1
/
5

What we do

タンゴゲームワークス代表 三上真司 
Gohstwire:Tokyo 目下開発中!
タンゴゲームワークスを率いるのは、世界の注目を集めるゲーム業界のレジェンドと称されることもある、三上真司。『バイオハザード』シリーズを手掛けたクリエイターとして広く名を知られ、幾多の受賞タイトルを手掛けてきた業界を代表するクリエイター。 タンゴゲームワークスには、『バイオハザード』や『Devil May Cry』、『ファイナルファンタジー』といった有名シリーズに携わってきた経験豊かなトップクラスの開発者が集結し、AAAマルチプラットフォームゲームの開発を続けている。2014年にはタンゴゲームワークスとして初のAAAタイトルとなる『サイコブレイク』を発売。続いて3つの追加コンテンツ『ザ アサインメント』、『ザ コンセクエンス』、『ザ エクセキューショナー』をリリース。2017年には『サイコブレイク 2』を発売、新作を待ち望んでいたファンから高い評価を得ている。目下、ゲーム次世代機リリースに合わせて『Gohstwire:Tokyo(ゴーストワイヤー・トウキョウ)』を開発中。 スタジオがその傘下にある、ゼニマックス・メディア は、ビデオゲーム開発、及びパブリッシング・ビジネスを行うアメリカに本拠地を置くグローバル企業グループ。全世界に個性溢れる作品を生み出す8(拠点数13)のゲーム開発スタジオと北米、ヨーロッパ、アジアを網羅する業界屈指のパブリッシャーベセスダ・ソフトワークスを擁する。 関連会社:Microsoft Corporation、ZeniMax Media Inc./Bethesda Game Studios、ZeniMax Online Studios、id Software、Arkane Studios、Machine Games、Alpha Dog Games、Roundhouse Studios/Bethesda Softworks LLC.

Why we do

「お客さんが心から楽しめる、いいゲームを創りたい」という思いがひとつあるだけ。 今までに見たことのないゲームを創りたい。 日本発の世界的ビッグタイトルを創りたい。 国境も言葉も超えて楽しめるユニークピースを創りたい。 日本の(アニメ、漫画等の文化的背景を含めた)クリエイターならではのアイディアや技術を活かし、個性的なゲームを創りたい。 新しい世代の新しい感性で、新しい時代の新しいゲーム創りがしたい。 そして、それを世界中のユーザーに体験して欲しい! 面白かったぁ、怖かったぁ、ドキドキしたぁの経験をして欲しい! そういうユーザーの反応を受け取りながら創り手側もエネルギーや刺激が欲しい! それが好きだからやる、それをするとワクワクするからやる、いいものをつくりたいからやる。 最後のピースの”完成”を担う、お客さんに最大の『想い』を馳せながら。

How we do

オープンコミュニケーションのスタジオ風景
タンゴちゃんはいつもみんなの応援団!
「ゲーム開発にある程度の原則(文法)はあれど、教科書、マニュアルも、成功方程式もない。」何があろうと面白いものができるまで、話し合い、アイディアを出し合い、実装して、実際に遊んでみて、また作る、を「あきらめないでやる」だけ。効率的とは言えない場面に遭遇しても、試行錯誤する。あえて寄り道をする。締め切りがあるから仕上げなくては!と頭に浮かんでも、クリエイターとして納得している?と心にも聞いてみる。お客さんに本当に楽しんでもらえるものになっている?と繰り返し訊ねてみる。 「自分たちが面白いと思うものをつくること」と「それがお客さんの満足をちゃんと得られること」。この「ふたつ」が大事。両方大事。