1
/
5

すばらしいサービスを正しい形で世の中に届けたい。SREに込めた思い/プロダクト部 SRE テックリード 小宮 孝二

すばらしいサービスを正しい形で世の中に届けたい。SREに込めた思い

小宮 孝二
プロダクト部 プラットフォームグループ SRE/テックリード

大学卒業後、SIer、事業会社を経て、GREEでソーシャルゲームのバックエンドとインフラストラクチャーを手掛ける。事業の幅を広げようとリクルートに入社し、新規事業部門でゼロからのサービス開発を複数担当。その後、AWSでのソリューションアーキテクトを経験後、2020年10月にスタンバイに入社。

マジョリティに向いたプロダクト特性に惹かれた

求人検索エンジン「スタンバイ」は、職業選びを考える幅広い層をターゲットにしたプロダクトです。経験を生かした仕事に就きたい人、キャリアアップしたい人、職種を限らず自分にできる仕事を探している人。仕事を見つけたいと考えるマジョリティに向けたサービスであることが、スタンバイに惹かれた理由でした。

それまでは、複数の企業でインターネットサービス開発全般を経験してきました。GREEではソーシャルゲームというハイトラフィックサービスの開発全般を担い、その後、事業ドメインの幅を広げたいとリクルートで新規事業の立ち上げなどを担当。スタンバイは、まさにこれからハイトラフィックに向かっていくサービスであり、これまでの経験を生かせると感じました。

どんなに素晴らしいプロダクトやサービスを作っても、世の中に届けるときには技術的な障壁が多くあります。ソーシャルゲームでは、イベントリリース当日にユーザーのアクセスが殺到しサーバーダウンしてしまうなど悔しい経験もしてきました。せっかく作り上げたサービスが、アクセスできないことで届けることができず、一度離れてしまったユーザーはもう二度と戻ってこない。そんな経験もあって「正しい形で世の中に送り届ける」ための技術整備、SRE(Site Reliability Engineering サイト信頼性エンジニアリング)の重要性を感じてきました。

SREは整備の重要性は高いものの、事業のUVP(Unique Value Proposision 顧客へ提供する自社ならではの価値)には直結しないことが多く、なるべく手間をかけずに実現できることが望ましいです。

入社前のスタンバイは、キャンペーンなどハイトラフィックが予想される施策を実行するためには多くの準備が必要でした。プロセスも複雑になりがちなのでバグのリスクも高まります。改善できる点も多く、自分の様々な経験を活かしてチャレンジできる場も多いと感じました。

ハイトラフィックに対応できる「SRE」の整備

入社して取り組んだのは、SREの仕組み化です。

SREは、Google社が提唱するシステム管理・サービス運用を担うエンジニアの役割を示します。SREが目指すのは、どんなにアクセスが増えても、自分たちが作っているサービスを問題なくユーザーのもとに届けるようにすること。そして、プロダクト開発にかかわるエンジニアが増えても、安定して機能改修しリリースできるアーキテクチャを提供することです。

ハイトラフィックなサービスを持つ企業の多くは、SREに関する様々な取り組みを行っています。スタンバイでは、以前までは機能リリースまでの手順が多かったり、アクセス増加に対応するために手作業を必要としたり、削減可能なトイルが多く存在しました。より多くの価値をユーザーに届けるために、プロセスをできるだけ簡略化することが重要と考えました。

私のように外部から入ってくると、社内で慣習化していた煩雑なプロセスに対して、素朴な疑問が生まれます。「このプロセスは自動化できるのでは?」「これはマネージドサービスに置き換えることができるのでは?」など、メンバーとアイデアを出し合って少しづつトイルを削減していきました。今ではSREを主要な目的とする専門組織としてより安全で効率的な体制を目指しています。

作り上げたプロダクトを問題なく届けるのがSREのミッション

SRE組織のミッションは、開発エンジニアが使う基盤づくりです。

プロダクトをリリースする際には、開発環境やエンジニア個人のPC内で開発したものを、インターネット上に公開することで初めてユーザーに届けることができます。このプロセスを簡潔、安全にし、かつサービスを安定して運用できる基盤を構築することが主な業務です。

しかし、変更したプロセスが実用的ではなかったり、機能開発が優先されたり、提案がスムーズに受け入れられないときもあります。

そんなときは、変更することでトラブル発生のリスクをどれくらい下げることができるか、どれくらい運用が楽になるかなど、こちらの意図や課題意識を丁寧にコミュニケーションします。変更後のリソースイメージを明確にすることも大事。変更したら不便になってしまっては意味がないので、情報共有は欠かせません。

目指すのは、どんなにトラフィックが増えても全員で考えたサービスが正しくユーザーのもとへ届くようにすること。

想いを込めたサービスがリリース時のトラブルで動かなくなり、ユーザーに届かないようなことがあれば、もう一度ユーザーに振り向いてもらうことは非常に困難なことです。

大きな変更をした際もサービスが不備なくユーザーに届き続けていること、そしてサービスが成長し続けることがSREとして達成感を感じるポイントです。

業界トップを見据えてやり切る決意。優れた基盤づくりでサービスを支えていく

スタンバイは、「最高の求人検索エンジン」を目指して本気で開発しています。

ユーザーに頻繁に使ってもらえる、認知度トップの求人検索エンジンになるまでやり切る決意を持っている。スタートアップや新規事業開発では、事業撤退やピボットに至るケースも少なくありませんが、代表の南以下、ボードメンバーの意志は揺るぎません。

ハイトラフィックに対応できるトイルの少ない優れた基盤を開発すれば、性能を100%発揮できる規模まで事業を成長させる覚悟がある。日の目を見るチャンスがあるというのは、やりがいになっています。

社内のコミュニケーションがフラットで、アイデアが採用される機会が多いのも、スタンバイで働く魅力だと思います。

「もっとこうしたら働きやすい環境になるのに」と意見を出せば、チーム内で議論が盛り上がり、すぐに改善に向けて動き出します。全員でソリューション案を持ち寄って最高のアーキテクチャを築こうという意欲にあふれたメンバーがとても多いんです。組織としてまだまだ未完成だからこそ、自発的に変えていきたい、UPDATEしていきたいというマインドの方に、ぜひ仲間に入ってもらいたい。新しい視点をどんどん入れてほしいですね。

株式会社スタンバイ's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more