1
/
5

What we do

自社アプリの代表作「ソリティアV」はAppStoreで総合1位に!自社スマホアプリは、47タイトル・累計1300万DLを超えています。
ピー・アール・オーは、多くの人の「あったらいいな。」を実現するため、Webサービス、スマートフォンアプリをはじめとした様々なプロダクトを創造してきました。 私たちは、ただ「つくる」だけではなく、「かんがえる」ところからプロダクトを大きく「そだてる」ところまで手がけています。 ■システム開発事業 私たちが手がけるシステム開発は、ユーザーにとって何が最適であるかを常に考えています。 ブシロード様が手がけるスマホゲームプラットフォーム「ブシモ」には初期構築から現在の運用に至るまでワンストップで関わり、大手飲料メーカー様と大手キャリア様が共同で手がける「災害対策型自動販売機」には実証実験段階から関わって開発するなど、安心して利用するためのセキュリティ設計、快適に動作するためのシステム構成の構築・運用を通じて、顧客のビジネスを支え続けています。 ■ソリューション事業 横浜のグルメ、ショッピング、美容、アミューズメントなどの便利な情報を詰め込んだO2Oソリューション「あとろこ横浜」を展開したり、デジタルコンテンツ最適化ソリューション「Cloudinary」を手がける海外企業とパートナーシップを結び、日本市場へ展開するなど、幅広い視野を持ち、世の中に便利や快適を届けています。 ■ブロックチェーン事業 今ではWeb3.0としても注目を集めているブロックチェーン技術にいち早く着目し、技術開発に力を入れてきました。他社に先駆けてブロックチェーンを用いた分散型アーキテクチャのアプリケーション「dApps神社」を構築したり、様々な暗号資産プロジェクトを客観的に評価するシステム「ScoreBase」をリリースするなど、日々新しいチャレンジをしています。 ■デジタルコンテンツ事業 当社独自の広告配信エンジンによる広告収入モデルで、カードゲームを中心に自社ブランドアプリを展開しています。PCでおなじみのソリティアに加え、100種類以上のゲームがモリモリ楽しめる「ソリティアV」、可愛い仕様のソリティアがキラキラ楽しめる「プリンセス★ソリティア」、大富豪・ババ抜き・七並べ・スピード・神経衰弱といった定番トランプゲームが楽しめる「トランプコレクション」など、PROブランドで40種類以上のタイトルを展開し、累計1300万DLを超え、世の中に楽しみと笑顔を広げています。 この先も、私たちは、世の中に新しい価値を生み出し続け、「あったらいいな。」を実現します。

Why we do

横浜観光プロモーション認定事業として、地域に特化したスマホアプリの開発を行なっています。
「あったらいいな。」を実現するのが、私たちの喜びであり、使命です。 エンドユーザーのために何ができるかを考え、「あったらいいな。」を提供することで、人と人を繋ぎ、より便利な生活を実現する。そのために当社のエンジニアひとりひとりが技術にこだわり、チームで課題に取り組むことで、この使命に日々向き合っています。 当社のエンジニアたちは、自分のアイデアや技術を駆使したプロダクトやサービスが世の中に浸透し、より豊かな未来を実現することにやりがいを感じています。 「あったらいいな。」を提供することで、みんなが便利にHappy!に、そしてWin!になれるようなサービスを提供し、社会貢献し続けることが、私たちの企業価値だと思っています。

How we do

「あったらいいな。」を提供するためには技術力が欠かせません。 技術は、アイデアをカタチにして、問題解決をする手段であり、新しい価値を生み出す源泉です。 課題解決する手段として何が最適か見極め、技術を磨いています。 時には、使い慣れた手法をあえて捨てることもいとわず、常に最良のアプローチを模索し、ひとりひとりが強みを磨き、協調して課題に向き合うことをで、ユーザーやお客様の想像を超えるものを提供していくことを目指しています。 会社の財産は『人』であり、『社員』です。 優秀な『人財』ひとりひとりが持っている100%以上の力を発揮してもらうために、働きやすい環境を提供し、『社員』とともに会社を成長させ、創り上げていくことを何よりも重視しています。 そのためにも個人のスキルパス、キャリアパスを明確にするために半期ごとの面談や定期的な1on1を取り入れ、コミュニケーションを密にすることで個人の働きやすさを高めています。 また、社員が自分らしく働くために、「あったらいいな。」と思う制度策定にも積極的に取り組んでいます。 無料でプロの施術を受けることができるマッサージルームや昼食時にカレーや炊き込みご飯を提供する「ご飯クラブ」など快適に仕事ができる環境を整える工夫はこれまでの積極的に行ってきていますが、最近では、オンラインサロン活動支援や技術習得のための自己研鑽サポートなどの新しい制度も続々と立ち上がってきています。 そのほか、「有給取得率は82%(2018年度実績)」、「男性社員が1ヶ月間の育休取得事例あり」など仕事もプライベートも充実したワークスタイルを実現できる環境整備を目指しています。