This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

経験豊富なマネージャーが平均年齢27歳のベンチャーに入社した理由とは

こんにちは、広報担当の児島です。

今回は、2018年10月にADマーケティング部に入社した中川課長にインタビューさせて頂きました。



今までの経歴を教えて下さい。

大学卒業後、サービス業に従事し、その後、電話回線の営業、雑誌編集、士業専門コンサル会社で紙媒体の営業・マネジメントを経て、ファインズに入社しました。

様々なご経験をされてますね!なぜファインズに入社をしたんでしょうか?

前職で紙媒体の営業職を経験して、次のキャリアステップを考えた時に、主流になってきているネット広告に携わって、キャリアアップを図りたいと思ったのがきっかけです。まずは仕組みを知るということで、ファインズではWEB広告の運用・フォローの仕事を選びました。

若い人が多いファインズに入社することに戸惑いはなかったですか?またWEB広告の運用であれば他にも選択肢があったと思うんですが、なぜファインズを選んだのでしょうか?

前職でも若い方が多く、その経験もあり慣れていたので、飛び込むことに戸惑いは全くなかったですね。むこう側が思うことはあっても僕は抵抗がなくて、むしろ若くてフレッシュでいいなと感じてました。また、ファインズではまだ組織が完成してなく、今までのマネジメントの経験を生かして組織作りに携われるというのも決めた理由の1つです。

今の組織の課題を教えて下さい。

課題としては、マネージャーの底上げです。取り組みとしてまずは土台作りをしています。イメージとしては自分の分身となるマネージャーを輩出することです。私がマネジメントで大事にしていることは、小さい子でも伝わるような言い方をすることです。この方にはどうすれば伝わるか、どうすれば理解されられるかを常に考えています。あとは、目先の業務をやる理由、意義をしっかり伝えて腹落ちさせるということを心掛けております。

仕事をする上で心がけていることは何ですか?

仕事でもプライベートでも良いと思ったことはシェアしていきたいので、常に相手に伝えるということを意識しています。

あとは楽しいことを見つけることです。最近の話でいうとファミレスで仕事をしていた時に、横に美容部員の方と営業の方が話していて、展示会で出す催し物の提案や打ち合わせをしていたんですね。他業種の方の話なので聞き入ってしまい、僕までワクワクしました。(笑)

仕事って大変なことがほとんどですが、その中で楽しいことを見つけていけたらいいですね。

今後の目標を教えて下さい。

自分も自分に関わる人全ての人をより豊かにしていきたいと思っています。

最後に求職者の方にメッセージをお願いします。

ファインズはやった分だけ跳ね返りがあるチャンスが多い会社です。

まだまだ発展途上ではありますが、「自ら学ぶ、考える、行動する」ことが出来る方には最適な環境です。いっしょに会社の未来を作っていきましょう!

中川課長、貴重なお話ありがとうございました!


株式会社ファインズ's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more