1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

メールすらまともに書けなかったインターン体験記

きっかけ

 僕は現在大学三年生で、人材事業を行うエボラブルアジアエージェントにインターンとして入社してから約3ヵ月経ちます。応募したのが大学二年生の春休みですから、周りに比べると早かったと思います。“インターンは早ければ早いほどいい”という話を聞いていたので、とりあえずWantedlyのアプリをダウンロードしてインターン募集を探してみました。いわゆる大企業のインターンではなく、ベンチャーで海外と関わる仕事がしてみたい、と思っていた僕の目にEVOLABLE ASIAの募集が飛び込んできました。会社について調べていくうちに、“ここで働きたい”という気持ちが増していきました。面接では自分の中で明確にやりたいことが固まっていなかったこともあり、あまり上手に喋れませんでしたが、一人目のインターン生として採用していただきました。

成長

 働き始めた頃は、日々のメール対応業務ですら敬語の使い方がなっておらず何度も修正されました。「自分は今まで必死に勉強してきたし、名のある大学にも入れた。仕事もその辺の学生よりはできる自信がある。」なんて愚かだったのか。メールの文面も一から教えてもらわないと書けないなんて、会社にとってマイナスでしかない。それに気付かされた僕は、もう腹をくくって自分にできることを必死に増やしていくしかない、そう決めました。僕に社会的常識がなかったのが何よりの問題ですが、何も知らない状態で就職していたら、大恥をかいていたかもしれない…と考えると、今でも背筋が凍ります。そんな僕に呆れずに仕事を任せてもらえる会社のおかげで、メール業務は問題なくこなせるようになりました。(笑)

やっていること

 現在僕がしている仕事は、候補者のメール対応、会社HP更新作業、外国人候補者との面接練習、コラム作成など多岐に渡ります(インターン応募ページに載っている業務は大体します)。お給料も出していただいているのでアルバイト感覚で働くこともできます。仕事が常にある状態で、手を付けられていない業務もあり、自分の効率の悪さに絶望しながらも、仕事を無事こなせた時には評価され、ミスした時には叱ってもらえる、そんな会社で働けていることが今は何よりの財産です。

インターンをする意味

 インターンとはそもそも“就業体験”という意味です。実際その会社でどんな風に働くのかを“体験”することです。今の日本では企業とのパイプ作りという目的でされることも多いですが、僕には本来の意味でのインターンをしている実感があります。インターン生だから…という扱いを受けたことは一度もなく、一社員として仕事を任せてもらっています。特に新プロジェクトに参加して、自分の提案したアイデアが採用された時の達成感はこの会社でないと得られなかったものです。

 現在インターン生は僕一人だけですが、少人数体制のアットホームな雰囲気で優しく尊敬できる素晴らしい方たちと働いているおかげで寂しくありません。が、一人でする仕事には限界があるのでベンチャーで働いてみたいという方はぜひ応募してみてください!僕のように少し気になる…という方でも大丈夫です!お待ちしております!

EVOLABLE ASIA's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more