1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

ベンチャーのインターンは、チャレンジする価値あり。治療アプリ®のエンジニアとして、掴んだ大切なコト

この春、外資系IT企業に入社予定の福島は、就職先社員のアドバイスを元に、独学でアプリを制作するための技術を習得。その後、CureAppのインターンで、学んだ技術を活かしニコチン依存症治療用アプリの制作に携わりました。一人では体験し得ない規模の大きいプロジェクトに関わることで、貴重な経験ができたと福島はいいます。そして一番の収穫は、コミュニケーションの大切さを実感したこと。今後の業務に直結する手応えを感じたと教えてくれました。

そんなインターン福島のストーリーをお届けします。

福島 將太郎(ふくしま しょうたろう)
(エンジニアインターン)
現在、東京理科大学 大学院2年生
エンジニアインターンとしてニコチン依存症治療用アプリ(CureApp-SC)を担当

独学で作ったアプリがCureAppとの出会いのきっかけに


――CureAppでインターンをする事になったきっかけを教えてください。

大学院の専門は応用物理学でしたが、研究が合わないと感じて、IT業界で就活することにしました。そして大学院1年の11月終わりには外資系IT企業に就職が決まりました。
働くまでに1年以上あるので、何か勉強しておきたいと思い社員さんに相談した所、JavaScriptの環境やフレームワークの一種であるNode.jsやReactを学ぶことを勧めてもらいました。さらに、その技術を元にアプリを作ってみては?とアドバイスをもらい、早速Udemy*で勉強しました。
学んだことを元にウェブアプリを作りwantedlyに載せていた所、CureAppからオファーをもらったんです。

Node.jsやReactを使っている会社は、日本ではここ3~5年でできた新しい会社が多く、インターンシップ先を探す中でも稀にしか出会えない印象でした。そんな中で、偶然にもCureAppでは自分が学んだプログラミングの技術と全く同じものを使用していることが分かり、いい経験になりそうだなと思いました。
また、就職先の会社も世界規模で医療系を扱っていて、「アプリで治療する未来を創造する」というCureAppの目指す世界にも共感しました。
*Udemy…プログラミングやITオンライン学習プラットフォーム。


――CureAppでは、どんなお仕事をしていましたか?


医療機関で使うニコチン依存症治療用アプリの制作を担当しました。ユーザーは、1日の行動歴などの情報を、アプリ上に記録します。そういった情報をデータベースに保存する仕組みや、バックエンド側のチェックコードなどにも関わりました。
ユーザー側のインターフェースや、裏側のデータがどういう風に動いて、整理されるのかというロジックを作ったり。
その中でも、僕が任された大きな仕事の一つが、アプリ通知の仕事で、これは社員さんと同じように僕が責任をもって推進しました。

規模の大きいアプリに関わったからこそ学べたこと


――実際に働いてみてどうでしたか?


社員さんがとても優しいです。
それまで独学だったので、会社での実務と自分の学んできたことのギャップは結構ありました。なので、最初は仕事についていくのが大変で。でも、いつも社員さんが丁寧に教えてくれて働きやすかったですね。

やはり、一人で作っていたものとは、アプリの規模が全く違います。膨大なファイルの量があって、さらにそのファイル同士のつながりも複雑です。ファイルが積み重なっていたりすると、読み解くのが大変だという事にも気づきました。データベースの規模感も違うので、どう管理するのが最適か等は、実務だからこそ学べました。

また、他の人が書いたコードを自分が見た時に理解できるのか?という点も、経験できて良かったことです。プロジェクトに入った当初は、まず社員さんが型を作ったコードを見て、理解するところから始まりました。
逆に自分が書くコードも社員さんが後で使うので、できる限り分かりやすくコメントを残すように工夫しました。
一人でコードを書いていただけでは、こういったことは絶対に学べないので、インターンをしてみたからこそ得られた貴重な体験でした。

――やりがいを感じたり、難しいなと思ったことはありますか?


アプリ通知を作るにあたって、ある機能を付け加えたいけれど、今のコードではどうしてもロジックが作れないという困難に直面しました。他のプロジェクトと共有している大元のコードを触る必要がでてきてしまったんです。でも、チャレンジしてみたら?と言っていただき、挑戦してみることに。

コードをいじった結果として、他のプロジェクトに影響が出ては困るので、それを加味しながら進めるのが大変でした。社員さんと僕で、元のパッケージのコードを全部読み直し、分からないところを確認しながら慎重に進めました。
どこまで変更を加え、どこで妥協するかというギリギリのラインを見極めて、実装するのが難しかったですね。
同時に複数のプロジェクトにまたがるようなコードを触らせてもらえたのは、とても良い経験になりました。


自分と相手の認識を合わせことの大切さを学ぶ


――CureAppでインターンを経験してよかったことは?


コーディングも勉強になりましたが、やはりチームワークやコミュニケーションの部分が一番勉強になりました。
もちろんプログラミングは書けば成長しますが、 コミュニケーション力を鍛えるには相手がいないと難しいです。
例えば、作ったコードを他人に説明する時に、自分の中で、ここまでは相手も分かっているはずだという思い込みがあることに気がつきました。最初の段階で前提をきちんと説明せずに進めてしまったことで、後になって「アレ?」という部分が出てきてしまい、すり合わせが必要になったことがあったんです。

そのことから、プロジェクトを進めるときには、まず自分と相手の認識を合わせることが大切だと学びました。これはコーディングに限らず、今後、社会人になりお客さんとやり取りするようになった際にも活きることだと思います。

今は、プロジェクトマネージャーも含めて6人ほどのチームでプロジェクトを進めています。
入社予定のIT企業のプロジェクトから見ると、人数的には小規模なチームになります。

僕は入社したら、少人数で即戦力が求められるようなプロジェクトに入りたいと考えていて。小さなプロジェクトをいくつか回り興味が持てる分野を探したいと思っているので、今の経験が活きそうです。


チャレンジする価値は充分にある


――これからインターンをしてみたいという人にメッセージはありますか?


ベンチャーで仕事を経験することは、今後の仕事に直結させられるという点で、とても貴重な経験になります。
僕の場合は、就職が決まった後で、しかも卒業するまでの半年間という短い期間にもかかわらず、CureAppで働かせてもらえたのは本当に運がよかったなと。
インターンを色々経験する中で、早いうちからやりたい仕事に特化してインターンをして行動している学生はやはり、視点が全然違うなという印象がありました。僕も就活前からインターンをやっていたら、さらに全く違う経験ができたかもしれないなと思ったりします。

就職してしまったら気軽に転職も難しいと思いますし、一つの経験として他の企業に触れるチャンスが持てるのはインターンならでは。ベンチャーに入るとなるとうまく行動してアピールしてと、敷居は高いと感じるかもしれませんが、チャレンジする価値は充分にあると思います。


(取材ライティング/柳澤聖子)

株式会社CureApp's job postings
16 Likes
16 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more