1
/
5

安定企業から飛び出しベンチャー企業のシアンを選んだ理由

Photo by Hardy Kolson on Unsplash

人事部部長 中井

入社前までの経歴

学生時代から飲食チェーンでアルバイトしており、大学卒業後はアルバイト先の運営会社に入社をしました。店舗管理・運営を考える際に、必ず採用・教育・定着の壁に当たりました。企業成長のためは、必ず組織を構成する人材の成長が重要であると考え、元々独立して店を持つ事や起業する目標から人事領域にキャリアを全フリし、人材会社での採用などを主に行っていました。

人材会社での主な業務は?

年間1200名以上を採用する企業でのエリア採用責任者を行っておりました。ここでの経験が、採用領域での私のキャリアに大きく影響を及ぼすことになりました。

元々、飲食会社に勤務していた為、採用業務を専門とするのは初めての事でした。以前から、面接経験やアルバイトの媒体設定などは行っていました。しかし、転職市場の動向を把握し人材流動を考えた採用や、組織においての人事の役割などの深い知識は皆無に近かったので苦労を重ねましたが、採用を行う中で自身が採用した方が業務幅や専門知識などを取得して活躍し、自信に満ち溢れた姿に成長することがとても嬉しく、今でも人事としての大きなやりがいの一つとなっています。

在籍していた企業では、候補者の面接・入社管理だけではなく、応募者の母集団形成・管理・入社後のオンボーディングなど採用・教育・定着まで一貫した役割を担っていた為、採用に限らず、候補者が育つ仕組みを作ってゆく事が自身の知識や経験に繋がっていきました。また、チーム・組織マネジメント・制度設計なども経験しました。

なぜシアンを選んだのか?

大きく2点あります。これまで在籍していた企業は、従業員2000人以上で年商も100億を超える企業で役職・役割責任も持たせてもらい、自分で言うのもおかしいですが慕ってくれ、頼りにされている事も多くありました。でも、ベンチャーであるシアンを選びました。

1点目、「挑戦をしたい」

何に挑戦をしたかったのか?

  • これまで培ってきた経験を活かしてベンチャー企業を成長させる挑戦
  • 採用だけではなく企業・事業にコミットし人事で事業成長・企業成長に挑戦
  • 組織や人事、採用も整っていない環境への挑戦

組織や人が若いので、伸びしろは無限にあると思っているし、だからこそ、私も挑戦したい。これから、これまで経験した事が無いほどの成長が待っているし、手繰り寄せる必要があると思っています。

2点目、「会社・事業を想う事が出来る

これまで在籍した企業では、一緒に働く仲間を想う事はあっても企業を想う事がありませんでした。自身のマインドにも伸びしろはありますが、事業内容・社内・一緒に働く仲間の視座が私に響く環境ではありませんでした。自身のキャリアばかりを考え、会社の成長に対して客観的になっていたと思います。

声を掛けてくれた代表の籔本やCFOの堀とシアンの未来を考えた時に本気になれると心の底から思ったのが入社の決め手です。0⇒1のものを世に出してきたカリスマの塊である代表の籔本、事業成長・成功にコミットし続けてきた管理の神である堀と一緒にシアンという会社を世に広げていきます。

どんな人と一緒に働きたいか?

ジェットコースターのような激動の日々を楽しむことが出来る人をお待ちしています。自分の仕事に線引きせずにがむしゃらに頑張れる人。

現在、シアンで頑張っている編集・ライティングメンバーは、書いた記事がなかなか売上に繋がらないとか、ユーザーに良い情報を提供できないとか、日々苦戦していることが多い耐え忍ぶ時期だと思っています。それは言い換えると、確実にチームや個々でナレッジが溜まり始め、事業が伸びるファクターがどんどん積み上がっている時期です。これが、どこかで一気にブレイクするんですよ。そのタイミングがとても近くに来ていると感じています。

現在のシアンには、成長・挑戦が出来る環境しかないです。困難や辛い事も多くありますが、自身の成長が事業・会社の成長に直結します。この驚異的な速度での成長は、ある程度組織や制度が出来上がっている会社では経験出来ないと思います。少なくとも私はこんなに変化の多い毎日をこれまでの会社では経験出来ませんでした。シアンでは、普通の企業では味わえない喜びと成長があります。だからこそ、日々楽しさとやりがいを持って業務に集中することができます。

想像できないほどの速度で成長したい人はぜひ、弊社のメンバーの話を聞きにいらしてください。何気ない面談を、きっと人生が変わる出会いにすると約束します。

株式会社シアン's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings