1
/
5

4/28(水)22新卒向け視聴者参加型ミートアップ開催!その顛末は...


どうも、株式会社ピー・アール・オーの22新卒向けミートアップPROducer、福島です。

写真の人はこれまでのミートアップにも登壇していて

今回のミートアップでは次世代PROのカオ、と紹介した

大津部長(個人的には組長と呼んでいる)です。


さてさてということで、22新卒向けのミートアップイベント、

4月に予定していた全日程が終了しました!

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

これまでの回にご参加いただいた中からすでに何人かエントリーしていただいて

採用面接で実際にお会いできた人たちもいました。(ZOOMだけど、カメラONで)

ZOOMのウェビナーでのミートアップだと通常はみなさんの顔や反応が見えないので

やってる側としてはけっこう不安だったりしてたんですが、

面接で実際に会って話ができ、イベントをやった実感が湧いてきてます。


昨年の4月頃は、新型コロナで緊急事態宣言が出て

会社的にもほぼ強制的にテレワークを推進せざるを得ない状況になった中の採用活動だったので

いつも会社で行っていたようないわゆる「会社説明会」をZOOMで行っていましたが、

今年はある程度 with コロナ が世の中に浸透した中だったので

単純な会社説明会よりは、なんかこうもっと、

リモートで開催する利点を活かしながら、時代に合った会社の見せ方ってないものか

といったところで、どういうわけか

わたしがPROducer(最初のオファーは「作家」)として任命され

3月4月で都合6回のミートアップを実施してきました。


なにぶん右も左もわからないので手作り感満載+手探り状態でしたが、

参加いただいた方には楽しんでいただけたでしょうか。

少しでもピー・アール・オーに魅力を感じていただき、

若くてポジティブなエネルギーに満ちた人たちと

一人でも多く、一緒に働けるようになれたら

やった甲斐があったってもんです。


来年はどういう形になるかまだわかりませんが、

こういう形式でのある程度やれるなとも思ったし、

それなりに課題もいろいろ出ましたので

最終的な採用の結果(何人集まって何人エントリーして何人採用できたか、とかあるんです)

も踏まえつつ、この経験を活かして

新しい、僕たちのピー・アール・オー

をアピールしていければと思います。

あくまでも採用活動ですので、会社にプラスを与えてくれる、

会社を一緒に動かしていけるような方たちと

数多く出会えるようにしたいです。


で、先日(4/28)実施した第6回目のミートアップ。

趣旨的にはこんな感じでした。


今回はそれまでの過去5回とはガラッと趣旨を変えて、

視聴者である22新卒のみなさまも会話に参加できるようにして

弊社の現役エンジニアに直接質問疑問をぶつけてみよう!

ってやつをやってみました。

どんな方が来てどんな質問されるかは当日までわからないので

始まってみるまではただただ恐怖でしたが、やってみると

すごく楽しかったです!(少なくとも自分はそう思ったw)


よくよく考えてみると、やってる我々は当然緊張してましたが、

視聴者として会話に参加するみなさんも緊張しますよね。

正直言ってこの形式で実施したことの採用活動としての成果はまだよくわかりませんがw

採用面接の前にこういう機会があってよかったとアンケートに書いてくれた人もいて

そういうのを見ると、あぁやってよかったのかなと思いました。


というわけで、今回のQ&Aを憶えている範囲でまとめます!

Q) 普段の仕事の一日の流れはどのような感じ?

実はこれまでのミートアップで

「3つのPRO 『PROduce』」

というテーマのコーナーを設けた回が何回かあったのですが、

「PRO社員の一日をプロデュース!」ということで

今回登壇した吉見、横山が発表していた内容でした。

彼らも思いがけずまた発表できる機会ができて、よかったと思います!

資料を抜粋すると、こんな感じです。

■出勤バージョン(吉見)

■リモートワークバージョン(横山)


Q) 入社して力が付いた、うまくいったというようなエピソードの中で、PROだからこそというようなものは?

