This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

テクノロジーで医療の常識を打ち破る【CHANGE STORY vol.10】

株式会社シーユーシー(旧社名:エムスリードクターサポート株式会社、以下CUC) が掲げるミッションは「医療という希望を創る。」です。ミッション推進のために欠かせないキーワードが『CHANGE(変化)』です。CHANGE STORYは、CUCで活躍している社員が「変化」とどう向き合っているのかを探るインタビュー連載。今回はイノベーション推進室室長の小林さんを紹介します。

社員プロフィール

小林 良成(41歳)

中央大学理工学部卒業後、中央大学大学院理工学研究科情報工学専攻博士課程終了。新卒で大手通信会社へ入社し、法人営業、商品企画を約7年間経験。その後、フリーランス、デザインシステム開発会社を経て2016年6月にCUCに中途入社。現在は営業部門である医療機関サポート部 部長と、イノベーション推進室・システムデザイン室の室長を務める。


億を動かすWebビジネスよりもおもしろいと感じた医療変革

___ まずは、これまでのご経験を教えてください。

学生時代は情報工学を専攻する理系男子だったのですが、学生時代の家電量販店での営業のアルバイトでビジネスを通じてお金を動かす楽しさに目覚め、大学卒業後は大手通信会社に入社しました。

前職では、オークションサービスのビジネス企画として年間数十億円の利益を生み出す仕組みを作って、文字通り億単位のお金を動かすおもしろさを実感することができました。その後、新たな挑戦ができる環境を求めて、フリーランスでクラウドストレージサービスの企画開発をしたり、スタートアップのスマホアプリの企画開発にもチャレンジしてきました。

約15年ほどWeb×事業開発のビジネスを経験して、そろそろWeb業界以外でおもしろいことがやってみたいと考え、転職したのがCUCでした。

____ CUCへの転職の決め手は?

まず、医療現場の経営に斬り込んで、業界全体を変革していくというビジネスモデルが型破りでおもしろいと思ったことです。医療は国に守られた保守的なイメージがありましたし、医師や看護師の国家資格を持つ人でないと参入できない分野だと思っていたので、はじめて知った時は非常に衝撃的でした。

そして、もう一つの決め手は、面接で社長も社員も、暑苦しいくらいに医療変革への想いを語っていたこと。もっとビジネスライクでドライな風土かと思っていたので、その熱さに驚くとともに、本気で業界を変えていく決意を感じ、一緒にやってみたいと入社を決めました。



医療現場で肌で感じた課題から生まれた『算定DASH』

____ 入社後、取り組んだ「変化」について教えてください。

入社してから、医療現場の業務プロセスを知れば知るほど、ITで変えられることの多さに驚きました。

一般的な事業会社では、業務効率を上げるために新しいITツールが導入され、既存業務がITに置き換わっていくことは普通ですよね。ところが、医療現場では制度や法律などさまざまな制約によって、昭和の時代から業務が変わっていないところも多い。だからこそ現場の負担が重く、人件費も必要以上にかかっているという印象を受けました。

とくに、「算定業務」と呼ばれるカルテから診療報酬につながる項目を探して診療報酬※を算定する事務業務は、医療機関の医療事務の担当者さんが担う代表的な業務ですが、その内容は複雑です。2年毎にある診療報酬の改定の度にルールを覚え直す必要があり、算定漏れを防ぐためのスタッフの学習コストは相当なものです。

これは、ITによって解決できる課題だと感じ、昨年の10月に提案して自社で作ったのが、『算定DASH』です。

※診療報酬とは・・・医療機関(病院、診療所、薬局など)が実施した、医療保険の範囲内の診療行為に対して、対価として支払われる報酬のこと。医療機関の収入にあたる重要な事項です。医療機関が行う診察や検査には診療報酬を決める「点数」がサービスごとに設定されています。実施された医療サービスに応じて点数が加算され、合計点数に10円を乗じた金額が診療報酬となります。



____ 『算定DASHとはどのようなシステムなのでしょうか?

すでに当社の経営支援先の医療機関で導入されているクラウド電子カルテ『モバカル』をベースとした、Chromeの拡張機能です。既存のブラウザ上の挙動を監視して、一定の条件でドキュメントを反映する、という仕組みとなります。

具体的には、電子カルテに書かれた内容から診療報酬につながる条件を探し出して、対応する算定項目をマッチングさせることで点数化する…という、これまでスタッフが手作業で行なっていた業務の自動化が、『算定DASH』の機能です。

従来、患者さん1人につき3〜5分かかっていた算定業務をほぼゼロにすることができるので、業務効率化に大きく貢献できると思います。浮いた時間でもっと患者さんとコミュニケーションを取ったり、医療の本質的な価値を高める結果につながると嬉しいですね。

現在最終テスト中で、2019年4月に正式リリースを予定しているのですが、現場からは「業務を短縮できて助かる」とすでに反響をいただいています。

AI、ブロックチェーン技術で更なるIT変革を起こしたい

____ 今後、ITを使って実現していきたいことは?

医療の質の不均衡や過剰な教育コストなど、医療業界が依然として抱えている“負”をもっと変えていきたいですね。そのためには、業務プロセスのイノベーションを実現しないといけないと感じます。

たとえば、外来受付の無人化。受付に診察、問診票や電子カルテの記入、処方箋の発行、会計、事務処理といったすべての工程はAI(人工知能)技術やブロックチェーン技術によって自動化・無人化ができるはずです。

目指すのは、最新のテクノロジーでムダを省くことによって、患者さんの”幸福感”が増す世界です。

____ これからどんな仲間に集まってきて欲しいですか?

固定観念に縛られない人がいいですね。

日々、医療業界の既存スタイルを変えようと言っている以上、僕ら自身も日々変わらないといけません。

JavaやPHPといった言語の経験やスキルはあまり重要視していません。これまでの経験よりも、学ぶ必要が出てきたときに前向きに挑戦できることが大事だと思っていますし、それこそが「変化への対応力」だと思います。

おもしろい、やってみよう。という知的好奇心で動ける人には、CUCは満足いただける環境ですよ。


******

現在、株式会社シーユーシー(旧社名:エムスリードクターサポート株式会社)で募集中のポジションは以下をご確認ください

オープンポジション|日本と世界の医療を変える、医療経営コンサルティング会社

新卒が事業の中核を担う!医療に変革を起こす新卒募集

急成長ベンチャーの次世代労務チームを創るリーダー候補

年300名を採用する採用チームを支える人事部採用アシスタント

数値から医療機関の経営をサポートする経営管理/経営企画

医療をリブランディングするマルチに動けるWEBディレクター

未経験から医療現場を支える役割を担う訪問診療サポートスタッフ

地域と医療機関を繋ぐメディカルコーディネーター

急拡大の在宅医療支援部門を支えるアシスタント

株式会社シーユーシー's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings