1
/
5

ケシオンで仕事をしてみて思う事、話します!!

こんにちは!株式会社ケシオン採用担当です。

今回は東京支社 営業部にて活躍する社員へ、営業部ゼネラルマネージャーの丸山がインタビューを行いました。それぞれの立場からケシオンについて沢山お話を聞かせていただきました。今回はその一部をまず、ご紹介したいです!!

“ ケシオン ” って、どんな会社ですか?


そうですね、ケシオンは“新しく何かを生み出せる、新しい事にチャレンジしてゆける”そういった事をしてゆける人が多い会社だと感じています。

広告代理店という会社が数多くあり、他との競争もある中で “ケシオン” として何か出来るか?他とは違うオリジナリティとは何か?を考え、生み出す必要があると考えています。ケシオンでは、それをまず企業が実践をしていると感じています。


私はまだ入社して2年なんですが、一番感じていることは、石黒さんと同じです!

新しいことを沢山する、あと、何でもやるなーと感じています。(笑)私自身、入社したばかりの去年1年で経験した事は、企画営業職として営業ももちろんしてきましたし、新しいプロジェクトを立ち上げる際にそのスタッフとして参加し、ショップの運営やカフェ店員として業務に関わったりもしました!また、ケシオンから提案するメディアの調達を担当する部門での業務に携わりはじめ、現在まで担当しています。


どのような部署で働いていますか?

<石黒>
企画営業としてお客さまへのヒアリングから、実際にメディアが掲出されるまでの全て流れに携わっています。業務の流れとしては、お問合せといただく事もあれば、いわゆるテレアポから新規営業させていただく場合も多いです。こういった流れから沢山の企業の方とお仕事をさせていただいています。部署の特徴としては、若手層・中堅層の社員が非常に多いと感じています。この体制は、今、お問い合わせとしても多くいただく「若い世代には今、どんなものが流行っているか?」「その世代や、流行に向けた効果的なプロモーションはどういったものがあるか?」といった求められている内容にも、柔軟にお応えしてゆける体制であると感じています。あとは、チームワークもある部署だと感じます。たとえば、誰かに業務が集中していたり、助けを求めている社員がいれば一緒に案件を手伝ったり、フォローをしたりと互いに助け合う環境がありますね。 


“ ケシオン ” に入社した理由は何ですか?

<石黒>
これ、よく聞かれるんですよね。(笑) 正直に「広告がすき」や、「この業界で絶対」みたいな想いがあって決めたわけではないです。ただ、ある特定の業界だけに関わる仕事というよりは、幅広い業界の様々な企業を知りながら仕事をしてみたいという想いはありました。こういった切り口で企業をみてゆく中で、幅広い業界のプロモーションに関われる広告代理店という仕事がいいな…と。そう言っても広告代理店は世の中に本当にたくさんある中でケシオンに決めたその決め手は、会社説明会で高山社長に出会った事ですね。(笑) とにかく情熱・想いがある人だというのが伝わってくる方で、お話の節々に向上心というか、前に進む力みたいなものを感じられて、とにかく “ キラキラ ”していました。仕事をするのであれば、こういう人と一緒に仕事をしたい!! そう思ったのがケシオンに入社する、決め手ですね。高山社長に惹かれてケシオンに決めたという社員は、他にもいますよ。


<坪根>
きっかけは、ケシオンという企業をまだ全くしらない段階で ケシオンが自社媒体として運営・管理している “ZeroBase 表参道 ”でのイベントを訪れていたこと。もともと、文化際などのイベント行事が好きで、「イベント・プロモーション・展示会などに関わること」を仕事を探す軸としていました。自分が関わりたいと思う軸で企業を調べていくうちに、ケシオンという企業を知り、ケシオンをさらに調べる中で、“ZeroBase 表参道 ”はケシオンが自社で運営管理しているビル丸ごとをプロモーションするメディアだったんだと、辿り着きました。それが分かったときに「コレ知ってる!」「私行ったことある!!」という感じでしたね。(笑) そこから、ビル丸ごとをプロモーションスペースとして活用をする発想など新しい事に取り組むケシオンが面白そうだと感じ、決めました。


入社して感じた事、教えて!

<坪根>
入社したばかりの時は、本当に上下関係が良い意味で見えない・感じない環境だな、とまず感じました。もちろん、中にはこの人は上の方だな・・・。と分かる方もいましたが本当に数名で。(笑)  役職がある方と一般の社員との距離感が近いことがその理由の一つだと感じています。そんな雰囲気がありますね。あとは、「広告代理店はきっと忙しい」という考えがあったのですが、確かに忙しいタイミングも多いですがそれよりも、「意外と頭を使うな」というのが正直な印象でした。華やかな広告やイベントプロモーションの裏には、条例やルールなど守るべきものが沢山存在していて“ 覚える・理解してゆく ”必要があると。そういた知識があって華やかな広告が出来ていると知りました。こうやって聞くと、難しいかな?と思いそうですが、私はそれがこの仕事の “ おもしろさ ” だと感じています。最初は全然分からない、知らないことでも どんどん調べて、どんどん周りの人にも聞いて、どんどん自分の新しい情報や知識を増やしてゆける。それを営業としての提案へ活かしてゆけること、新しい知識を増やしたらからこその情報や提案へつながった時は、なんとも言えない達成感があり楽しさにつながっています。


これからどんな人と一緒に働きたいですか?

<石黒>
物事を前向きに、ポジティブに考えてゆける方と一緒にお仕事したいです!たとえば、コロナ禍になって出来なくなった事が沢山あると思います。それこそ、社員同士の交流の場であったみんなで集まる飲み会も出来ないですし。そんな出来ない事が沢山ある中で、「これは出来ない」で終わらせることは案外簡単。でもそんな時こそ、こういった状況下だからこそ出来る“ 新しいコト ”は何か?と目を向けられる人って素敵だなと思っています。そういった前向きな発想をもって、ひたむきに一緒に努力できる方、そんな方と一緒に仕事したいです!


<坪根>
「想像力」「妄想力」のある人と一緒に働きたいです!一つ一つの案件に同じものは無く、いつも全く違います。それぞれその進行でどんな事が起きるか、どんな準備が必要となるかも違います。そんな毎回展開がことなる中、業務を進行しつつ頭の中では、「これだったら、あれかな?」「こっちになったら、そっちね。」など展開を想像して先読みしておくことが多いです。こういった「想像・妄想」が出来る方はきっと様々な仕事で柔軟な対応が出来るんじゃないかと感じます。

以上、ケシオンで企画営業職として活躍する石黒、坪根に話をしてもらいました。当社では新しい企画営業職のメンバーを募集しています! 新しいコトに挑戦をしてみたい、さまざまな業界と関わりながらスキルを身に着けてゆきたい方など、ぜひカジュアル面談から一度お話してみたいと思っています。


■インタビュアー:東京営業部 ゼネラルマネージャー丸山

株式会社ケシオン's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社ケシオン
If this story triggered your interest, have a chat with the team?