1
/
5

《TM INTERVIEW #3》新卒入社で人事担当も兼任するスーパーセールスマン

こんにちは!
TMコンサルティングで広報を担当している安藤です。

毎回気になるメンバーを紹介する「TM INTERVIEW」。今回インタビューしたのは、営業部かつ人事の一部も担っている若手の甲斐さんです!

━━最初に入社のきっかけを教えてください。

去年の3月下旬頃合同説明会で山崎さんと会って言ってうち来てみろってことを言われました。

最初はコイツなんなんだと思いながらも行ってみて2日出勤してみたらうまく契約をとることができてそこからインターンで一年間やらせていただきました。

やっぱり自分よりまだまだて遥か上を行く、トップを行く契約を取られている方々がいらっしゃって少しでもその人たちを超えたいとか近づきたいなぁと思いながらインターンを経て入社をしたって感じですかね。

――収入とか環境面とか何でもいいんですけど入社前に不安に思ってた事ってありますか。

自分が数字を取れるかどうかの心配はずっとありました。食っていけるのかなとか。

それ以外は基本的に自由な感じだったのでそれをインターンの時に見てたので特段心配はなかったです。

なので一番大きかったのは契約をとれるかの心配ですね。

ーーその心配ってどうやって克服しましたか。特に契約面について教えてください。

マンツーマンで教えていただいたことですねたくさん何度も”一緒に回らしてください”って何度もお願いして、見て学んで盗んでていうことを繰り返してました。

━━入社前のTMのイメージってどんな感じでしたか。

あまり事務所にお邪魔する機会はなかったんですけども社員さんたちはすごい和気あいあいとやってる方々が多かったです。陽気って言うか元気と言うかそういった方々が多いなーってイメージでしたね。

ーーキャリアプランや今後の展望とかってありますか。

特に詳しくは考えてはないんですけども、とりあえず目の前の目標である月7本だったり10本っていうのを達成することによって次のステップアップがあると思うのでとりあえずはそこが目標ですかね。

それをまあ一個ずつこなしていくっていう感じなので、今目の前のことで精一杯ですね。

ーー入社の決め手はなんですか。

正直入社一社目っていうのはそこまでこだわりってのがなかったです。自分自身の成長に繋がる環境がある場所であればいいかなと思ってました。それがある環境だったらっていうふうに自分で思ったんで決めたっていう感じですかね。

━━実際に入社してからTMの良いところ自分の感じるところはどこですか。

まず山崎社長や幹部の方々と中小企業ならではのお会いして話をすることもできるし今日みたいにお昼連れて行って頂ける事も多々あることやそういった方々とお話ができることですね。

また自分の悪い点とかトップを走ってたからこその目線ってのあると思うんでそれがすごい的確につかれてるところがいっぱいあるので、それに気づかせてくれるといったこともとても貴重で素晴らしいことかなと思います。

━━実際に働き始めてから入る前の不安って完全に解消されましたか。

まだまだです。まだ全然できないです。

ーー会社のシステムの問題かな。

全然の自分の課題ですね。会社にはバックアップして頂いてるので単に自分の力不足と言うかまだまだ力不足なので目の前の課題をひとつずつしっかりとこなしていかなきゃなって思っています。

━━現状の抱えている課題って何ですか。

まず基礎っていうのが固められていないと思うんですよ。上っ面というか上辺の取り繕いだったりとかを吸収しちゃってるからこそ見るべき点を見誤ってしまっているんだと思います。

基礎っていうのはお客さんを前にしての笑顔だったり、話し方だったり、間合いだったりとかそういったところですかね。そこをしっかりと改善することによって課題の解決につながると思います。基礎や土台がやっぱできてないとくずれちゃうんで。これが現状ですね。

ーー職場の人間関係についてどう感じてますか。

上司は仕事ができて素晴らしい方々が多いです。上司の方々は自分がもし困っていたことがあったり分からないことがあったりしたら気にかけてくれます。数字が取れてなかったら”一緒に回ろうか”と誘ってくださいます。一緒に回ることによって、自分の自信の改善点をすごい的確に教えていただくことが多々ありました。

同僚に関して言えば、新卒で入った同期や若手の新入社員でグループを作って話しているのでまあ仲良くやっているんじゃないですかね。仲良くやってると思います!(笑)

━━実際仕事してみての成功および失敗体験どんなのがありますか。

成功体験としては6月中旬ぐらいの時に契約してくださったお客様ですね。お客様が最後の方に”あなたそんなすごい熱心に説明してくれたからやろうと思ったわ”と言ってくださったことはやっぱり嬉しかったです。その自分の生んだ熱意だったりとか真剣度合いだったりが伝わったっていうのは嬉しかったですね。

失敗例としてはやっぱり熱っていうのがちょっと出過ぎてしまって、あなたはうっとうしいわねってことで断られてしまったことなど色々なことで断られてしまったことです。ちょっと自分も落ち込んでしまったことはありましたね。

━━失敗した後、次どうしますか。

気持ちを切り替えることですね。例えば携帯見て動画見たりとかだったりとか一旦一服して気持ちを入れ替えたりすることによってまた気持ちをリセットして次の所に行くっていうことをしてますね。

━━カジュアル面談の担当として新卒一年目で人事に関わっているというのはどんな感覚ですか。

任されたときはまずこんなこと僕がやっちゃっていいんですかってすごい思いました。

今でもまだここまで喋っちゃっていいのかとかだったりとかなんだろういかに興味を持っていただけるかってことだったりというのは難しいこともあります。

相手に仕事について話すことや雑談をすることによって、自分を見つめ直す機会が何度もあり考えさせられます。

━━1年前は面談を受ける立場に居たわけですが、何に配慮してあげてますか。

まず面接に来た子に緊張感をほぐしてもらうことです。

やっぱカジュアル面談って書いてあっても面接って思ってきてる人達が多いのでカチッとして”願いします!”って感じで用意してる答えをそのままいうだけの方が居ます。別に僕が何か採用するという訳とかでもないんでもっとラフに本心というか思ってることをそのまま伝えてくれたらいいなっていう思いはありますね。


━━今後入ってくる後輩に一言お願いします。

カジュアル面談を担当する甲斐と言います。

まあこんな感じなんで楽にお話、雑談たくさんして行きましょう!是非お待ちします!


TMコンサルティングでは、新メンバーを随時お迎え中です。

ご興味をお持ちいただけましたら、こちらの採用ページもぜひ覗いてみてください。

https://www.wantedly.com/companies/company_8158358/projects

TMコンサルティング株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings