This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

フリーランスで成長し続けるために必要な環境は実はすぐそばにあった、という話

正社員じゃないからこそ、書けることを書きます。

こんにちは。広報の青柳です。

突然ですが、私はダイヤモンドメディアの「正社員」ではありません。自分で会社を経営し、複数の組織にジョインしています。法人代表ですが、1名のアシスタント以外、今は社員も雇っていないので、ほぼフリーランスと言ってしまっていいでしょう。

ダイヤモンドメディアにも「正社員として入社」したわけではなく、「業務委託契約」でコミットしたわけです。

今日は、ダイヤモンドメディアで1年間、「業務委託」として働いて感じたことについて書こうと思います。

フリーランス、と一言で言ってもいろんな働き方があると思います。がっつり仕事をしたいと思ってる人、自分のスキルを活かして空いた時間で収入を増やしたい人、技術力はないけど時間がフレキシブルに使えるので在宅で仕事をしたい人、などなど。

私の場合は自他共に認める仕事大好き人間なので、「がっつり仕事したいと思ってる人」という前提で読んでもらえたらと思います。

フリーランスは甘い? 厳しい?

以前、Wantedlyのフィードでこんな投稿を見かけました。

「誰も教えてくれなかった「フリーランスは厳しい」ではなく「甘い」という真実。」

”フリーランスで稼ぐのは、簡単だ。手に職がある人であれば、今の給与の2~3倍は稼げるだろう。まぁ実は会社はかなり色々費用負担しているので、実質それでトントンの人もいるだろうが。
ただ、お金よりも大きなリスクがフリーランスにはあると思う。それは、成長が止まること。フリーランスというのは、現在のスキルやリソースの切り売り以上、何物でもないから。”

結論としては、「フリーランスとして働いてお金を稼ぐことはそんなに難しくない、だけど自分の実力を上げていかないと後から苦しいよ」というお話だったと認識しています。そして、「業務委託(請負)契約で入ってしまうと限られた領域の仕事しかできないから、成長が止まる」と。

私もこれには概ね同意です。

ただ、これを覆せる環境がダイヤモンドメディアにはある、と感じています。


今後、フリーランスや副業の流れは加速していく一方だと思います。

でもコミットする人が楽しく成長実感を持って働けないのであれば(お金のためだけの仕事なのであれば)、コミットする人もそれを受け入れる企業側も、きっとどこかで壁にぶつかるんじゃないでしょうか。あえてこうしてまとめるまでもない話かもしれませんが、ダイヤモンドメディアの例が一つの参考になれば嬉しいです。

自分の得意領域以外にも複数手を出せる

業務委託契約。契約内容によっても異なりますが「この業務しかお任せしない(引き受けない)」という前提での契約だと、限定的な仕事にしかアサインされなくなってしまいます。先ほど紹介したNEWPEACEの高木さんの投稿では、そのことによって個人の成長が止まる、ということが指摘されていました。

ダイヤモンドメディアでは、業務委託でもアルバイトでも正社員でも、基本的に扱いは変わりません。もちろん報酬の決め方などに多少の違いはありますが、役割分担をする際に「この人は正社員だから」「この人はアルバイトだから」といった理由で割り振りが決められることはありません。代わりに、能力や適性をなんとなくみんなが把握して相談がきたり、「これやりたい人ー?」という問いかけで手を挙げた人がプロジェクトメンバーになる、という感じです。(もちろん、限定的な業務のみを受けたい場合は参加しなくても全然問題ありません)

私は広報としてお仕事を受けていますが、採用に関わらせてもらったり、10周年記念イベントの運営委員をやったりもしてきました。

仕事をやりやすくするためにも、最初は自分のパーソナリティや得意分野を知ってもらうという意味で得意領域で力を発揮するのがいいと思うのですが、やはりそれだけだと経験値も成長の幅も限られてしまうので、こういった形でいろんなプロジェクトにコミットできるのはすごく幸せだな~と感じています。

自分の得意領域をちゃんと活かせる

あえていうほどのことではないかもしれませんが、でもあえて言います。自分の得意領域をちゃんと活かせること。これ、業務委託だと意外と難しいです。

例えば私は広報を担当していますが、それは単なる役割の話であって、もう少しブレイクダウンした得意領域は「情報を編集すること」。

この領域に関しては青柳に相談しよう、とメンバーは思ってくれているらしく(多分)、コーポレートサイトやサービスLPのライティングから採用で使う会社説明資料の作成まで、幅広く相談が入ってきます。

これってすごーく嬉しいこと。

なぜなら、業務委託でお仕事を受ける場合って、特定の部署の人としか話さなかったり、他部署からはお仕事を任せてもらえないことも多くて、「ここは横断してやったほうがいいのにな~」と思ってもなかなか実現しないんですよね。

広報だからそうなのかな? とも思ったんですが、他の役割の人の取り組みの仕方を見ていても同じような感じです。自分のリソースを、組織の中できちんと消化してもらえている実感があるから安心感もあるし、新しい提案も積極的にできます。

業務委託だということを隠さなくていい

業務委託で仕事をしていると発生するのが、「その会社のメンバーとして(その会社のクライアントさんや記者さんに)お会いする」という機会。「社員さんの声を取材したい」という依頼を私自身にいただくことも少なくありません。

そういう時、基本的に皆さん私が正社員だと思ってお話いただくんですが、ダイヤモンドメディアではそもそもが多様な働き方を受け入れているという前提なので、「私も業務委託で、他社の広報のお仕事も担当してるんです」とすごく自然にお話しできるんです。

そういう部分が地味に嬉しかったりします。

フリーランスだけどチームで働ける

そしてこれはかなり大きいと思うんですが、立場上フリーランスや業務委託だったとしても、基本的にチーム(プロジェクト単位)で動いていくことができるのがダイヤモンドメディアのいいところだと思います。案件ベースの細かなプロジェクトから、コーポレート寄り・新規事業開発などの中長期プロジェクトまで大小色々なプロジェクトが社内で動いていて、各自が自分の意思でそれらのプロジェクトに参加します。

なので、「案件が振られたら1から10まで全部自分で仕切って、スケジュール管理して、納品!」というスタイルで仕事をしている中では得られない、いろんなことが得られます。

もちろん個人としてのスキルアップもありますが、何より楽しい。チームで働くのってこんなに楽しかったんだ~、という、感情面での喜びを得られます。

複数の組織を知っているからこそフィードバックできることを還元する

最後に、1年間ダイヤモンドメディアで仕事をする中で私が勝手に決めている「『ダイヤモンドメディア専業』じゃないからこそ心がけていること」を書いて終わりにしたいと思います。

それは、複数の組織を知っているからこそフィードバックできることをそれぞれの組織に還元する、ということ。

言い換えれば「複数の組織を横断的に見ていること自体を、私自身の強みの一つとする」ということ。

「前職と比較すると……」みたいな話って結構あると思うのですが、リアルタイムに複数の組織に所属していると見えてくる世界ってまた違うものがあると思います。

自分なりに得意分野をブラッシュアップしていくために勉強するのはもちろんですが、やっぱり組織づくりやマーケティングのスタンダードって数年おきにアップデートされると思うし、一社の取り組みだけにどっぷり浸かるのではなく複数の組織を横断して見ることで「やっぱりこれが今っぽいよね」「ここが本質っぽいよね」という自分なりの意見を見つけることができている実感があります。そうやって自分の中に積み重ねた色々な知見をそれぞれの組織にフィードバックしていくことで、私が関わっている全ての組織が成長していってくれたらすごく幸せだし、その一助となるようこれからも頑張っていきます。

ダイヤモンドメディア株式会社's job postings
197 Likes
197 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more