1
/
5

メンバーあれこれ~学生時代の思い出

メンバーあれこれ!

本日は藤岡(た)さんの記事をご紹介!

============================

「今度100人で富士山登っててっぺんでおにぎり食べる

って言うイベントをしようと思ってるんやけど、お前もいっしょにやらへん?」
当時20歳の私に友人がかけてくれたこの言葉が、

その後の就活の軸や今後の人生に大きな影響を与えるきっかけとなりました。

どうも、入社8年目の藤岡です。
今日は就活の軸を見つけることができた学生時代のエピソードについて書きます。

冒頭で少しふれたのですが、
実は私、学生時代に3回富士山に登っているんです。
ちなみに昨年は京都マラソンも完走しました!
とにかく足を動かし、遠く、高い所へ行きたがる傾向にあるようです。笑

「登ったらおもろいんちゃう?」
「予定も空いてるし、この人が言うてるんやから行ってみよかな」

そんな些細なきっかけですが、一歩踏み出してみる事で、

見える景色、感じることが変わった体験があります。

その一つが学生時代に企画した「学生100人で富士登山企画」です。
いざやろう!となった時は、周り友人の反応も様々で、
「めっちゃおもしろそうやん!」が1割
「へー、いいやん。でもバイトあるしなー。」でやんわり断るが8割
「そんなんやってなんの意味があるん?何がおもろいん?」が1割
そんな反応です。

でも良いんです。
自分がおもろそう!って感じたから。
で!いざやってみると、めっちゃおもろかったんです。笑

15名の企画メンバー集めから始まり、100名の参加者集め、

当日のバスの予約を始めとした工程の準備、緊急事態に備えた準備、

安全面の勉強会企画、当日のコンテンツ作成、広報文作成、

当日までのワクワク感醸成のための企画、登山を終えたあとの後夜祭の企画など。
今思っても結構やってたな。と思います。
そして、なによりも時間をかけたのが、

なんでやるか?
何ができれば自分達のゴールとするのか?
企画メンバーとミーティングを重ね、夜中まで語り、

気づけばカラオケ大会がはじまり、朝になり、なか卯でうどん食べて帰る。

の流れを週3くらいで2ヶ月弱やりました。

私たち企画メンバーが作ったゴールは

「むっちゃええ顔して帰ってくる。」

今思えば抽象的すぎるやろ!という印象ですが、
真剣に考えて納得して決めたのでOKとします。
むっちゃええ顔ってなんやねん?って会話からスタートし、
過去の体験や感じたこと、

なぜこの企画に参加しようと思ったのか?
どんどんどんどん掘り下げていきます。
少しずつ腹を割って話せるようになり、チームが醸成されていきました。

当日迎えて、参加者をどのように迎えたらすぐ溶け込んでくれるか?
「こんな言葉掛けをしよう!」「自己紹介はこういう流れでやっていこう!」
打ち合わせをして挑むも、想像以上に盛り上がってホッとしました。
無事、登山はできて、頂上でおにぎりを。パクッ!
頂上はむちゃくちゃ寒いのでおにぎりはカチカチです。でもOK!
頂上でご来光を見ていざ、下山。
ただ、頂上までいくことに力を使い果たしていたため、

下山が地獄。なんとか下山できた後の充実感や100人の一体感。

時間はかかりましたが、この体験がめちゃくちゃ面白かったんです。

少し長くなりましたが、この体験があったから、
自分はどんなことを嬉しいと思ったり、面白いと思うのか?
どんな時に達成感や充実感を感じるのかを自覚できました。

ここで見つけられたことは、
「人と一緒に何かをやり遂げることが好き」
「自分が主体的に取り組めることで楽しさややりがいも増す」
「本音で話す。オープンなコミュニケーションに心地よさを感じる」
こんな自分に気づくことができました。それを軸にして就活をしました。

でもこれって、やってみなきゃ分からなかったことなんです。
些細なきっかけに乗るか、乗らないか?の選択で流任せて乗ってみたら、
自分を知ることにつながりました。

皆さんの中にも、
学生時代に熱中したことや、
印象に残っている出来事があると思います。
バイトでも部活でもなんだって良いと思います。

大切なのは、その出来事に対して、自分はどんなことを感じて、

どんなことを考えたのか?率直で正直な気持ちを自分で知ることだと思います。


是非いろんな視点、いろんな切り口で自分を知って、納得のいく就活にしていただきたいと思います!

==========================

これからうちのメンバーの事をもっと伝えていきます!

https://member.order.co.jp/

👆うちのメンバーの記事がたくさん載っています♪

https://member.order.co.jp/member/show_list_article/837

👆藤岡(た)さんのページ

株式会社インオーダー's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more