This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

スタートアップアナリストが見据えるケップルの可能性

ケップルで働くメンバーによる、ブログリレー!
今回登場するのは、スタートアップのリサーチ行う「スタートアップアナリスト」である『二階堂 直樹

「真面目・誠実・愚直」

これら全ての言葉がぴったりとハマる硬派な男だが、これまで思い切った決断も繰り返してきた。
「リサーチ・資料作りが趣味」と豪語する生粋のアナリストが、愚直に歩んで来たこれまでの日々とケップルで目指すこれからの姿を語ってくれました。

初めまして、スタートアップのリサーチ業務などを担当している二階堂です。
ケップルでの主な担当業務は、未上場のベンチャー企業を中心にリサーチの業務をしたり、新規事業立ち上げに向けた準備など、今は主に土台作りの仕事を担当しています。

「安定」を求めたファーストキャリア

これまでの経歴を簡単にお伝えします。
私は高校卒業後、医療関係の事務職に就き、その後、金融関連のセミナー業の仕事を経て、現在に至ります。

一番最初に入社した会社は、『安定した仕事に就ければいいやー』くらいにしか考えずに就職していました。
数ある就職先の中から、勤務条件や福利厚生が充実している会社を適当に見つけて、事業内容もわかっていない状態で面接を申し込んでました。
ひどいもので、就職して新人研修を受けた後も、まだ何をしている会社なのかよくわかっていませんでしたね笑

その会社では7年ほど働きましたが、業務の多くは電話対応や資料作成など事務的な業務でした。
リストラもなく、きちんと残業代も支払われて、有給休暇まで取得できる、ホワイトな会社でしたが、『このまま何事もなく人生が終わってしまうなぁ』とぼんやり思い始めたことが辞めようと思ったきっかけでした。
7年勤めてもまだ25歳だったので、あの時だけは唯一自分が高卒でよかったなって思いました。

お客様と愚直に向き合い続けた日々

ちょうど、その時に通っていた金融関係のセミナーを開催している会社から、『よかったらウチで働いてみない?』と声が掛かって、そこで働くことにしました。
もともと金融のことに興味もありましたし、従業員が社長含めて3人しかいない会社だったので(前職は400人以上いました)、面白い経験ができるのではないかと感じて、転職を決断しました。

その会社での主な仕事は、株式投資による資産運用の考え方をお客様に伝えること。
投資の基礎に関する資料を作成して、講座でお伝えすることがメインの業務でしたが、その他にもマーケティング業務など、手広く携わることができました。

特に時間をかけてやっていたことがお客様の要望に合わせた資料作成でした。
平日はリモートワークで資料作成を中心に時間を使い、週末はセミナーでお客様に説明して、という日々をずっと繰り返して、とにかく時間さえあれば資料を作っている感じでした。
そのような業務を4年近く続けていたので、すっかり習慣化してしまいました。
今でも時間があれば何かしら資料を作っていて、資料作成が趣味になってしまいました。

この仕事おかげで、株価チャートや会社四季報の見方、財務諸表や有価証券報告書の見方など、株式投資に関する基礎的な知識は一通り学ぶことができました。
アウトプットを前提とした勉強が、物事を理解する上で非常に重要だということを仕事から学べたのは大きかったです。

自分の直感を信じて、ケップルへ

前職に不満があったわけではないですが、30歳までには辞めて『また新しいことをしよう!』と考えていたので、転職関連のサイトを色々覗いてたところ、Wantedly からケップルを見つけました。

事業内容を見てみると「FUNDBOARD」というベンチャー投資家向けのクラウドサービスを展開していて、直感的に『すごく将来性のある仕事をしている!』と感じたのを覚えています。

「FUNDBOARD」に将来性を感じた理由ですが・・・

株式会社ジャパンベンチャーリサーチの調べによると、ここ数年の国内スタートアップ資金調達額は以下のように毎年伸びています。
<スタートアップ資金調達額>
2013年:855億円
2014年:1,438億円
2015年:1,847億円
2016年:2,319億円
2017年:2,921億円

ケップルの開発する「FUNDBOARD」は、スタートアップなどに投資をするVCや事業会社の業務を支援するサービスなので、時代の波に乗ったサービスを展開していると言えます。また、とても専門性の高い領域になるので、参入障壁も高い、と感じました。

早速、Wantedlyの「話を聞きに行きたい」をエントリーして、話しを聞きに行きました。
当日は、担当者にケップルの事業内容や将来について、とてもわかりやすく説明してもらいました。

その日は『よかったら、2週間後にまた来てください』と言われて、1度目の面談は終わりました。
その2週間の間に、他の会社も数社話しを聞きに行きましたが、ケップルより魅力的な会社は見つけられなかったですね笑

2度目の面談では、代表の神先と直接話をしました。
お互いについての話をした後、ふいに『ウチで働く気ある?』と聞かれ、「あります」って答えたら、「採用!」と言われました。

その場で採用が決まったのには驚きでしたが、とても嬉しかったですね。

ケップルで目指す「最高品質」

9月に入社をして、早いもので2ヶ月が経過しました。

2ヶ月働いてみて、特に強く感じたケップルの印象は次の3つでした。
・精神的に落ち着いた大人なメンバー
・経営者との距離がとても近い
・全然ブラックじゃない笑

ケップルにジョインして最初に感じた印象は、一般的なベンチャー企業のイメージである競争主義やブラック企業の要素が全然ないところでした。
社内の雰囲気もとても落ち着いていて、とても働きやすい環境です。

もし、このページを読んでいるあなたが、『他社にはない質の高いサービスを提供している成長企業で働きたい』と考えているのなら、ケップルはとても適した会社だと思います。

私は何か特定された分野に対して徹底的に磨き上げ、最高のものにすることに強く興味を持つタイプなので、これまでの経験を活かして、ケップルの成長に向けて尽力したいと考えています。

ケップルに少しでも興味を持っていただけたら、ぜひ、気軽に「話を聞きに行きたい」をクリックしてくださいね!

株式会社ケップル's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings