1
/
5

大手→ベンチャー→起業と経験してきた彼が、次のキャリアとして地域教育に挑む理由。

Education Div. Director / 豊後高田team
1994年生まれ。山梨県出身。
立教大学に入学。大学を卒業後、楽天株式会社(現:楽天グループ株式会社)に就職。約2年間、楽天トラベルのコンサルタント営業に従事。その後、ベンチャー企業での経験をしたいという思いを持ち、株式会社クラウドワークスに入社し、出向という形で立ち上げ期の子会社でセールス職に従事。その後、友人と広告代理店を立ち上げ2年間ほど経営に携わり、2022年8月にFounding Baseにジョイン。Education Div. Directorとして、豊後高田市で学びの21世紀塾「うみね」のスタッフを務めている。

よく食べ、よく寝た幼少期

私が生まれた地域は山や川に囲まれた、自然しかないような、これぞ田舎!というような場所でした。
幼少期は祖母がよく面倒を見てくれて、食いしん坊だった私にとにかく食べ物を与え続けてくれました。そして、寝ることも大好きだった私は”食べる”と”寝る”をひたすら繰り返すようなとても幸せな生活を送っていました。その結果、大福のようにまるまると太り、小学校を卒業するまではその体型を維持していました。

両親からは運動を勧められ、水泳を始めましたが、自分の身体に自信がなく、シャイだった私はいつもお腹を引っ込ませながら水泳教室に通っていました。結局そんな水泳は長く続きませんでした笑

柔道と過ごした13年間

水泳を辞めてから数ヶ月後、親から唐突に「体大きくて力があるんだから相撲か柔道をしなさい」と言われ、自分の裸をさらけ出す相撲という選択肢は一瞬で消え、小学校4年生頃から柔道を始めることになりました。

柔道を始めたときは、力持ちだったため多少の自信がありましたが、実際は自分より身体の小さな子や力の弱い女子に負けてしまいとても衝撃を受けたのを覚えています。それでも人を投げれたときの快感がクセになり、気づいたら柔道が好きになっていました。
稽古を重ねれば重ねただけ強くなっていく自分に心身共に自信がついていき、小学校を卒業する頃には柔道をずっと続けていきたいと思うようになっていました。

中学校や高校では県大会で優勝なども経験しましたが、全国大会がかかった大事な試合ではいつも勝ちきれず、悔しい思いをたくさんしました。気持ちの弱さが柔道をやっていた時の最大の課題になっていました。それでも日々の稽古を乗り越えてきた経験は今でも大きな糧となっています。
そして何よりも小学校から大学まで13年間の柔道を通して出会った人はかけがえのない一生の宝となりました。

新しいことに触れた大学生活

大学入学を決め、初めて田舎から上京することになり、憧れの東京生活がスタートしました。
大学でも柔道部に所属しましたが、高校時代と比べると自由な時間が多く、授業以外にもアルバイトや留学、ボランティアなど様々な経験をすることが出来ました。

昔から子供が好きで、大学で募集していた子供キャンプのボランティアに参加し、子供たちが短期間で成長する様に感動したり、
海外で生活してみたいという夢を叶えるために、3ヶ月間アメリカに語学留学に行き、色々な国の人たちと関わって様々な価値観を学んだ経験など、それまで出来なかった柔道以外の新しい経験を積むことが出来ました。

社会人時代

大学時代にやりたいことが決まっていなかった私は、「事業展開の幅広さ」に魅力を感じ楽天に入社しました。研修後の辞令でトラベル事業部への配属が決まり、宿泊施設への集客コンサルや広告営業などをメインに行っていました。そこから顧客との関わり方や課題解決の提案など営業の基本をたくさん学びました。
しかし、営業として「楽天」という大きなブランドの力に頼っている部分も少なからずあり、より自分自身の営業力で戦える場所でチャレンジしたいという理由から転職を決意しました。

そのタイミングで子会社の立ち上げフェーズだった株式会社クラウドワークスに転職しフィールドセールスとしてジョインしましたその会社では上司や同僚に恵まれ、仕事を楽しむことができました。
入社半年を過ぎたあたりから徐々に営業成績も上がり、仕事への満足感が大きくなっていったのを覚えています。

この転職を通して自分自身が大きく変わったと思える点は「考える力」です。私はそれまで何事にもあまり疑問を持たずに行動をすることが多く、顧客が言うことをそのまま鵜呑みにして、深掘りもせずに表面的な課題のみで提案をしていました。
常に上司から「考えていますか?」という言葉を投げかけられ、次第に考えることを意識できるようになり、何事に対しても「それって本当にそうだっけ?」と考えるようになりました。

仕事も成果が出始めたタイミングで知人から起業の誘いを受け、広告代理店を立ち上げました。何もない状況からサービスを作っていく上で、スキル不足や資金不足など様々な課題がある中で刺激のある日々を送ることが出来ました。

新卒から今まで、約5年間という短い社会人経験の中で、大企業からベンチャー企業、そして起業まで携わることが出来たのは、自分の好奇心やチャレンジ精神の部分もありますが、それよりも私を支えてくれたり応援してくれる誰かがいてくれたからこそだと思っており、本当に周りの人に恵まれていたなと改めて実感しています。

これから

FondingBaseへ入社を決めたきっかけは、未来を支える子供たちを育てる事業や、街の魅力を最大限に引き出す事業など社会貢献性の高さに加え、「自由」をアップデートするというミッションに強く共感できたためです。

特に教育事業では、子供たちの選択肢を広げ、自分達の意志で道を進んでいける環境をつくる活動をしていることを知り、強く共感しました。
私自身の過去の経験から子供の時期に多くの選択肢を得られる環境は絶対に必要で、特に地方においては情報格差が進んでしまっている現実を変えていきたいと思い教育事業での入社を決意しました。
教育に関しては今まで経験してこなかった領域で新たなチャレンジとなりますが、一人でも多くの子供の可能性を広げられるよう全力で取り組んでいきます。

株式会社FoundingBase's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings