1
/
5

What we do

パッケージ制作プラットフォームPOC
POCについて
「D2Cブランド・スモールブランドのパッケージ発注を変革するサービスPOC」 私たちは、誰もが簡単にオリジナルデザインのパッケージをつくれるパッケージ製造プラットフォームPOCを制作・運営するスタートアップです。POCを使うことでブランドは沢山のデザインサンプルから感性で選ぶだけで、適切なファクトリーとマッチング。小ロット、低価格でもオリジナルデザインのパッケージがつくることができます。ビジネスモデルは最近資金調達が増えているBtoB向けのマーケットプレイスモデルです。https://initial.inc/articles/world-news-202109 2022年8月の法人設立に向けて現在、β版(プロトタイプ)による検証をしながらエンジェル投資家から資金を調達しています。創業CEO、創業COOの2名で現在事業を推進中。創業メンバーとして参加していただけるエンジニアを探しています。

Why we do

VISION
PHILOSOPHY
日本の包装容器パッケージ市場は約6兆円。これは日本の広告市場とほぼ同じ大きさです。にもかかわらず情報の非対称性が強く、オンライン化がほとんどできていない昭和な業界です。多重下請け構造で成立している業界なので、マージンが重なりコスト高でもあります。 一方で、D2Cブランドやインフルエンサーブランドなど、新しいブランドは増加しており、新たにパッケージを必要とする方は増えています。それに伴いパッケージ制作まわりの課題が大きく顕在化しはじめたのがこの数年です。私たちは「テクノロジー」と「デザイン」の力でこの課題に立ち向かい、日本中のファクトリーやデザイナーの皆さんと一緒に気持ちまで動かすマーケットプレイスを作っていきます。

How we do

POCの特徴
ダイレクトマッチング
日本には大小合わせて数千を超えるパッケージ製造会社があると言われています。しかし、各社が持っている設備は限定的で、1社のみでお客さんの希望する全加工に応えるのは難しく、他社工場の設備も利用することが一般的となりました、(従来式) それが多くの工場間のバケツリレーを生んでおり、手数料や送料がかさむことに加え、いくつもの工場ラインの調整が必要となるため、納期も、コストも、ロットも事前に把握することが難しい構造となっていました。 POCはデザインサンプルと、それを自社設備のみで製造できるファクトリーをシステム上で紐づけることで、パッケージイメージを直感的に選ぶだけで、最も効率的な製造を手にすることができるサービスを提供します。コストに頭をかかえる時間をなくし、ブランドの構築に全力を注げる。それがPOCのダイレクトマッチングが生み出す価値だと考えます。