1
/
5

“男性育休”は当たり前。時代の一歩先を行く、仕事とライフイベント両立支援「DeNA LIFE DESIGN PROJECT」

男女にかかわらず訪れる、出産、育児、介護などのライフイベント。仕事との両立をはかるために、DeNAは社員の多様なニーズに合わせて、制度を常にアップデートし続けています。

例えば、男性の育児休業。政府が2025年までに男性育児休業取得率30%を目指すなか、DeNAは2021年にその値を超えています。DeNAメンバーが福利厚生などの制度をより利用しやすく、バックアップしているのが「DeNA LIFE DESIGN PROJECT」です。

「取りにくい雰囲気はぜんぜんなかった」「取って当たり前の風土がある」と話すのは、2カ月の育児休業を取得したビジネス職の平原 賢司(ひらはら けんじ)、エンジニア職の坂本 啓太(さかもと けいた)です。

現在、業務に復帰して仕事と育児を両立する二人と、「DeNA LIFE DESIGN PROJECT」の運用を担うヒューマンリソース本部の久見木 裕子(くみき ゆうこ)に、「DeNA LIFE DESIGN PROJECT」を通じたDeNAの働き方と風土を語ってもらいました。

目次

▼続きは『フルスイング』でご確認ください。

株式会社ディー・エヌ・エー's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社ディー・エヌ・エー
If this story triggered your interest, have a chat with the team?