1
/
5

【社内制度】爆速成長⁉ 『メンター制度』について ~ メンティー編 ~

こんにちは!

Global Mobility Service株式会社(以下、GMS)広報の中村です。

今回は2020年4月より社内制度として運用してきた『メンター制度』(若手社員(メンティー)と他部署の先輩社員(メンター)が面談をして、新しい価値観の発見や視野の拡大を目的にした制度)についてご紹介できればと思います。

運用を開始して2年が経とうとしている今、メンティーとメンターにはどんな変化があったのでしょうか?

メンティーとメンター、それぞれの代表者を招集し、座談会という形でざっくばらんに話していただきました。なお、記事は「メンティー編」と「メンター編」に分け、今回は「メンティー編」でご紹介します!

プロフィール

【ファシリテーター】
古川舞子
総務人事グループで主に人事領域を担当。人が成長していく過程にやりがいを感じる。新卒・中途・エンジニア採用、オンボーディング施策、人事制度設計、社内研修、労務など幅広い人事業務に従事。

【メンター】
小松優実
物流チームのオペレーション担当。IoTデバイスの受発注や、リース契約顧客の対応などの実務および、効率的なオペレーション体制の構築などの業務を行う。
久保田リエエリカ
販売店開拓業務を担当。全国の車両販売店への架電やWEB面談を通してGMSサービスの加盟店舗の展開と集客方法のヒアリングや集客のお手伝いなどの業務を担う。

山田将弘
Webエンジニアとして既存システムのフロントエンドを担当し、新規機能をいくつかリリース。現在は新規システムの要件定義、外部設計を行っている。


ーどのようなトピック・形式で面談をしていますか?

小松:今のメンターとは壮大なテーマの話が多くて、自分の人生の目標であったり、何がやりたいかなど、私自身がまだ定められていない状況なので、少しでも定めていけたらいいなというスタンスで相談しています。形式は対面を希望しているので対面が多いですが、都合が合わないときはオンラインで行っています。

山田:私の場合、仕事における哲学的なことからキャリアについてなど、メンターによって内容が全然違いますね。形式は海外駐在の方やフルリモートの方が多いのでオンラインだけでしたが、資料共有をしやすくて、むしろオンラインの方があってるんじゃないかなと思っています。

久保田:私は海外現地法人の代表をしたいと思っているので、今はそのために必要なPLやBS、金利計算など画面共有して見方とか作り方とかを教えてもらっています。私も画面共有が多いのでオンラインのほうが多い気がします。

ー面談をはじめてみて、なにか変化はありましたか?

小松:目標とかはさすがに見つかっていませんが、自分の中で小さい行動に対する変化は出るようになってきて、変化を実感しているところです。以前のメンターは財務担当の方で、財務諸表の見方などを教えてもらっていたのですが、普段と違った視点で事業をとらえる癖がついたように思います。

山田:メンター制度は他部署の先輩社員がアサインされるので、細かな部分で業務に役に立つことは特に無いのですが、仕事に対する心構えは勉強になりましたし、違った視点で考えるようになって上司に提案ができるようになりましたね。

久保田:自分が営業として仕事している中で、どれだけの台数をリリースすれば売上が立つのか計算してみたり、売上に対してどの費用がインパクトがあるのかなど、数字感が身についてきましたし、何より普段の業務がより面白くなりました!あとは以前のメンターは車両解析チームのエンジニアの方だったのですが、自動車の知識が全くない私にイチから教えてもらったのは私にとってはとても良かったです。

古川:面談を通じて違った視点を持てるようになったのは良いですね!

ーメンティーとして工夫していることはありますか?

小松:先輩社員とのせっかくの面談なので時間を無駄にしないように、事前に話す内容・宿題は決めるようにしています。

久保田:私も毎回宿題をもらうようにしていて、特定のビジネススキームで単月黒字になるようにPLを作成して、その答え合わせを面談時に行っています。

山田:最初の面談で相手のことをよく理解するようにしています。質問を聞く相手が違ってしまっていては良くないかなと思うので。

あと私が工夫したことではないのですが、Ed-Tech関係も興味があるという話をしたら、メンターの方がEd-Techで起業した方を連れてきてくれた会は印象的でしたね。とても勉強になりました。

久保田:メンター制度を活用して社外の人と関われるのって良いですね!社内の人をゲストとして参加してもらうケースはありましたが、社外のゲストはうらやましい。。

ーメンター制度を一言で言うと?

久保田:私は「自分を客観視できる時間」です。自分の行っていることを言葉に出して相手からアドバイスをもらうことによって、目標の上に今の業務があるのか整理できています。

山田:私も同じような感じがしていて、会社の中での自分ではなく、社会の中で自分がどこにいるのか理解できる機会だなと思います。

小松:年齢も経験も全く違う人たち話すことによって、価値観や視野を広げられる時間になりました!

古川:本日はお忙しい中ありがとうございました!

Global Mobility Service株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more