This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

スタートアップで切り拓く、新しいキャリア。今、何にでも挑戦できる環境が、新鮮で楽しい!

今回のインタビューは、バックオフィス全般を担当する稲村 真琴(いなむら まこと)さんです。

2019年7月に入社した稲村さん。経理の見直しに始まり、当社の様々なバックオフィス業務およびその仕組みの整備を進めながら、最近は採用・広報活動にも注力しています。

そんな稲村さんに、大企業からスタートアップの当社へ転職した背景や、当社で働く面白さを聞きました。


安定からの脱却に迷いながらもキャリアチェンジに挑んだ理由

――当社に転職したきっかけを教えてください。

以前勤めていたのは株式会社ワークスアプリケーションズ。代表の菊地さんと同じ会社でした。前職では、経営企画のメンバーとして、色々な部署に配置され、その部署のサポート業務をおこなうアドミンスタッフとして営業、開発、採用、人事部門のサポートなどを経験。その後は総合職として社内広報や人事も経験しました。気付いた時にはだいたいのバックオフィス業務にかかわっていて、新しいことにも抵抗なく挑戦できる自分になっていたんです。

で、この「何でも屋」のような部分が気に入られたのか、ある時に菊地さんから「よかったらどう?」と声をかけられまして。

――すぐに転職を決断したんですか?

いえ、そもそも転職意思が全くなかったので(笑)。前職は勤続年数も長く会社も仲間も大好きでしたし、大きな会社の人事というキャリアを歩みはじめていて働きがいもありました。ただ、その一方で会社規模が大きいため決裁に時間がかかり、すぐに動きたくても動けない時があったのも事実。対してクリエイティブサーベイはスタートアップだから身動きが取りやすく大胆なチャレンジがしやすそうだし、「ただのアンケートではない、企業と顧客とのコミュニケーションのためのツール」という事業内容は面白そう……正直、すごく迷いました。

最終的な決め手は、新たな挑戦ができて人事以外にも今後のキャリアが大きく広がっていくだろうと思えたことですね。加えて、バックオフィス全般すべて自分ひとりでおこなうということではなく、親会社(株式会社フォーデジット)という基盤があって、各分野のスペシャリストの協力が得られるので心強いと思えたのもポイントですね。一段階上の「どういう方針でやっていくか」の検討レベルからバックオフィス業務を担当できる点にも魅力を感じました。

自分ならではの視点を活かして、今何が必要かを見極める

――入社してからどのような仕事に取り組んできましたか?

私の仕事はバックオフィス全般なのですが、入社して最初の1ヵ月は経理周りのサポート中心。具体的には、勘定科目の見直し・変更をおこないました。

当社ではもともと親会社の勘定科目をそのまま使用していたのですが、当社とは事業形態が違うので、当社の事業に合わせ、なおかつ経営判断がしやすいようにシンプルな勘定科目に変更したんです。この見直しは「どこにどうお金がかかっているのか」をよりわかりやすくし、月ごとの予算や残金管理、申請承認をスムーズにする目的があり、事業拡大においても大きな意味を持つものでした。

ただ、私は前職で色々なバックオフィス業務を経験してきましたが、経理だけはほぼ未経験(笑)。なので本当に難しかったですが、自分で調べたり、本を買って勉強したり、菊地さんからアドバイスを受けたりしながら頑張りました!結果として、会社を経営視点で見られるようになりましたし、大きなやりがいも感じられたので、得たものは大きかったですね。

――今はどんな仕事に取り組んでいるのですか?

人事・広報関連の社内支援がメインです。最近取り組んだのは新メンバー入社後のサポートをマニュアル化すること。ツールのアカウント発行や使い方の説明など、細々とした作業の流れを全て文書化し、これまで特定の人が担当していた仕事を誰もが対応できるようにしました。

ただ、今は人事・広報に限らず、常に「この会社に必要なものは何だろう」という視点で会社全体について考えています。私のように入社間もないタイミングって、1番その会社の課題に気付きやすい時期でもあると思うんですよ。内側の人でありながら、外側の目線を持っているので。そういう視点で会社を見た時の気付きを進言するのは、今しかできないことなので特に意識しています。

例えば、サービスについては高いセキュリティを誇っている当社ですが、会社としての社員の情報セキュリティ教育をどうしているのかが気になり、質問してみたんです。そもそも入社受け入れのワークフローが文書化されていなかったので、このままだといつか入社時教育が漏れるなと思ったので、そこも入社カリキュラムに組み込むことになりました。こうしてすぐに改善につながるのも当社らしいところだと思います。

様々な形で、会社の魅力を発信する役割を担っていく

――当社に転職して、稲村さんご自身の変化は何かありましたか?

とにかく勉強するようになりました。前職では、正直目の前のタスクをこなすのに精一杯で、気になることがあっても調べきれていなくて。また、大きな会社だったのである程度は既に定まっているオペレーションに沿って進めれば問題ないという環境でしたので勉強は後回しにしてしまうこともありました。今振り返ると「仕組みから考える」機会自体もそう多くはなかったんです。

けれど当社はスタートアップですから、やり方が定まっていない部分が大きく、自分で考えて動かないといけない。課題に対する答えを導き出し、解決するためにはやはり基本的な知識を得る必要があるので、日々勉強です。

最近は、広報としてSNSの重要性も意識するようになり、Facebookの記事投稿を始めたところです。これからセミナーを開催する時は広告を打ってみようかなと思っているので、そのあたりも勉強中。広報関連のセミナーにも足を運ぶようになりました。

――今後、どのような業務に関わっていく予定ですか?

会社の広報全般をメインにしつつ、採用広報も含めた人事にも関わり、広い意味で、会社の魅力を発信する役割を担っていきたいと思っています。

また、今は規模が小さく人も少ないので、任せられるところは外部のプロに任せようという菊地さんの考え方に習い、自分がすべきこと、外出しすべきこと見極め、スピード感を持って会社の課題を解消していけるようになりたいと思っています。

もちろん、それ以外でも各部署でサポート業務が必要なときには随時協力していくつもりです。

「やってみる」面白さがあるから、「やってみる」ために勉強する

――当社で働く面白さとは何でしょうか?

少人数ならではの「会社全員で前を向いて進んでいこう」というフェーズに関われている点でしょうか。全社員、といっても10名程度ですが、毎週全員でミーティングをおこない、現状報告や課題感を共有しつつ、部署の垣根を超えたコミュニケーションをとっています。「自分の領域しかやらない」という人は求めていないスタンスの企業なので、今までとは全然違う経験ができるのが面白いですよ。あと、少人数なので個人の裁量が大きい分責任も大きく、「自分も会社を動かす1人」という意識が強くなりました。そこは前職と1番違うところですね。

私の場合、菊地さんのアシストも業務の1つなので、経営者の思いや会社・製品にかける思いを常に聞けるのも面白さの1つです。時には絶対に外では言えない悩みを聞けるので、これはもはや役得かもしれません(笑)。

――最後に、これから成し遂げたいことを教えてください

今後の私の目標は、“思い切り”と“決断力”を身に付けること。

クリエイティブサーベイのカルチャーになりつつある菊地さんの「やってみればいいじゃん」というひとこと。この自由さが新鮮で楽しいと思う一方で、「今は何をやるべき?」「これをやってもいいのか?」と私はまだ戸惑いがち。そこを解決するために必要なのは“思い切り”と“決断力”だと思うんです。この2つのために必要なのは、判断材料となる知識だとも思うので、あらゆる業務に邁進しつつ、自己学習もしっかり頑張っていきたいと思います!

――稲村さん、ありがとうございました!

written by CASTER BIZ recruiting


エンジニア
第二創業期を支えるエンジニア募集!SaaSアンケートツールを開発しませんか
わたしたちは、次世代アンケートツール「CREATIVE SURVEY」の開発運用・販売を行なうベンチャー企業です。 先進的なシステムと秀逸なUIデザインを両立させ、 高いユーザビリティ、柔軟な顧客ニーズへの対応等々、toB・toCともに高い評価を受け成長を続けています。 ブラウザがあれば誰もが数分で作成できる、楽しく使いやすいコミュニケーションツールの開発を実現しました。単なるアンケートツールではなく、顧客とのコミュニケーションを重ね、その情報を反映させながら開発・改善することを強みとしています。 具体的には、CRMとの連携・配信システムとの連携・メディアに合わせた結果公開の仕組み・データ形式のカスタマイズなどを提供。企業のオペレーションに合わせ、アンケートをフル活用できるシステムになっています。機能性の高さを特に高く評価いただいております。 ◆資金調達完了!未踏領域を開拓、5年以内の上場を目指す 将来性を見込まれ、クラウド名刺管理サービスを提供するSansanから2億円の資金調達を完了しています。https://www.wantedly.com/companies/creativesurvey/post_articles/163740 また、アンケートコミュニケーションにおけるデータ取得・活用の領域は、海外では大きな市場が生まれています。日本では市場がこれから作られる段階のため、発展性が見込まれる分野です。 今後は機能性の向上やSalesforceとの連携などを進め、第一人者として市場を開拓していきたい。そして80人まで仲間を増やし、5年以内の上場を目指しています。
クリエイティブサーベイ株式会社


プロジェクトマネージャー
目指すは5年以内の上場!CXを提供するツールの開発プロジェクトを牽引!
わたしたちは、次世代アンケートツール「CREATIVE SURVEY」の開発運用・販売を行なうベンチャー企業です。 先進的なシステムと秀逸なUIデザインを両立させ、 高いユーザビリティ、柔軟な顧客ニーズへの対応等々、toB・toCともに高い評価を受け成長を続けています。 ブラウザがあれば誰もが数分で作成できる、楽しく使いやすいコミュニケーションツールの開発を実現しました。単なるアンケートツールではなく、顧客とのコミュニケーションを重ね、その情報を反映させながら開発・改善することを強みとしています。 具体的には、CRMとの連携・配信システムとの連携・メディアに合わせた結果公開の仕組み・データ形式のカスタマイズなどを提供。企業のオペレーションに合わせ、アンケートをフル活用できるシステムになっています。機能性の高さを特に高く評価いただいております。 ◆資金調達完了!未踏領域を開拓、5年以内の上場を目指す 将来性を見込まれ、クラウド名刺管理サービスを提供するSansanから2億円の資金調達を完了しています。https://www.wantedly.com/companies/creativesurvey/post_articles/163740 また、アンケートコミュニケーションにおけるデータ取得・活用の領域は、海外では大きな市場が生まれています。日本では市場がこれから作られる段階のため、発展性が見込まれる分野です。 今後は機能性の向上やSalesforceとの連携などを進め、第一人者として市場を開拓していきたい。そして80人まで仲間を増やし、5年以内の上場を目指しています。
クリエイティブサーベイ株式会社
クリエイティブサーベイ株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings