This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

20代で考えるべきキャリア戦略

こんにちは!ASSIGNの平林です。
ASSIGNは、価値観に沿ったキャリア戦略を描きながら転職支援を行っています。

以前、「価値観」について、以下のフィードでご紹介しました。

他人の価値観で生きるな


今回は、20代で考えるべきキャリア戦略について、弊社代表の小瀬村のブログの転載を通じて、お伝えします。

以下、転載です。

20代のキャリアのゴールとは?

抽象的で掴みにくいキャリア論では、ゴールを明確にすることが重要となる。

様々な考え方はあると思うが、キャリアプランにおいて20代は「30歳で迎える意思決定への準備を完了すること」が目的であると言える。

そこで避けては通れない、30歳での意思決定についてまずは説明をしていきたい。
転職において、30歳前後(28~32歳)は今後40年働く領域の確定を求められる時期である。

転職市場としてもこの時期を超えると未経験者を受け入れることはないと言い切ってもよく、転職者側としても家族などの兼ね合いもあり、選択肢に制限がかかってくるのは避けられない。

終身雇用が崩れ去ったと言われている現代ではあるが、30歳では一生働いていく分野を見定める、一大意思決定を迎えるのだ。

この30歳での意思決定は、実は無意識のうちにされてしまうことが多い。日々の業務に従事している間に、気が付いたら進む先が確定しているという場合だ。
もちろん目の前のことに集中し、会社のため、お客さんのために打ち込むこと自体には非常に価値があるのだが、そんな頑張りをしている人こそ、1年に1回でも良いので、自分の向かう先について、自分のために時間を使って考えるべきである。

今後30年という長い期間を考えればわかるように、本来はこの意思決定は20代のうちから念頭に置きながら進んでいくべきである。
そのために、自分がやりたいことは何なのか、そこで今後30年を過ごす機会を掴めるのかといった準備をしていくことが20代のキャリアの目的であると考えて欲しい。

以降では、この30歳前後での意思決定に向けた準備について、大きく2つの観点から説明していきたい。


Ⅰ.やりたい領域を特定する

まずは、今後30年間やっていきたいと思う領域を特定することだ。

20代での転職時には、
「勉強をし、人と接しながら大きな仕事がしたい」
「様々な領域に触れながら、知的な面白さを感じたい」
といった曖昧な意向になるのは仕方ないが、

30歳を迎える時には、
「IT営業としてビッククライアントを持ちたい」
「戦略コンサルとして、業界に絞られないチームに属したい」
と仕事に紐づいた形でのキャリア意向に持っていくのが理想的だ。

しかし、このテーマについて考えようとすると、選択肢の広さや実際にやってみた経験がないがゆえに、結局まとまらないということになりやすい。
今回はきちんと検討を進めるための検討のコツを紹介していきたい。


まず一つ目としては、ピンポイントに絞りすぎないことだ。

今考えていて、明確な結論が出ない場合、それは明らかに情報や経験が足りていないことを意味する。この状況で、ピンポイントに特定しようとすると、かえってバランスを崩し、大きく誤った結論に着地したり、結局考えが進まなかったりする場合が多い。

究極的にはやってみないとわからないという大前提に立つべきであり、今やっている業務がやりたいことに近いと感じている場合は除き、ある程度の曖昧さは許容すべきである。

曖昧だが、ここまでは正しそうだというアタリをつけ、より正確な自分の意向を知るべく、飛び込んでみるという妥当な考え方が必要となる。30歳までに、絞り込んでいくという姿勢で検討することによって、着実に考えを進めることができる。

むしろ、エージェントとしては、非金融かつコンサル未経験の方から
「コンサルファームの、金融チームにて新規事業立案がやりたい」
と言われたとしたら、その場合は不安どころの騒ぎではない。

自分の意見を持つことは非常に良いことだが、経験がない場合のピンポイントさは、仮説の上に仮説を重ねたぐらぐらの意向である場合が多くなるからだ。その人の着実の一歩のため、建設的なキャリアを一緒に考えていければ何よりである。


二つ目は、広さを許容することだ。

こちらは1つ目で上げた途中経過として曖昧さとは異なり、
「最終的な着地点も広くなる場合がある」
ということを意味している。

具体例でいえば、一口にコンサルといっても、
「IT会計パッケージの導入に強くなっていきたい」という人もいれば
「戦略~ITまでいろんな領域に関わっていきたい」という人もいるのだ。

20代でやりたいことを考えていくと、どうしても最初は幅広く、後に狭く、専門性を持つと考えやすい。ただし実際には、興味の広い人は広いままであり、狭い人は絞られていく、ということを理解しなければならない。

読書が好きな人でも、大人になっていくにつれ、実用書しか読まない人もいれば、小説から実用書まで本なら何でも読む人がいるように、その人によって広さは様々である。中にはハリーポッターだけを熱狂的に好きになるという人もいるのだ。

よって、自分のやりたい領域は、広くても狭くても問題は何もない。自分の興味の広さなどを踏まえながら、絞りすぎることなく考えて頂ければ幸いである。


Ⅱ.特定した領域に30歳で移れるようにする

自分のやりたい領域は一朝一夕には特定できないのは前述の通りだが、その一方でいざ特定できた場合に移れるようにしておく必要がある。

例えば、27歳でなんとなく戦略コンサルか経営企画室が向いていると考えている人がいるとしよう。この方は、次の転職では戦略コンサルに行くべきである。

もし経営企画部に行った場合、30歳で戦略コンサルがやりたいとなった場合でも、働き方や能力、経歴などの様々な点から転職することはなかなかに難しくなる。一方、戦略コンサルから経営企画室に移る案件はちらほら存在し、能力さえあれば決してハードルは高くない。

このように、自分のやりたいことを明確にする一方で、柔軟に移れるようにしておく必要がある、世間的にはコンサルに行っておけば問題がないと勘違いされるが、そんなことはない。マーケ部門に移るのであれば事業会社でマーケを経験しておいた方が無難であり、財務戦略をやりたい可能性があるのであればIBDやFASでの経験を積む必要があるなど意外に複雑である。

この点については、どうしても転職市場の知識が必要となるため、信頼できるエージェントと相談し、キャリアの拡がりについて考えて欲しい。今は高い確率でやりたいことだと思ったとしても、究極はやってみないとわからないという観点に立つと、場合によってはキャリアの柔軟性を重視した方が良い場合もあるのだ。

もちろん最後の意思決定は、転職者の方にしかできないことではあるが、情報源や一緒に考えるパートナーとして、エージェントを信頼して頂ければ嬉しい限りである。

本日は以上です。


転載元:https://tkosemura.hatenablog.com/entry/2019/02/06/173657

株式会社アサイン's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more