1
/
5

入社後4ヶ月で取締役CFOに就任!ハイスピードで成長する企業を支える秘訣に迫る!

ドクターズ初のストーリー投稿では現在取締役CFOを務める井上誠士さんにお話を伺いました。

ドクターズ入社直後に株式会社スズケン様との資本業務提携プロジェクトに成功し、ハイスピードで取締役へ就任した井上さんのこれまでと、今後の事業に対する思いに迫ります!

本質志向のサービスに挑戦したいと考えて決めたドクターズへの転職

ーードクターズ入社以前はどんな会社にいらっしゃったのですか?

ドクターズの前は上場前のスタートアップの企業で経営企画、経理の仕事をしていました。業務量がとにかく多く忙しかったですが、スタートアップならではの成長や変化のスピードを感じながら自分自身の経験値を高めておりました。

ーー元いた会社からドクターズへの転職を考えたきっかけはなんだったのでしょう?

もともと転職を深く考えているわけではありませんでしたが、エージェントから頂く情報の中である時に目についたのがドクターズでした。直感で、面白そうだなという感覚があり一度話を聞いてみようと思ったんです。

ーーなるほど、それで実際に現在CEOの柳川さん、COOの伊東さんとお話しすることになったんですね。お二人と実際に会った時はどのようなお話をされたんですか?

柳川や伊東が以前にどんなことをやってきて、ドクターズの創業はどういうきっかけでスタートしたのか。あとは今後ドクターズが成長する上で抱えている現在の課題や、私が実際に働くことで貢献できる部分の確認を多くしました。

二人の話を聞く中で、医療業界の問題について安易に表面的な問題を解決しようとするのではなく、実際の医療現場で活用されるサービスを作り出すという『本質』だけを見て真っ直ぐに進んでいくビジネスと推進しようとするビジネスモデルに大きな魅力を感じていましたね。

ーーなるほど、その時にお話ししたことで井上さんの気持ちがドクターズへの転職へ向いたということなんですね。

はい。純粋にやりたいという気持ちが強くなりました。現職に不満があるわけではなかったのですが、なぜここにいるのか?と聞かれるとドクターズにいる自分のほうが自分らしいというように思いました。貢献できることも挑戦できることもあり、まさにタイミングは今しかないと。

ドクターズが抱える課題に対して貢献ができるという自信を持って達成した、業界最大手会社との提携。

ーー入社後はどのような仕事をなさっていたのでしょう?

元からCFO候補での入社だったので、経理・財務を中心にコーポレート周りを整理していくことからスタートしました。すぐに株式会社スズケン様との資本業務提携プロジェクトも走り、ここを任せて頂いたのは自分にとっては大きかったです。少し専門的な仕組みの構築もあったので自分に話がきたことはラッキーでした。

ーースズケン様と言えば業界でも最大手と世間では部類される企業だと思います。ドクターズの命運を分けるような大きな業務提携だったのではないかと思いますが、実際に提携に至るためにどのようなことを行ってきたのですか?

スケジュールも実際非常にタイトで、法律的にもテクニカルな要素が多い案件ではありました。それまでやったことのない業務で分からないこともたくさんありましたが、法務のスペシャリストやファイナンスの専門家、その他様々な分野の専門家と連携して、常に頭の中ではスズケンさんとの業務提携のことばかり考えていましたね。

最終的に無事やり遂げることができたのは自分の中でとても大きいことで、自信になりました。入社後4ヶ月で取締役を務めさせていただくことになったのもこの案件があったからです。

ーー取締役になってから現在まではどんな仕事に携わっていらっしゃるんですか?

資本政策や事業計画など、経験したこともない仕事にも携わらせてもらっています。

今は、中期経営計画の策定や上場に向けての準備等の経営企画業務に加えバックオフィス業務等も任されていますね。取締役に就任したこともあり、経営者マインドで仕事ができるのでやりがいを強く感じています。

ーー社員から取締役になって、実際に変わったことや戸惑ったことなどはありますか?

強いて挙げるとすれば、従業員との目線合わせの部分ですね。取締役として会社を引っ張る立場だからこそ、今後の指針については正確に伝えていかなければならないと感じています。また、発展途上の会社であるということもあって、役割分担が明確になっていない中での大変さというのはあるかもしれません。

ーーその中で井上さんが成長したと感じるところはどこですか?

私は昨年10月からジョインしてまだ半年ですが、経営者としての視点を持つことやスピードという点では成長を感じます。この会社のこのフェーズでは社員のお悩み相談みたいなものも多くあります。前職の会計士の仕事とは全く異なるマネジメントという視点が身につきました。おそらく自身がチャレンジできる幅は自然と広がったかと思います。


圧倒的成果を上げるCFOが考える、成長を続けるドクターズに今後必要な人物とは?

ーー現在取締役として会社の業務に携わっていると思いますが、今後会社が更に拡大していく中での井上さんご自身の目標などについてお聞かせください!

私自身はそこまで強烈なビジョンを持つタイプではないのですが、柳川と伊東という2人が掲げる世界をCFOという立場から実現に貢献したいと思っています。

ーー他の企業にはないドクターズの魅力とはどのようなところなのでしょう?

一つ私が強く感じているのは、CEOである柳川との距離が近いところですね。まだまだ人数も少ないので、戦略的なところは直接柳川とディスカッションできるのは面白いです。また、各専門家と連携をし会社を動かせること、どういう意思決定をしていくかのスピード感についてもやりがいを感じます。

ーードクターズに入ってくる人が持っておくべきマインドなどはありますか?

大きく二点あると思います。

一つは、ポジティブであることです。構えてしまったり、それは無理と考えてしまいがちの人は厳しいですね。どんなに忙しくて手が回らないという状況であったとしても、それを楽しむということが大切だと思います。

二つ目は、遠慮ではない配慮を持つことです。私たちはお医者様を相手とするお仕事です。一般企業とは違う常識や慣習もあったりします。また、ベンチャー企業だからこそ、外部からご支援いただくことも多いです。そのような特殊な環境の中での気遣いや配慮、応援してもらえる中での丁寧さは大事にして欲しいですね。

ーー最後に、今ドクターズに入ろうか迷ってる人へのメッセージをお聞かせください!

まずは「門を叩いてみたら?」と言いたいです。私もそうでした。最初ホームページや求人票から事業についてよく理解ができませんでしたが、実際に話を聞いてみたら見えてくるものがありました。

ぜひ実際に話を聞きに来て、経営陣、特に柳川や伊東の熱意に触れてほしいです。ドクターズは、「自身のやりたい!」ということをすぐにカタチにすることができる会社です。やり方に制限はないので、自らが発信できる環境の中で是非チャレンジしていただきたいですね。

迷ったらまず行動してみてください。迷った人は是非一度僕と食事に行きましょう!

ドクターズ株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings