1
/
5

地方在住エンジニアのリモートワーク。「DeNA インフラ/SRE MEET UP #4」で語られた実態とは?

今年の6月から遠方に居住する従業員に対して、通勤交通費の上限を変更したDeNA。

具体的には、部門承認がされれば、1日の交通費の上限をなくして、月15万円まで実費支給をするというもの。月の上限はあるが、飛行機、新幹線、船舶などの交通費をその範囲内で全額支給するという制度です。

制度導入前から首都圏外に住んでいる従業員もいましたが、今年の6月から正式に制度を改訂し、首都圏外に居住する方の採用も積極的に行なっています。

そこで今回、6月にONLINE開催された「DeNA インフラ/SRE MEET UP #4」から、DeNAの中でも柔軟な勤務形態をとっているインフラチーム(※)のリモートワークについての説明を抜粋。首都圏外に居住しながらの業務内容について聞いてみました。

※基本リモートでの勤務で、就業時間も希望時間で勤務が可能なチームです(健康管理の観点で遅くても12:30までの始業を推奨)。

▼続きは『フルスイング』でご確認ください。

株式会社ディー・エヌ・エー's job postings

Weekly ranking

Show other rankings