横山)

WEB、スマホ、インフラ等、いろいろなジャンルそれぞれに強い人たちがいて

たくさんのことを吸収できているのは、PROの良いところだと思います!

佐々木)

元々はエンジニアとして従事していましたが(いまもエンジニアですが)、

会社として一番重要視するのは新人研修なのでは?と思い立ち

自分のほうでやらせてくれ!と立候補して、新人研修のメイン担当として

今年が3年目になります。

やりたい!という意思表示ができる環境、またそれを実際にやれる環境が

PROにはあると思います!

吉見)

自分は新卒入社でずっとPROなので他の会社はわからないですが、

自分の意見を言えば反映できる、自分から成長を促せる環境があると思います!

このミートアップとかも、自分たちでやろうと思って作ったものですしね。

Q) 自社アプリはどういうきっかけで始めたの?

もう10年以上前ですが、iPhoneが日本に上陸したくらいのころ

「モバイル事業部」を立ち上げました。

当時はこれからスマホ時代が間違いなく来るだろう、と言われていたので

とりあえず手を出しておかないと、という感じで

まだビジネスモデルというのが確立されてたわけでもなかったです。

当時のメンバーでなにか作ろうと企画していたときに、

個人的によく遊ぶソリティアなどのカードゲームがスマホでできたらいいんじゃない?

というような意見から、さっそく作ってみようとなり

広告収入モデル(ゲーム自体は無料だが、広告の表示によって売上をあげる)ができた感じです。

いまもソリティアVは現役バリバリですし、既存ゲームのブラッシュアップをしたり

新しいゲームもどんどん作っていったりしています!

Q) なぜPROに?

佐々木)

前職からの転職の際、横浜で私服勤務可のところを探していました。

かつ、自分自身の成長も促せるところはないかなと思っていたのですが

PROは受託開発、SES、自社開発などいろいろなビジネスモデルや事業があり、

自分の経験値を上げられる選択肢が広いと思ったので、PROに決めました!

吉見)

「会社の財産は人材である」という会社理念がありますが、

冒頭の動画でもあったように、イスがとてもいいとか、そういう細かいところにも

気を配っているところが、自分的に響きました!

横山)

自分はどちらかというと入ってから改めて感じたことになってしまいますが、

先輩社員が技術的にも人間的にもすごく自分を成長させてくれるな

という実感があります!

福島、大津)

最終的にはなんか行けそうな気がする~的な直観!

就活をさっさと終わらせたかったってのもあるw

Q) 新人研修はどんな感じ?

こんなスライドで説明しました。

いままさに4月入社の新人社員に研修を行っています!

Q) 出社とテレワークは自分で選べるの?

いまはテレワーク推奨です。

受託開発もお客様先業務も、出社率はだいたい20%以下くらいだと思います。

コロナ終息後も、テレワークも含めた多様な働き方ができるよう

制度を整備していこうと動いています。

Q) 一つのプロジェクトにおける流れを教えて!

いろんなプロジェクトがあるし、SES、受託開発、自社開発によってもいろいろですが、

お客様から要件を伺って、設計して、実装して、テストして、納める。

納めるだけじゃなく保守運用もさせていただいているプロジェクトもあります。

下流工程だけでなく上流工程もワンストップで対応できますし、

要件定義の前の要求定義から参入させていただいているプロジェクトもあります!

Q) 残業は最長でどれくらいやった経験がある?

横山)

障害対応でAM1時ってのが一回だけあります。。

吉見)

ほんとに緊急対応で、どうしてもその日までにやらないといけないときとかに

23時くらいまでのはありました。

大津)

昨年の統計では、ひとりあたりの月平均が14.5時間でした。

一日にすると45分くらいです。

多いと思うか少ないと思うかは人それぞれかと思いますが、業界的には

多くないほうではないかと思います。

障害対応で深夜までと聞くと聞こえが悪いかもしれませんが、

もちろんお客様のサービス維持が最優先ではあるものの、

その対応を行うまでの経緯として、プロマネがしっかりお客様との

前提の握りや線引きを行っていますので、常に高稼働になるようなケースは

とても少ないと思っています。

Q) 仕事が楽しいときはいいけれど、辛いときはどのように乗り越えた?

