1
/
5

【ドワンゴ働き方レポート|デザイナー】エンドユーザーとの距離が近く、デザイナーとしてモチベーションがあがります。

◆自己紹介

生放送デザインセクションの森田七星です。                           新卒でこちらの部署に配属されました。所属している生放送デザインセクションではニコニコ生放送に関するUIやグラフィックを担っていて、私はwebチームでバナー制作やノベルティ制作を担当しながら少しづつUIデザイン業務にも携わっています。

◆働きやすさについて

リモートワークのフレックスタイム制で働いています。自分に合った時間に業務を始められて、その日の自分のタスクに合わせて休憩なども取ることができます。作業で煮詰まってきたなと感じた時は休憩し、リフレッシュすることでON/OFFの切り替えがスムーズになり、より作業に集中できています。自分が一番集中できる時間帯を選べるというのが大きな利点です。

また、入社前はリモートワークでコミュニケーション不足が起きないかと不安に思っていました。実際は的確にフォローしていただき不安もありません。かえって慣れた環境で始めから業務ができたのが自分に合っていたと感じています。

◆仕事のやりがい

私がデザイナーとして担当した初案件で、イベント参加でもらえる景品を制作した際、多くのユーザーに反応をいただけたことで、エンドユーザーとの距離の近さを体感しました。自分の制作した物を見たことでイベントに関心を持ってくれたり、可愛いという声を聞くことができたりと、デザインによってユーザーの行動を変えるきっかけを作ることができたと感じられ、モチベーションも上がり良い経験になりました。

◆社内制度・福利厚生について

仕事と生活のバランスがとりやすいと感じています。有給取得がしやすいのはもちろん、、実際に部署内でも、生活に合わせ時短勤務をされているデザイナーの先輩方がいたり、他の職種の方にも、フレックスを利用し、お子さんのお迎えで少し離席してその後業務を再開する方もいらっしゃったりと、日常的に制度を利用しながら、無理なく、仕事と生活とのバランスを取ることができる環境が整っていると実感しています。

◆ドワンゴを志望される方へメッセージ

ドワンゴのデザイナーは一年目から幅広い物作りを経験することができます。さらに関心があることや、伸ばしていきたいスキルに合わせてどんどん挑戦させてもらえるのがとても刺激になっています。業務で何か不安があってもすぐに質問しやすい環境なので経験のないことにも臆せずに挑戦できます!

株式会社ドワンゴ's job postings

Weekly ranking

Show other rankings