元コードリーダー消込とは、チケットから二次元コードリーダーを起動し、店舗に設置している二次元コードを読み取ることでチケットを利用できるものです。

続きはこちらから!

株式会社ギフティ's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more