1
/
5

CINEMATO Service Introduction Movie 2020

皆さんこんにちは!!

動画マーケティング事業部の福田です。

最近ますます世の中がコロナについてのニュースで溢れかえってきましたね。。

この大きな社会の変化と共に私含め多くのみなさんも日々どうやって自社のサービスやプロダクトをユーザーに届けることができるのか?

どうすれば1人でも多くの「世の中の痛み」(弊社では課題のことを痛みと呼んだりしています)を解決することができるのか?について考え実行しています。

そうした中で私たちCINEMATOに限らず、日本中の多くの企業がオンラインでの営業活動を新たに考え直しながら、

ウェビナーを行ったり

youtubeコンテンツを発信したりと

時代の変化と共に新たな施策に取り組んでいます。

特に営業活動についてはこの数ヶ月間CINEMATOメンバー間でも頻繁に議題に挙がることがありました。

オンラインセールスで何か今自分達ができることはないか?

どうすれば動画プランナーであるメンバーが日々の営業活動でより良い価値提供ができるのか?

6人で構成されたチームで何度もディスカッションを重ねました。

CINEMATOは毎週金曜日にzoomミーティングで定例を行うのですが、

そこで上下関係なくそれぞれがそれぞれの意見やアイデアを出し合う機会を設けています。

いつかの定例会の中で

「CINEMATOのサービス紹介動画欲しくない_?」と意見が出てからはや数ヶ月、

ついにCINEMATOサービス紹介動画が完成したので、今回は簡単にサービス動画の紹介をしたいと思います。

(拍手!!!!!!!)

前置きが長くなりました。笑




今回サービス紹介動画を制作した目的

前提として、動画マーケティングの会社が自社のサービス紹介動画を作っているところはみなさんも今まであまり見たことがないのではないしょうか?

そこで、まずは今回サービス紹介動画を制作した目的を書いていきたいと思います。

1つ目は「営業の効率化」

まだまだ「動画マーケティング」という言葉を聞いてなかなかイメージが湧かない方が多い中で、

まずはこのサービス紹介動画をクライアント様に見ていただくことによって動画マーケティングはなんぞやというところに対して理解していただくことができます。そして、サービスの紹介を行う機会が多いプランナー陣がサービス紹介動画を多くの場面で活用することによってサービスを効率良くクライアントに知っていただくことができます。最近では新たにFacebook広告で弊社のサービス紹介動画を配信してCVRが上がったという結果も出ています。(わーい)


2つ目は「CINEMATO」について知っていただけるということです

私たちは受託サービスを提供していることやスタートアップという観点から、なかなか他社との違いというものを表すことは難しいと思っています。 だからこそ言葉ではなかなか俯瞰的に捉えることができない動画マーケティングというもの、そしてCINEMATOの強みというものをわかりやすくユーザーにイメージしていただくためにも、 言葉だけでは伝わりにくい部分を動画という手段を使ってSNSや商談の場、広告配信、メールマーケ、セミナーといった様々な場面でサービスに触れていただく機会を提供しています。


3つ目は「オンラインセールスの成約率を上げる」ということです

もちろんサービス紹介動画を見ていただくだけでは Online sales の成約率は上がるとは思っていません。本質的にはサービスについて理解をしていただき、営業活動において動画という一種情報量が多いものでビジュアルや理解訴求をすることで、商談の印象や信頼を担保することができます。

用途

動画の用途はたくさんありますがその中でもいくつかご紹介させていただきます。

1つ目は「自社の Web ページ」

サイトに訪れたユーザーに対して「わかりやすく」「感覚的に」にサービスの概要を伝えることができます。

2つ目は「訪問前メール」

多くの新規クライアント様とお話をさせていただく中で自分たちが「何者」なのかというものを知っていただくためにも、事前にメール内に自社のサービス紹介動画を組み込むことによって、担当者様もCINEMATOはどんな課題を解決してくれるのか?についてイメージを膨らませることができます。

3つ目は「商談の導入」

先ほどの動画制作の目的でも記した通り、アイスブレイクや自社のサービスの紹介の話をする際に動画を使って理解と信頼を訴求することができます。

4つ目は「セミナーの冒頭」

現在多くの方々がセミナーを行っていると思いますが、セミナーの最初に自分たちはどんな会社なのか?どんなサービスを提供しているのか?について動画を自己紹介の代わりとして活用することができます。

今回動画にいれた構成要素

少し真面目な話になりますが動画は「構成」と「演出」で成り立っています。

その中でも今回動画をディレクションしていく上で考慮した構成要素をいくつか紹介します。

・CINEMATOの概念

・概念は具体的に何か?自分たちの提供する価値は何か?

・実績

・なぜこのCINEMATO事業は存在するのか?→ WHYの部分にフォーカス

・VISIONを引き出す動画にしたい!

・企業が持っている根源的なアイデアや価値

・「動画コンテンツマーケ」を実行することでユーザーの「共感」を創造する!

他にも多くの要素がありますが、動画を制作していく上での事業に対する想いが構成要素として詰まりに詰まった動画になります。


CINEMATO実績

ここまで自社のサービス紹介の動画のお話になりましたが、その他にも私達が日々ご支援させていただいている企業様の動画事例をご紹介致します。

  1. freee株式会社様


個人事業主からエンタープライズまで幅広い領域においてクラウド会計ソフトや人事労務ソフトを提供し、顧客のバックオフィス業務全般を支援しているfreee様。

そんなfreee様の事業特性や今後の市場成長、カルチャーなどの会社紹介を動画でまとめた会社紹介動画にります。主にIRや、会社紹介の際などにこちらの動画を使用されています。


2. 独立行政法人中小企業基盤整備機構様



中小企業基盤整備機構様は、国の中小企業政策の実施機関として、起業・創業期から成長期、成熟期に至るまで、企業の成長ステージに合わせた様々なソリューションを提供している独立行政法人になります。

今回はWEBee Campusのサービス紹介動画の企画・制作を担当。
理解目的で動画制作を行なったため、完全視聴を狙うことに注力をしました。
そのために、映像を極力動かすことに意識したことによって動画にスピード感が生まれ、視聴者が完全視聴しやすい出来上がりとなりました。


3. 株式会社ジンジブ様 ジョブドラフトコンセプト動画

大学生新卒と比べ、多くのしがらみが未だ残っている高校生新卒の就職・採用を変えたいという思いから高校生新卒の就職・採用プラットフォームのジョブドラフトを企画運営している企業様になります。

今回CINEMATOはジョブドラフトの学生向けWeb CMの企画、制作を担当しました。
コンセプトは「勧められた会社に決めた。働くのは誰か考えた。」
高校生は先生から勧められた会社に就職するのが一般的になってしまっている現状がありますよね。
これに対して、疑問を持たなくなってしまっている高校生に
もう一度自身の就職活動を考え直してほしいという思いでこのコンセプトを策定しました。
高校生の就職活動の実態と、心境の変化が明確にわかるよう二部構成の動画に仕上げています。

最後に

みなさんいかがでしたでしょうか?

今回はいつも自分が書く記事とは少し違った堅い感じの内容となってしまいましたが、時には事業の紹介をさせてください。笑

今回の動画を見ていただいて

「もっとCINEMATOの業務について知りたい!!」

「私たちも自社のサービス動画を作りたい!!」

「この動画誰がディレクションしたのか気になる!!」

などなど何でもご質問や興味を持っていただけた方は是非下記CINEMATOサイトからお気軽にお問い合わせください!

最後にメンバーについて興味を持っていただけた方はこんな記事を読んでいただけるとCINEMATOの魅力が伝わるかもしれません。




入社5ヶ月のメンバーが先輩メンバーに感じていた心の声を恐れも知らず書いてみた!W | 飾らずにありのままつぶやいてみる。
こんにちは!!! 株式会社EXIDEAの動画マーケティング事業部のプランナーをやっております、福田です。 私は現在... なんて書き出すともう既に良い感じの文章書かなきゃいけないと思考がそっちの方へ向いてしまっているので早速軌道修正します。笑 タイトルの通り、 今回は「 心の声 」なので、出来るだけ思っていることをそのまま文章に落とし込んでいきたいと思います。 もう一度言います。 「 心の声 」です。 (保険をかけています) はい。 なんだかんだで早くもあっという間に入社して5ヶ月が経ちました。 あっっっ
https://www.wantedly.com/companies/exidea/post_articles/254576



★CINEMATOサイト


株式会社EXIDEA's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more