1
/
5

エンタープライズアーキテクト部の始動で、全体最適と個別最適を鑑み経営課題解決を目指す/エンタープライズアーキテクト部 部長 山下 秀治

エンタープライズアーキテクト部の始動で、全体最適と個別最適を鑑み経営課題解決を目指す

山下 秀治
エンタープライズアーキテクト部 部長

大学卒業後、エンジニアとしてキャリアをスタートさせ、金融業界のオンライントレーディングやバックオフィスシステム開発に従事。その後アビームコンサルティングに入社。パーソルキャリアを経て、2020年7月よりスタンバイに入社。

“はたらく”の概念を変えていきたい―。代表・南の思いに共感した

ファーストキャリアはエンジニアで、金融業界のオンライントレーディングやバックオフィスシステム開発を手掛けていました。その後、コンサルティングファームで金融業界を約6年担当したのち、事業会社に行こうとパーソルキャリアに転職しました。

人材領域を選択したのは、たまたま、そこで働く仲間が魅力的だったからです。そこでは営業部門やバックオフィスが使う社内ITシステムのほか、求人メディアのプロダクト開発の責任者として携わり、 “はたらく”選択肢を幅広く提供できるサービスを作りたいと考えていました。

ただ、ユーザーの声を聞くと、情報量はまだまだ足りなかった。日本全国あまねく求人を扱っていたかといえば、そうではなく、一部の企業に限られているのが現実でした。

求職者のはたらく可能性を最大化出来るような日本全国の求人にリーチできるサービスはないのだろうか。そう考えていたときに、出会ったのがスタンバイの代表・南でした。登録していたビズリーチ経由でオファーをもらい、2時間近く話をする中で、“はたらく”という概念自体を変えていきたいという南の熱意に背中を押されました。

Visionalグループの中でもスタンバイはスタートアップフェーズで、今まで経験のないフェーズ。また、VisionalとZホールディングスの合弁会社として2019年に会社が出来たばかりであり、組織も未整備という新しい環境でチャレンジしたくて、スタンバイへの入社を決めました。

世界を見据えた「エンタープライズアーキテクト部」の立ち上げへ

入社後にまず行ったのが、事業を推進していく上での現状把握と問題・課題設定でした。

最初に配属されたのは、全社共通のSaaSを管理するコーポレート部管理ITグループでした。でも、「言われた通りに作業する」ような社内IT部門は作りたくなかった。海外では、経営戦略・課題をもとにシステム立案やデータ活用を提案、リードする「エンタープライズアーキテクト職」があります。スタンバイでも、世界を見据えて成長していくのなら、事業成長を見据えた全体最適を考えて対策を打っていく組織が欠かせないと考えました。
プロダクト開発や営業チャネル戦略など、各組織でやりたいことを加速させるには、社内の仕組み化を担い、全体最適と個別最適双方を考え動き続ける専門部隊が必要です。その思いに賛同するメンバーたちと、エンタープライズアーキテクト部を組成しスタートしました。

事業推進につながる仕組み化により、全社員が快適に働ける組織づくりを目指す

エンタープライズアーキテクト部のミッションは、プロダクト開発からビジネス開発、コーポレート部門まで、あらゆる組織と社内連携を深めながら全体最適を考えていくこと。事業推進がスムーズになるような仕組み化の実現が求められます。

煩雑な作業を取り除き、誰もが簡単に安心して使える環境をどう構築・継続改善すべきか、メンバーと議論しながら進めています。

「動き続けて、仕掛け続ける」部門になるべく、今後も、ほかの事業領域の課題にも取り組んでいきます。

私はもともと、極度のめんどくさがりなんです。だから、「この作業や仕組みはめんどくさいな。もっと簡単にできたらいいのに…」と課題をすぐに見つけてしまう。わざわざめんどくさいことをやりたくないし、それを取り除くことで働く仲間が本当にやりたいこと、人にしかできないことに集中できる方がいいでしょう。

プロダクト開発をはじめビジネスが計画通り進み、スタンバイ社内のみんなが快適に働いている。そんな組織・仲間を作ることが、私のモチベーションになっています。

事業やサービスを自分ごととして捉えられる人が揃っている

スタンバイの魅力は、ゼロから組織や事業を作っていくスタートアップながら、Zホールディングスのアセットを活用できる恵まれた環境があるということ。

ただ、入社してみると、組織体制ができていなかったり、仕組みや基準・ガイドラインが揃っていなかったりと「聞いてはいたけれど、本当に何もない!」と驚きましたね。「自分で考え作っていける」と前向きに考えられるマインドが欠かせないと思います。

自分たちでスタンバイを大きくしていくんだ、という立ち上げフェーズだからこそ、事業やサービスを主体的に考え動ける人が揃っています。新しい取り組みを「やってみよう」と決めるスピードも、実際に導入するまでのスピードも非常にはやいです。

エンタープライズアーキテクト部の役割は、ビジネスを最速で前進させていく上で阻害要因を取り除くことです。様々な阻害要因があるなかで出来ないと批判せず、どうすれば出来るのかを見いだして、UPDATEしていく、組織をよりよくしていきたいという思いを持った方にぜひお会いしたいですね。

株式会社スタンバイ's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more