佐々木)

辛いということは、自分が成長するポイントだ!と、捉え方を変えるようにしています。

あと、「辛い」って言っちゃうってのもアリだと思います!

辛さを外に発信することで、チームで解決できることもあると思います。

吉見)

自分的には課題が難しくて辛いときと、手に余って(処理しきれなくて)辛いときと

2種類ある気がしています。

難しいものはなんとか自分で乗り越えようとがんばる!ですが

処理しきれないものは、まわりに「フォローお願いします..」って素直に言ってしまいます。

困ってることを困ってると言える環境が重要だと思います!

横山)

ぼくはもう、飲み行っちゃいますね。

そこで助言をもらったり、発散したりします。

あと、日々の運動、特にランニングなどの有酸素運動は

ストレスを貯めにくくするのでオススメです!

Q) 進捗出ないときってある?

佐々木)

真っ先に相談ですね。

貯めこんでどうようもなくなってから言うのでは取り返しがつかないこともありますが

早めに相談すればリカバリー策をチームで検討できたりもしますし、

それは結果としてチームのためになると思います。

福島)

どうしてもハマったときは、その日は諦めて帰っちゃう。

で、帰りの電車とか風呂入ってたりしたらなぜか思いつく。

翌朝そっこー解決する。

的なことはよくありました。エンジニアあるあるですね。

Q) 客先常駐はある?

いまはお客様先常駐のプロジェクトも含めてテレワークが多いですが、あります。

ただ、有無を言わせずお客様先に派遣するようなことはありません。

こういう案件で、こういうスキルで、会社としてはこういう目的で、

個人としてはこういうミッションで、こういう成長ができる

みたいな話とか、あとは物理的に通勤可能かどうかとかもありますので

必ず本人とそのあたりを話し合った上で、決定します。

Q) 仙台と山形にも拠点があるとのことだが、拠点によって行っている事業は異なるのか?

事業自体は、システム開発というくくりで言えば変わらないです。

強制的に転勤とかは絶対になくて、Uターン、Iターン希望などがある方には

選択肢が広がるのでよいのではないかと思います。

Q) コロナ前はよく飲みに行ったりしていたのか?

コロナ前はけっこうありましたね~。

チームや部署が違っても、帰るときに「飲み行こうぜー」とかって行ったりもよくありました。

もちろん、飲酒や参加を強制するようなことはありませんので、行きたい人で集まっていく感じですね。

あとはリリース後とか、チームや部署で行ったりという感じです。

テレワークになってからはZOOM飲みとかもちょくちょくあります。

ということで、この記事のタイトルに書いた

「22新卒向け視聴者参加型ミートアップの顛末」はというと、、、


やる前不安だったけど、やってみたら楽しかったよ!(採用の成果はまだわからんけど)


でした。

なんかもっと違ったやつを期待しちゃった人、すいません(^-^;

でも参加してくれたみなさんが楽しんでくれてたら、まずはそれでよかったかなと思います。


まそんな感じです。

採用活動は22新卒もそれ以外もまだまだ続きます。

いろいろ募集してますので、弊社に興味を持たれた方は

ぜひ奮ってご応募ください!

もちろん22新卒の方もまだまだ間に合います!


あ、今年のミートアップが終わりって感じに思っちゃう書きっぷりだったかもですが、

4月が最終回ってだけで、5月もやりますよ!

5/12(水) 14:00~

5/26(水) 15:00~


それでは、またお会いしましょう!!

株式会社ピー・アール・オー's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more