1
/
5

「ユーザーにとことん寄り添ったコンテンツを作る。」彼女がシアンで働くわけとは

みなさん、こんにちは!

株式会社シアンの人事部の畑岡です!

今回は2022年9月にシアンにジョインし、ECメディアでライターとして活躍している前川さんにインタビューをしたので皆さんにお届けします!

──早速ですが、自己紹介お願いします!

ECメディアでライターをしております、前川です。普段はECメディアでライターとして、既に公開した記事の質を向上させるリライト業務をメインで担当しています。

趣味は野球観戦で、年間30回以上行くくらい大好きです!

──これまでの経歴を教えてください!

社会人は美容師としてスタートしましたが、1年ほど経った頃に、変化が激しい環境でチャレンジしてみたいと思ってwebサービスの世界に飛び込みました。美容師は辞めたものの、学生時代から美容の勉強をずっとしてきたので、何らかの形で美容に関わりたいという気持ちがあったんですよね。そこで、当時よく使っていた女性向けメディアの会社に入社しました。その後、webライターとしてもう1社で経験を積んだ後に、シアンに入社しました。

──美容師だったんですね!その後はどんな仕事をしていたんですか?

1社目では女性向けPV型メディアの記事執筆・編集を主に担当していました。最初はパソコンもほとんど触ったことない状態だったので色々と苦労しましたが、仕事が認められて徐々にチームのマネジメントやイベントの企画・運営も任されるようになりました。

Webライティングをしていると、普段ユーザーと直接接触する機会は少ないのですが、オフラインイベントの企画と運営をした際に、イベントに来てくれたお客さんが喜んでいる様子を見て、「ユーザーを笑顔にする楽しさ」を知りました。その体験が「ユーザーに寄り添ったコンテンツを発信したい」という自分の思いの原点になっています。

──「ユーザーに寄り添ったコンテンツを発信したい」素敵すぎるコンセプトですね。

ありがとうございます(笑)その次に勤めた会社ではCV型のメディアで記事執筆を担当し、「売り上げを伸ばす楽しさ」を知ると同時に、売り上げにこだわるあまり、ユーザーにそこまで寄り添えない環境にもどかしさを感じてて、。自分の思いが実現できる環境を探していたところ、シアンとのご縁があって入社しました。



──実際シアンで働いてみてどうですか?

私の「ユーザーに寄り添ったコンテンツを作りたい」という思いが、会社の考え方と一致しているため、やりがいを持って仕事ができています。代表からメンバーまで全員がユーザーと向き合い、より良いコンテンツを作るために日々試行錯誤しているので、ここなら最高のコンテンツを作ることができるはずだというワクワクが止まらないですね。

また、風通しの良さはとても感じます。採用面談の際に、代表の杉野さんが「意見の言いにくさを減らすために、発言の内容に関わらず、発言すること自体を賞賛するようにしている」と言っていたのが印象的でした。実際に、オフィスでは立場に関係なく活発な意見交換がなされています。いい意見は積極的に取り入れられるので、クリエイティビティ持って仕事に集中できます。そういう環境は自分にとっては新鮮だったので少し驚きですね。

──入社前後で感じたギャップはありますか?

仲間の熱量が高いことです。社員は勿論、メンバーの多くを占めるインターン生達も、一人ひとりが会社経営出来ちゃうんじゃないの?ってくらい高い熱量で仕事をしているんですよね。しかも、年齢関係なく本当に尊敬できるメンバーばかり。彼らと仕事していると、自分の事業への向き合い方も自然と熱を帯びるし、なにより一緒に働いていてとても楽しいです。中高と6年間本気で打ち込んだバドミントン部を少し思い出しますね(笑)

──最後に、今後の抱負を聞かせてください!

日々コツコツと仕事を積み重ねて、少しでも売り上げに貢献できるように頑張ります!

ゆくゆくは自分でメディアを持って、ユーザーのためになる情報を沢山発信していきたいです。

──前川さん、本日はありがとうございました!

ありがとうございました!これからも頑張ります!

あとがき



「ユーザーに寄り添った情報を発信したい」という前川さんの言葉から、コンテンツに対する誇りと情熱を感じました。メディア事業部の今後がとても楽しみです。

株式会社シアンではメディアを介した情報発信で「世界の喜びを最大化」していきます。我々と一緒に日本一のメディアを作る挑戦をしてみませんか?あなたからの応募をお待ちしております。

株式会社シアン's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings