1
/
5

サイボウズの新卒3年目がGaroonプラグインのProduct Managerを経験してみて

こんにちは!サイボウズ株式会社に 2019 年に新卒入社しました宮倉です。
入社後はシステムコンサルティング本部システムデベロップメント部へ配属となり、主に自社製品 ( kintone・Garoon ) のカスタマイズ・プラグインの開発業務を中心に携わってきました。

今回は、そんな自分が新卒 3 年目から取り組み始めた Garoon プラグイン開発 PM ( Product Manager ) 業務についてお話しできればと思います!

Garoon プラグインとは?

まずは、そもそも Garoon とは? Garoon プラグインとは?というお話を少しできればと思います。

Garoon とは、中堅・大規模組織向けのグループウェアです。API を利用した連携性・拡張性も Garoon の 1つの大きな特徴となっており、それを提供するための機能が「プラグイン」です。

プラグインを使うことでユーザーは API などの知識がなくても、簡単に Garoon の機能を拡張することが可能となります。プラグインは、サイボウズからはもちろんですが、パートナー企業からも多数リリースされており、「エコシステム戦略」の観点からも重要度の高い機能になっています。

Garoon プラグイン一覧ページ

サイボウズからも 2020 年 3 月に「アンケートプラグイン」を、9 月に「メール誤送信警告プラグイン」をリリースし、新規のプラグインも鋭意開発中です!

プラグイン PM の業務について

では、Garoon プラグインの PM って実際にどんな仕事をしているの?というお話をこちらで少しできればと思います。主に「Garoon プラグインの企画」と「プロジェクトマネジメント」が現在の PM の主な業務となっています。

Garoonプラグインの企画

Garoon の PM ( Product Manager ) 、BPM ( Business Product Manager ) と共に、どういったプラグインを提供すればユーザーに喜んでもらえるのか、製品の購買に繋がるのかなどを議論し、優先的に開発すべきプラグインを検討していきます。

プロジェクトマネジメント

開発するプラグインが決定したら、具体的な要件検討に着手していきます。検討が出来次第、開発メンバーに開発を依頼し、プロジェクトマネジメントを行いつつリリースまで進めて行きます。

その他にも...

プラグインの企画やプロジェクトマネジメントが主な業務にはなってきますが、それ以外にも、Garoon のプラグインを開発していくためには Garoon 本体の API の拡充が必要不可欠となってくるため、新規 API の要望や提案なども併せて取り組んでいたりします。

また、プロジェクト立ち上げ当初はまだ開発メンバーも少なかったため、特に立ち上げ初期は、自分自身が PG として実装に入ることもありました。

とにかく、既存の業務にはあまり囚われずに「プラグインを良くしていくためには必要だ!」と思ったことには、どんどんチャレンジしていきました!

業務を経験してみて

やはり、3 年目というまだ経験も浅い中で Product Manager を努めると、自分の未熟さ故に失敗することも多々ありましたが、とはいえ、そんな中でやりがいを感じる場面も多々ありました。

まず、リリースしたプラグインを社内外で使っていただいて、

「使いやすい!便利だ!」「まさにこのプラグインが欲しかったんだよね!」

と言っていただけることは、やはり何よりも嬉しかったです!

このように社内外からの嬉しいお声を頂けることも...


また、プロジェクトにおける「裁量の大きさ」というのもすごく良いポイントでした。

Garoon プラグイン開発のプロジェクトでは、開発における技術選定からプロダクトの仕様に至るまで幅広く自身で意思決定することが出来たため、主体性を持って仕事に臨むことが出来ました。

その分、責任やプレッシャーも自分自身に重くのしかかりますが、だからこそ「なぜこの機能を作るのか?」「なぜ今このタスクをやる必要があるのか」などは日々真摯に考えるようになりましたし、そういったところもひっくるめて、面白さ、やりがいを感じることができて、且つ自分自身成長することが出来る機会になったなと思います。

さいごに

今回開発したプラグインは、自身で 0 → 1 で作り上げたプロダクトのため、「もっとこのプラグインを広げたい、もっと大きくしていきたい」といったように、プロダクトに対する思い入れも強くなり、仕事に対するやりがいも一層感じることが出来ました。

また、自身のファーストキャリアとしても、システムデベロップメント部で経験を積めたのは大きかったなと思います。

システムデベロップメント部で、開発業務に留まらず、プロダクトマネジメント業務も早い段階から経験することができたからこそ、「自分はコードを書いて物を作るよりも、プロジェクトの管理をしたり、なにを作るのか?なぜ作るのか?について考える PM の方が好きだ!」ということに早い段階から気づくことが出来ました。

そして、結果として、今後は製品本体の PM にもチャレンジしていきたいと考えるようになり、現在は本格的に PM として活動していくための準備も進めております!!

自分のように、「開発業務にも PM 業務にも興味がある!けど、自分がどちらに向いているのか、好きなのか分からないから、まずはどちらもチャレンジしてみたい!」といった方には「システムデベロッパー」はとてもおすすめです。


もし興味が出てきたという方がいらっしゃれば、是非とも応募してみてください!!

システムデベロッパー
海外メンバーと働く!サイボウズ製品のシステム開発を行うエンジニア募集!
サイボウズはチームワークを生み出す情報共有ツール「グループウェア」のメーカーです。製品の企画・開発から販売、運用・サポートまで自社で一貫してサービスを提供しています。 私たちはインフラからアプリケーションまで自社で開発・提供できる高い技術力によって、これからも「チームワーク」に最適なコラボレーションサービスを生み出していきます。 ◎グループウェアとは? チーム内の情報を共有することでコミュニケーションを活性化し、共有業務の効率化を支援するコラボレーションサービスです。スケジュール管理、ファイル共有、電子会議などの機能があり、今まではホワイトボートや印刷物もしくは電子メールのやり取りのみで行っていた情報の伝達や交換が、グループウェアで効率的かつ効果的に実現できます。
サイボウズ株式会社
サイボウズ株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more