This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

ポケモンカード世界大会出場・ポケモンGOe-sports大会の解説もしているポケモン大好きディレクターにインタビュー!!

GameWithの中でも人気の攻略タイトルであるポケモンシリーズでディレクターを務める榎本祐さん。実はポケモンカードの世界大会にも出場、ポケモンGOのe-sports大会の解説者など、ディレクター以外でも才能を発揮されているすごい人なんです!

今回はそんな榎本さんにインタビュー。GameWithの今後についてもお伺いしてみました。


GameWithに入社するまでの簡単な経歴や入社時期について教えてください。

2011年7月に入社しました。もうすぐ3年目を迎えます。アルバイトで入社し1年後に契約社員、そのまた1年後に正社員になりました。

入社するまでは組み込み系のエンジニアとして、電子タバコのプログラミングやコンサートで使用される心拍数によって色が変わる装飾などの開発に携わっていました。

触れる言語はC言語、Python、Unityです。今は作りたいという気持ちは薄れてしまったのですが、頑張ればゲームも作れます(笑)

しかしその後勤めていた企業は倒産。ちょうどポケモンGO がリリースされたタイミングで、時間もありましたのでポケモンGOのゲーム実況やYouTubeを個人で運営し始めました。

元々ポケモンカードのプレイヤーとしても活動しており、プレイ歴は20年ほどです。

世界大会にも2013年、2014年に出場しています。

最近ではポケモンGOのe-sports大会で解説もさせていただいています。

ポケモンどっぷりです(笑)


業務内容を教えてください!

GameWithでアップしている攻略コンテンツのディレクター業務がメインです。担当タイトルはポケモンGOとポケモンソードシールド(以下ポケモン剣盾)を担当しています。ポケモンGOについてはライターとして記事も書いています。ポケモン剣盾はディレクター業務のみです。

ディレクターとしての主な業務はライターへのタスク振りや担当タイトルのメディアグロース、記事検収など。担当ゲームタイトルの攻略コンテンツの責任者のようなイメージがわかりやすいと思います。

業務に従事する上で、情報発信に関しては特に責任を持ってやらせていただいてる自負があります。「できるだけ早く」かつ「ユーザーが知りたいことをキャッチアップ」して情報をまとめています。ポケモン関連は情報が多く大変ですが、GameWithの看板タイトルでもあるため、やりがいも大きいです。


入社は珍しい経緯と聞いたのですが具体的にはどういった形だったのですか?

たまたま『やまだちゃんねる』の山田さんとお知り合いになる機会があり、その後も交流がありました。とあるタイミングでGameWithがライターを募集をしているとのことをお伺いし、選考を受けて入社しました。


※榎本さんをGameWithに誘った山田さんのチャンネルはこちら


現在の業務のやりがいは何ですか?

SNSや直接お会いしたとき、ユーザーの方から「ありがとう」と言っていただけることが一番のやりがいです。

ポケモンGOというゲームは少し特殊です。というのもポケモンGO内で情報が完結してるわけではなく、Twitterのみでの発信 、公式英語サイトのみでの発信など、発表される場が決まっておらず情報がさまざまなところに散らばっています。そんなユーザーが把握しにくい情報を、「GameWithだけ見れば全て把握できるよ」という状態にすることを目標にして、日々コンテンツを作っています。


ポケモンというタイトルの魅力は何だと思いますか?

老若男女が世代を問わず遊べるところだと思います。大人も子供も同じ土俵に立てるので、共通の話題としてコミュニケーションの一端を担える数少ないタイトルではないかと思っています。

それこそ社内でもポケモンを通じて家族のコミュニケーションが増えてる方がいると聞いています。

またポケモンGOというタイトルの面白い部分でもありますが、

イベントやアップデートの発表があった後すぐに実装されるため、攻略メディアとしてはすぐに対応しなければならず体力的にしんどいときもあります。しかしその分「ありがとう」と言われることが嬉しいですし、やりがいにもなっています。



GameWithのいいなと思うところはありますか?

上の人に直接話を通しやすく、自分のアイディアをどこに伝えたらいいのかがはっきりしていて、かつ話しやすいところです。

担当タイトルの改善や新規施策の提案がしやすいのはGameWithの良さだと思います。

GameWith全体として、部門長クラスの方に話しかけやすく、雇用形態・役割・役職に関係なく意見をいえば適切にレスポンスが返ってくる環境というのはいいなと思っています。アルバイトだから意見が通らないといったことはありません。

私も提案を受ける側の立場でもありながら、自身で部門長にアイディアを出しています。積極的にチャレンジすることが好きなので、こういった環境で仕事に打ち込めるのは非常に楽しいです。


GameWithに入ったからこそやれたこと、実現できたことはありますか?

ポケモンGOだけはありますが、GameWithを情報サイトとして「これだけ見ていれば良い」という信頼度まで押し上げることが出来たことです。

ポケモンGOがリリースされた当時、デマやフェイク情報が頻繁に流れていました。そういた状況から、「GameWithだけ見ていれば正しい情報をいち早く知ること出来る」という状態を作れたのはGameWithの環境があったからこそだと思っています。


現在担当しているポケモンチームはどんな人が多いですか?

個人的にポケモンが大好きなメンバーが集まっていることもあり、プライドを持って仕事をしている人が多いですね。特にスピードへの意識とこだわりは強く持っており、ユーザーにいち早く正しい情報を提供することを非常に重要だと考えているメンバーばかりです。


GameWithの理念"ゲームをより楽しめる世界を創る"について榎本さんなりにどう解釈していますか?

ゲームに対して一定数が心に秘めている負の感情や固定概念のような壁を取っ払うものだと思っています。"ゲーマーだから"みたいな扱いを受けない。ゲームだろうがなんだろうが頑張っている人は頑張っています。そういうことを大事にしてるのだと思っています。

元々GameWithという攻略サイトが出来るまでは、ゲームをプレイしてお金を稼ぐということが世の中的に良しとされていなかったと思いますし、攻略コンテンツもあくまで出版社の話であったと思います。社会的地位が低いゲーマーの地位を日々向上させていくためのモチベーションの1つです。


GameWithのValueで誰よりも負けないと思っている項目はありますか?

“Best effort ,For customers”ですかね。GameWithはユーザーから信頼を得ていると認識していますが、ゲームメーカーとユーザーとの間に立って、不具合がある時などGameWithが発見して修正に協力することも可能だと思っています。

ユーザーに向けて発信することも大事ですが、「世界のゲームインフラ」になるという意味でゲームを作る側にも良い影響を与えていけるようなメディアにしていきたいです。


榎本さんが思うGameWithができること。

もしくは榎本さんがGameWithを通してチャレンジしてみたいことはありますか?

これはずっと社内で言い続けています!

ポケモン世界大会のレポートを記事にしたいです。

カードに限らず、ポケモンの世界大会はめちゃくちゃ面白いんです!ポケモン好きな人なら誰でも感動するぐらいのレベルだと思います。

それをどうにか日本でも、もっとさまざまな人に認知・体験してもらいたいと思っています。


これからGameWithに興味を持ってくださる方、特にライター・ディレクターに興味のある方に一言お願いします!

目標を持って仕事できる人と是非一緒に働きたいと思っています。

その目標に実現性がなくてもとことん目標に向かって頑張っていける人、

そんな人にGameWithに来てほしいと思っています!


本日はありがとうございました!


メディアディレクター
MAU3500万を超える最大級メディアの企画ディレクターやってみませんか
《創業5期目で東証マザーズ上場、7期目で東証一部へ市場変更、経団連へ加盟》 株式会社GameWithは六本木ヒルズ森タワーに本社を置く、2013年に創業した企業です。社名に「Game」とありますが、私たちはゲーム開発会社ではなく、業界最大級のトラフィックを誇る日本有数のWebメディアを運営するWebサービス会社です。 ゲーム攻略メディアからスタートし、現在は新作ゲームレビューや動画事業、コミュニティなどを展開し、それぞれ業界トップクラスへと成長させ、2017年に東証マザーズへ上場をし、 2019年8月に東証一部へ市場変更いたしました。 《主なサービス》 ・ゲーム攻略メディア運営 ・ゲームレビューメディア運営 ・動画配信 ・ユーザー向けのコミュニティ運営 ・ゲーム攻略アプリetc... *株式会社GameWith 公式ホームページhttps://gamewith.co.jp/ *ゲーム情報・攻略サイト 「GameWith」https://gamewith.jp/ 《目指すは世界のゲームインフラ》 今後は「世界のゲームインフラになる」というビジョンに基づき、ゲームを楽しむことに関わる全ての人たちのインフラのような存在を目指し、メディア事業にとどまることなく、 ゲームをより楽しむための、あらゆる事業領域に進出してまいります。
株式会社GameWith
株式会社GameWith's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings