This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

AmazonでECを経験した私がライブコマース事業に入社した理由

こんにちは!
株式会社17 Media JapanのElenaです。

今回は新規事業の『ライブコマース事業』に入社したFunさんにインタビューをしました。
ぜひ、ご覧下さい。


今までのキャリアは


大学時代にアメリカ留学。日本の商品やサービスが世界一の経済大国であるアメリカでも受け入れられていることに感動し、”Made in Japanを世界に届ける” 仕事をしたいと思い、大学卒業後に株式会社ファーストリテイリングに入社。

EC事業に携わりたいと思い大手企業向け業務システム(ERP)の開発・販売を行ないECシステムも扱っている株式会社ワークスアプリケーションズに転職し、売上高数千億〜数兆円の企業向けに人事・会計・サプライチェーンといったシステム提案を行なっていました。

その後、Amazon Japan合同会社に転職をし、新規事業の立ち上げメンバーとして法人向け通販サービスのAmazon Businessの出品者開拓営業と、既存出品者への機能提案を担当していました。


イチナナに入社した理由は

Amazon Japan合同会社では扱う数字も大きく、世の中に認知されているサービスに携わっていることに誇りを感じていましたが、外資系の大企業特有の「ヘッドクオーターで決まった指標を達成する」ことが求められていました。

多くの指標がある中で、一部の指標の意義や目的、優先順位に少しずつ疑問を持ち始め、「目標や活動指針に対して納得感をもって仕事がしたい」「スピードが早く裁量を持って仕事がしたい」「30歳のタイミングでキャリアの軸となる経験をしたい」と考えるようになりました。

その時、転職エージェントを通して17 Media Japanのライブコマース事業を紹介してもらい、今までの法人営業とEC経験を活かして、「新規事業立ち上げ・事業開発」という”営業+α”の経験を積みたいと思い入社を決意しました。



ライブコマース事業の魅力とは

ライブコマースという言葉を聞きなれない方もいると思います。ライブコマースとはライブ動画を配信し、視聴者はリアルタイムに商品に対して質問やコメントをすることで、商品をその場で購入できるという新しいEコマースで、すでに中国市場では非常に伸びている事業です。

しかし、日本での市場はまだまだ確立されていません。
日本で明確なリーディングプレイヤーがいない中で、事業を成功に導いていく。
この挑戦ができることはとても魅力だと思っています。

また、私は店舗とECのどちらも経験してきたからこそ思うのですが、
店舗とインターネット(EC)での物売りの境界線が無くなってきている中で、
ライブコマースは今までのECをよりリアルに近づけた新しい購買体験を消費者に提供できる点が魅力だと思います。


現在の業務内容は

3つあります。
1つ目は営業業務です。アパレルブランドにアポイントメントをとり新規開拓営業を行なっています。また、マネージャーとともに予算作成からターゲット選定、営業戦略の策定にも関わっています。

2つ目はサービス全体に関わる外部企業とのアライアンス締結です。物流会社や決済会社との打合せや、システム、翻訳などの業務委託会社との折衝、リスク確認のための弁護士と打合せなど、幅広く携わっています。

3つ目は採用業務です。チームメンバーの採用のため会社説明会で事業紹介をしたり、面接も担当しています。


チームの雰囲気はどんな雰囲気でしょうか

現在マネージャー1名と営業2名、アプリ企画1名の計4名です。チームの雰囲気は明るく和気藹々としています。納得するまでディスカッションしながらより良い方向になるように業務を行なっています。また、CEO直下のチームなので日常的にアドバイスをもらったり、雑談からアイディアが生れることもあります。


最後に興味を持ってくださった方へメッセージをお願いします

日本ではまだ確立されていない市場を創り上げる大変さはありますが、
自らの手で成功させたいと思う方や起業家精神をもっている方であれば
楽しんで仕事ができる環境だと思います。

それと同時に、まだ世の中に浸透していないサービスを浸透させていくため
営業力も求められますし、アイディアを生み出し自ら実行できる力も求められます。
新規事業で0→1の経験に携わりたい方からのご応募お待ちしております。



ライブコマースプロダクト
ライブコマースアプリのプロダクト運営ディレクション担当WANTED!
私たちは、『次世代のエンターテイメントを創出する』という大きなビジョンを掲げ、 2017年6月に17 Media Japanを設立しました。 17 Media Japanは、ライブ配信を通じて17LIVER(ライブ配信者)がオーディエンス(視聴者)と リアルタイムでコミュニケーションを取ることができる場所として、 今や日本トップクラスのライブ配信アプリとなった「17LIVE」を運営しています。 『17LIVE』は、世界6カ国で展開し4,500万人ユーザーを超えるサービスにまで成長、 月収1,000万円を超える17LIVERも誕生し、新たな雇用を創出しています。 今や『17LIVE』が輩出した17LIVERが、既存メディアに登場する逆流現象が起きています。 しかし、日本での挑戦はまだ始まったばかり。 日本ではまだ未成熟なライブ配信市場を盛り上げるための「啓蒙」、 ライブ配信を日常生活の一部として楽しむ「文化」を作ることが必要とされています。 これまでにない新たなエンターテイメントを創造し、 ビジネスを拡大させていくために日々挑戦を続けています。
株式会社 17 Media Japan


ライブコマース
EC経験を活かしてライブコマース事業にWANTED!!
私たちは、『次世代のエンターテイメントを創出する』という大きなビジョンを掲げ、 2017年6月に17 Media Japanを設立しました。 17 Media Japanは、ライブ配信を通じて17LIVER(ライブ配信者)がオーディエンス(視聴者)と リアルタイムでコミュニケーションを取ることができる場所として、 今や日本トップクラスのライブ配信アプリとなった「17LIVE」を運営しています。 『17LIVE』は、世界6カ国で展開し4,500万人ユーザーを超えるサービスにまで成長、 月収1,000万円を超える17LIVERも誕生し、新たな雇用を創出しています。 今や『17LIVE』が輩出した17LIVERが、既存メディアに登場する逆流現象が起きています。 しかし、日本での挑戦はまだ始まったばかり。 日本ではまだ未成熟なライブ配信市場を盛り上げるための「啓蒙」、 ライブ配信を日常生活の一部として楽しむ「文化」を作ることが必要とされています。 これまでにない新たなエンターテイメントを創造し、 ビジネスを拡大させていくために日々挑戦を続けています。
株式会社 17 Media Japan


ライブコマース
ライブコマース事業!カスタマーサポート立ち上げメンバーWANTED
私たちは、『次世代のエンターテイメントを創出する』という大きなビジョンを掲げ、 2017年6月に17 Media Japanを設立しました。 17 Media Japanは、ライブ配信を通じて17LIVER(ライブ配信者)がオーディエンス(視聴者)と リアルタイムでコミュニケーションを取ることができる場所として、 今や日本トップクラスのライブ配信アプリとなった「17LIVE」を運営しています。 『17LIVE』は、世界6カ国で展開し4,500万人ユーザーを超えるサービスにまで成長、 月収1,000万円を超える17LIVERも誕生し、新たな雇用を創出しています。 今や『17LIVE』が輩出した17LIVERが、既存メディアに登場する逆流現象が起きています。 しかし、日本での挑戦はまだ始まったばかり。 日本ではまだ未成熟なライブ配信市場を盛り上げるための「啓蒙」、 ライブ配信を日常生活の一部として楽しむ「文化」を作ることが必要とされています。 これまでにない新たなエンターテイメントを創造し、 ビジネスを拡大させていくために日々挑戦を続けています。
株式会社 17 Media Japan
株式会社 17 Media Japan's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more