1
/
5

社内インタビューvol.002【エンジニアを通じて、経営者になりたい】

大晦日まであと2週間を切り、年末年始の準備が忙しくなりつつある今日もFuture'I'Mark株式会社では新規インターンの受け入れを一年を通して行っております。

前回から始まった社内インタビューですが、よろしければぜひ前回のインタビュー記事もご覧ください。前回の記事はこちら

さて、第二回目の今回の記事でインタビューするのはエンジニアとしてインターンに参加中の森田竜之介さん。彼の目指す理想の姿とは?

フルスタックエンジニアを目指す理由

ーーーFuture'I'Mark株式会社でインターンを始めようと思ったきっかけはなんですか?

森田
僕が参加しているインターンは、募集がフルスタックエンジニアというエンジニアの職種で、コードをひたすら書き続けるだけとか、設計だけするとかではなく、フルスタックにいろんなことをこなしていくという職種です。
インターンを始めた理由はエンジニアとしての基礎力を高めたかったっていうのが大きいです。
まだここに来て1ヶ月半とかですけど、実際に働いてみるとエンジニアとしての基礎力の他にもITリテラシーが格段に向上しました。あと、単純にフルスタックって言葉の響きと意味がカッコいいからです。

ーーー大阪にご自宅があるのにわざわざ京都の企業を選んだ理由ってなんですか?

森田
ホームページに惹かれてしまいましたね。まるで書いてある文章やビジョンが僕をこの会社に惹きつけるためだけに作られたのか?というほどに魅力的に感じました。
あと、気になって社長のInstagramや他のSNSとか見て、「あ、この社長のもとで一緒に働くの絶対楽しいだろうな」って思って応募しました。



ITで世の中を変える経営者になりたい

ーーー将来の夢ってなんですか?

森田
将来は技術者の経験を活かして経営者になりたいです。今の自分ができることってとても限られていて、でもそこをどう工夫して自分の力に落とし込んでいくかが学生の間にできることだと思います。
いまエンジニアやっているのも将来自分が会社を立ち上げるときの幅を広げたいなって思ってやっています。

ーーーITって自分の言葉で説明するとどんな感じになりますか?

森田
僕の考えるITっていうのは対面ではないってことですね。ネット上で調べたいことやものが見つかったり、自動で動く機械やシステムを作ったり、一つの作業でコピーができて量産できるものですかね。労力を少なくして、多くのモノを得るっていうのがITだと思っています。



ベンチャーに適した人材とは?

ーーーFuture'I'Mark株式会社のイチオシポイントってありますか?

森田
社長と従業員の距離が近いってことですね。仕事の話はもちろん、プライベートの会話も気軽にできますし、困って質問したりすると丁寧に指導してくださったり、成長するための環境としてとてもいい場所だと思います。

ーーーどんな人が向いていると思いますか?

森田
自発的な人ですかね。これやれあれやれって言われてやるんじゃなくて、自分からこれどうですかって、自主的に動ける人が向いていると思います。

ーーー最後にインターンを始めようと思っている人に一言お願いします

森田
エンジニアって大変だけど、ここでは他では体験しにくいことがたくさんあります。一緒に働ける日を楽しみにしています。


編集後記
以上で第二回社内インタビューを終わります。最後まで読んでくださりありがとうございます。
Future'I'Mark株式会社では現状を変えたい・成長意欲の高い学生インターンを募集しています。もし少しでも興味を持っていただけたなら一度カジュアルにお話だけでもできればと思います。

Future'I'Mark株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more