1
/
5

元Slerのエンジニアがなぜカレントを選んだの?インタビューでわかった最高のエンジニアの在るべきひとつの姿

こんにちは!今回はカレント自動車でエンジニアとして活躍している菊池さんのインタビューです。

菊池さんはどんなキャリアを送ってきたのか、カレント自動車の魅力というのはどこなのか、またどんな心持ちでエンジニアとして仕事に取り組んでいるのかなどを伺ってみました。

ー今までのキャリアを教えてください

就職してから15年ずっとモノづくりに関わる仕事をしています。その中でもIT業界は10年になります。

最初の職場は工場で、樹脂や金属を加工する物質的なモノづくりを経験しました。その機械を操作するのにプログラミングを用いていたので、プログラミングに対しての抵抗はなく、ふと時代の流れ的にITへの興味が向いたことをきっかけにIT業界へと転身しました。


ーなぜエンジニアになろうと思ったんですか?

20代前半のころに「自分でサービスを作りたい」という野心から独学でプログラミングを学んだのがきっかけです。

そんな折、とりあえずITの仕事に就こうとサーバーの運用監視の仕事に就き、障害対応やネットワーク、サーバーのイロハを学びました。あとはシステム開発のスキルを取り入れればITのある程度を網羅できると考え、システム開発の会社(SES)に入ってシステムエンジニアとしての1歩をスタートさせました。

私の携わったプロジェクトは炎上が多く、徹夜や終電はザラで肉体的に酷でしたが、プログラムを書くことが楽しく、一心不乱に開発に明け暮れました。その中でも一番つらかったことは、一生懸命作ったシステムが、実は現場では評価を得られないという現実でした。

お客様窓口と要件定義者との認識齟齬や、現場とお客様窓口との業務理解の乖離が原因で、結果作り直しや責任転嫁など不毛な自体になるという苦い経験をしました。しかし今となっては反面教師の良い経験になっています。

ー菊池さんがカレントを選んだ理由はいかがですか?

SESやSlerでの経験があったので、受託開発ではなく自社サービスやプロダクトをやりたいという思いがありましたね。カレント自動車は自社サービスを運営していて、自分の好きな輸入車に関われて、今までの得意なITの経験が活かせると思ったのがジョインした理由です。

IT事業部の責任者の渡辺さんに当時誘われた時、頭の中で

”IT×輸入車=最高に楽しそう”

という計算式が自然と浮かびました(笑)。余談ですが、私は特にBMWが好きで、BMW全車種集めることが夢です!!


ー入ってみてよかったと思うポイントや、経験などはありますか?

思っていた通り”IT×輸入車=最高に楽しそう”が”IT×輸入車=最高に楽しい”と実感したことです。

IT側は、バックエンド・フロントエンド完全分業でなくフルスタックのスキルが求められますが、色々なことを任せてもらえるので技術力がめきめき上がります。また、自身のアイディアが取り入れた開発をしていきたいという気持ちもあったので、さまざまな職種のメンバーとみんなでサービスづくりをしている点が、やはり楽しいしやりがいがありますね。

輸入車は、自動車のなかでも特に専門的な知識が必要なのですが、カレント自動車はクルマの売り買いを実際にする事業会社なので、他部門と連携しながらサービスの作り込みができ、すぐに使ってもらい評価してもらえることも前職にはなかったことです。


ー普段の仕事の流れをざっくり教えて下さい。

大きな単位でいうと、要件確認→設計→実装→動作確認→デプロイです。

要件の確認から入り、必要に応じて要件を固めます。固めた要件を設計まで落とし込み、この段階で影響範囲の確認や関係各所へヒヤリングを行い、手戻りが無いようにしっかりと詰めます。


コンセンサスが整ったら開発環境で実装に入り、要件者への動作確認まで行い、最後にデプロイして最終確認をします。この流れを、優先順位を付けて高速で回しサービスをムキムキにしていきます!

いわゆるアジャイルのスクラム方式ですね。


ー最後に、このインタビューを見て転職を考えているエンジニアの皆さんに一言お願いいたします!

ITを通して輸入車業界を獲りに行く!という熱意をお持ちのかた、お待ちしています!

CURRENT MOTOR Corporation's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings