1
/
5

【教育マネージャーにガチ質問】インターン生がCUCの新卒採用の裏側を聞いてきました<第二弾>

。株式会社シーユーシーでは2020年秋より2022年度新卒向けエントリーをスタートします。wantedlyでは同時に新卒採用に役立つ情報を掲載していきます!教育マネージャー・新卒採用責任者、実際に働く社員などから生の声を集め、22卒の就活に役立つ情報満載で発信します!

前回記事(採用責任者にガチ質問】インターン生がCUCの新卒採用のウラ側を聞いてきました!)に続き、第二弾は「大学3年インターン生による教育マネージャーへのガチ質問」です。CUCの入社後の教育体制やキャリアパスに関して、今回も丸裸にしてきました!

インタビュー執筆:学生インターン 原 大学3年生

まずはお名前からお願いします。

和田翔です!2017年5月に中途入社してから3年半ほどCUCで働いています。現在は教育マネージャーを担当しています。よろしくお願いします!

ありがとうございます。中途採用でCUCに入られたとのことですが、和田さんのCUCに対する第一印象はどんなものでしょうか?

僕はCUCが3社目なのですが、前職時代から働く上でいつも大切にしているのは企業ビジョンや戦略です。CUCはそれらが明快で、「医療という希望を創る。」というミッションに強く共感できたことが入社の決め手でした。

実際入社してみて、ミッションに本気で取り組んでいる会社だと感じます。あと印象的なのは、想像以上にパワフルに成長していること。実際に僕が入社してからの三年半間で社員数も約3.5倍になっていて。優秀な人たちと仕事に対する同じ熱量で働ける環境だと思っています!

和田さんのお仕事内容を教えてください。

僕がマネージャーをしている教育チームの主な役割は、CUCの社員全員で「医療という希望を創る。」ミッションを実現するために、社員一人ひとりの能力やスキル、モチベーションを最大化できるような成長機会をつくりだすことです。

具体的には、新卒や中堅社員、管理職など、それぞれのフェーズに合った研修プログラムや育成プランを考えたり、参加者のアセスメントなどを行っています。CUCの支援先である医療機関で働くスタッフ向けにも、患者さまにより良い医療を提供するための研修を行ったりもします。

なるほど。「より良い医療」というと、より高度な医療を目指す研修、みたいなことでしょうか?

「より良い医療」というと、医療技術を磨いたり、サイエンスに寄ったものをイメージしますよね。でも、医療にとって大切なのは、そればかりじゃない。診察後の満足感や、医師や看護師との信頼関係といったヒューマンアートな部分も大きいんです。

というのも、僕自身入社後に提携医療法人と関わっていく中で、ドクターやスタッフの患者さまに寄り添うスタンスや対応が患者さまの満足度につながると実感したんです。質の高い医療を提供するには、医療技術だけでなくコミュニケーションも重要なのだな、と。

だからこそ、それらを研修する教育チームも日々責任を持って働いています。

新卒採用・入社に携わる具体的な役割はありますか?

一番大きな役割は入社時と1年目の研修ですね。新卒社員に身につけてほしいビジネス基礎を学ぶ研修や、人間力を高める研修を主催しています。新卒でなく、中途メンバーやマネージャー職に対しても、職域に合った研修を企画しています。CUCならでは、というところで言うと薬の名前や医療保険の仕組みなど、専門的な知識やスキルを学ぶ機会があることですね。中には社長自ら企画・主催している研修もあって、学ぶ機会はしっかりありますね。

そんなお仕事をする教育チームが、大切にしていること、方針としていることがありましたら教えてください!

はい。僕たちは新入社員一人一人に「リーダー」になってほしいと思っています。なぜかというと、非常に早いスピードで成長しているCUCを支えるには、主体的に動くリーダーシップが必要だからです。

日々事業も増えていますし、組織も大きくなっています。今は、人が追いついていない状態で、リーダーも責任者ももっともっと必要です。

そして何より、地域医療の現場は、医者や看護師をはじめ多くの専門性を持つ人同士が協力し合って初めて成り立ちます。だからこそ、人が財産であることをCUCが忘れてはならないと思っています。

確かに..でも思ったんですけど、教育と採用は違うので、自分たちで育てていく人材を選べないですよね。教育は人を選べないというか。。。

鋭いご指摘ですね。ただ、CUCでは「ミッションへの共感と7つのスピリッツ※を体現する人材」が人材マネジメントにおける大きなキーワードになっています。だから、採用チームと教育チームで望む人材像にブレはほとんどありません。

また、内定者研修は採用チームと教育チームで協業しますし、内定者メンターを私自身任されることもあるので、個人的には新卒で入る方々との距離感は近いと思っています。

※2021年4月に企業理念の再策定を行いました。
現在、社内では「7SPIRITS」は新しい表現に変更されています。

メンター制度というのは、何ですか?

内定者メンターといって、内定した学生がCUCに入社するまで残りの学生生活どう過ごしたいかの話し合いや入社前の不安や悩みの相談に乗るなど、社員との結びつきを深める仕組みです。

すごく手厚いフォローアップをされているんですね!

教育過程の話に戻りますが、具体的な昇進・キャリアアップのスケジュール感はありますか?

はい。僕は入社10年で事業部長になる人材を育てたいです。より細かくいうと、入社2年で事業部最上位プレイヤー、5年でプレイイングマネージャー、そして8年目で管理者になって、10年目でシニア管理者、つまり事業部長に到達して欲しいと思っています。

CUCでは本当に迅速な成長が求められているんですね。でも、逆に成長が止まってしまったりしたらどうするんですか?dropoutとかありますか?

もちろん、多くの人材を見てきた中で成長する人ばかりではなく、伸び悩む人、もいます。伸び悩みの原因は人それぞれで、CUCへのカルチャーフィットが足りなかったり、会社勤めが合わない、またはベンチャー特有のスピード感や意思決定プロセスに合わない人もいました。

どうしても、数回の面接で全て見極めることは難しいと思います。だからこそ、入社後に軌道修正できる機会をつくりたいと僕は考えます。具体的には、部署で成績が出ない時に、本人の適性を再考して、よりマッチングしそうな他の部署に異動させるなどですね。自分にあった環境でまずは実力を発揮いただくことが自信につながり、活躍する人材に飛躍することもあります。

これから入る新入社員に教育チームが求めるスキル・人間性などを教えてください。

はい。教育として、新入社員の方々には誠実性・謙虚さを求めています。なぜなら、これらがない限り人材は育ちづらく、成長が遅れることがあるからです。より、スキル的な話になると変革を恐れない行動力やエネルギー量、思考能力、そして何より社会問題への関心を持っている人がCUCに適していると考えます。

そして、CUCにおける「リーダー」に欠かせないのは、期限や仕事の質といった「約束」を確実に守ること。あと、誰も置き去りにせず仲間として接するコミュニケーションの力。これらが大切だと考えています。

ありがとうございます。最後に、CUCで学び成長することのメリットはなんですか?

CUCにいるということは、成果をだ日続ければやりたい仕事を勝ち取れる環境があること、それは自由な本人の選択につながり、自分こそが輝ける仕事を取りに行けることだと思います!

インタビューを終えて

自らの仕事への情熱・プライドを持ちながら社員・新入社員の教育に真摯に向き合う姿が印象的な和田さんでした。急成長をなすCUCの将来が、彼をはじめとする、社員一人ひとりにかかっていることが伝わってきます。

そして、就職活動の時点での学生と企業の適切なマッチング、新卒入社後の包括的なサポートを含んだトレーニングの大切さを語っていただけました。

■CUCグループ合同募集 特設採用サイト

今期よりCUCグループ合同の新卒採用サイトを公開しています。ぜひご覧ください。→こちらから。

株式会社シーユーシー's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more